真矢みきと宝塚時代に同期だった意外な人とは?マツコが暴露したとんでもない性格とは!?

真矢みき サムネイルバレエダンサーの西島さんと結婚し、公私ともに充実している真矢みきさん。

そんな真矢さんの宝塚時代の同期の人が気になりませんか?

また、意外な人から口撃を受けているとの噂が・・・

ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:真矢ミキ(まや みき)本名:西島 美季(にしじま みき)
生年月日:1964年1月31日(51歳)
出身:広島県広島市
身長:166 cm
血液型:O型
配偶者:西島千博(2008年 – )
所属:オスカープロモーション

1979年:宝塚音楽学校に入学。
1981年:67期生として宝塚歌劇団に入団。
1995年:安寿の退団により『エデンの東』で花組トップスターに就任。
1998年:「SPEAKEASY」東京公演千秋楽をもち宝塚歌劇団を退団。
2008年:バレエダンサーの西島千博と結婚。

真矢みきと宝塚時代に同期だった意外な人とは?

武井咲さん主演の「ゼロの真実〜監察医・松本真央〜」でも存在感のある演技を披露した真矢みきさん。

そんな真矢さんが宝塚出身の女優さんなのをご存じの方も多いと思います。

それでは、どんな人が同期にいるのでしょうか。

まずは雪組で元娘役スターだった女優の北原遥子さん。

北原遥子

しかし、1985年帰省先の横浜の実家から大阪にいる友人に会うために日本航空123便に搭乗したのですが、墜落事故により帰らぬ人となってしまいました。

続いては、1982年から1985年まで月組でトップ娘役を務めた女優の黒木瞳さん。

黒木瞳

黒木さんとは一緒に宝塚の観劇をするほど公私ともに仲が良いそうです。

最近では、映画「ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター」でも共演していますが、この共演は宝塚音楽学校時代の修学旅行で一緒に余興で舞台に立ったとき以来だったそうです。

bandicam 2015-08-15 21-05-12-595

しかし、それ以降は目立った共演がないので、存在感のある2人を同時にキャスティングするのはなかなか難しいのかもしれません。

ともに主役級の存在感ですから。

続いては、1991年から1993年まで月組でトップスターを務めた女優の涼風真世さん。

涼風真世

退団後も声優として、アニメ「るろうに剣心」の緋村剣心役を演じ話題になりました。

他には、1989年から1992年まで星組でトップ娘役を務めた女優の毬藻えりさんや演劇プロデューサー、活弁士、日本舞踊講師として活動している幸風イレネさんがいらっしゃいます。

このような同期がいる中で、現在も映画やドラマなどで活躍を続ける真矢さんですが、38歳のときに当時所属していた事務所から戦力外の通告を受けています。

しかし、そこから地道にオーディションを受けて現在の地位にまで上り詰めています。

そんな苦労時代を感じさせない真矢さんですが、今の演技の迫力はこの苦労時代があったからこそかもしれません。

スポンサーリンク

マツコが暴露したとんでもない性格とは!?

好感度ランキングでは常に上位に入っている真矢みきさん。

そんな真矢さんの性格に意外なところからケチがついています。

その相手はなんとマツコデラックスさん。

マツコ0

この2人は「キシリクリスタル」のCMで共演したことがあるんですが、マツコさんと天海祐希さんが仲が良いように、真矢さんとも仲が良いかと思いきや、実はそうでもないようです。

共演

そんな関係が暴露されたのはマツコさんが出演した「ガキの使いやあらへんで」の中でした。

マツコさんはそこで嫌な女として真矢みきさんの名前を出したそうです。

では、共演もしているのになぜそんな嫌な印象を抱くようになってしまったのでしょうか。

きっかけはあるテレビ局でマツコさんが真矢さんを見かけたときでした。

CMでの共演もあったことから、マツコさんの方から真矢さんに挨拶をしたそうです。

すると、まさかの完全スルー!?

これだけでも十分カチンときたと思います。

しかし、追い打ちをかけるような出来事が!?

ガン無視事件とは別のある日、マツコさんとある大物俳優さんが楽しく談笑していたそうです。

すると、それを見かけた真矢さんが

マツコ2

「マツコちゃ~ん」

と言って馴れ馴れしく会話に割り込んできたそうです。

この前は無視しやがったのに、大物俳優の前では態度を変えるのかコノヤロ!!

こんな風に思ったのか、このときから完全に真矢さんのことが嫌いになったそうです。

確かに、真矢さんが状況次第で態度を変えるような人物だとしたら、かなり嫌な性格の人だと思います。

まあでも、一回目の無視事件が故意によるものでなかったのなら、二回目の絡みも許せるのでしょうが。

果たして2人が和解する日はくるのでしょうか。

スポンサーリンク

このページの先頭へ