ノーベル賞の大村智はココがスゴイ!?Wiki風プロフィールや業績は!?

サムネイル今年のノーベル生理学・医学賞を北里大学の大村智特別栄誉教授ら3人が受賞し話題になっています。

受賞した大村さんはどんな人で、なぜノーベル賞をもらえたのでしょうか。

ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:大村 智(おおむら さとし)
生年月日:1935年7月12日(80歳)
出身:山梨県韮崎市
出身校:山梨大学、東京理科大学
研究分野:天然物有機化学
研究機関:北里大学
主な受賞歴:日本学士院賞(1990年)、ロベルト・コッホゴールドメダル(1997年)、ガードナー国際保健賞(2014年)
朝日賞(2015年)、ノーベル生理学・医学賞(2015年)

教授になるまでの歩み

・1954年:山梨県立韮崎高等学校を卒業し、山梨大学学芸学部に進学。
・1958年:山梨大学学芸学部卒業。
・1963年:東京理科大学大学院理学研究科修士課程修了。
・1963年:山梨大学助手
・1965年:(社)北里研究所入所
・1968年:北里大学薬学部助教授
・1968年:東京大学より薬学博士(「Leucomycinに関する研究」により)
・1970年:東京理科大学より理学博士(「ロイコマイシン、スピラマイシン及びセルレニンの絶対構造」により)
・1975年:北里大学薬学部教授(1984年まで)

スポンサーリンク

ノーベル賞の大村智はココがスゴイ!?

直接の受賞理由は「微生物由来の有機化合物を多数発見し、河川盲目症という寄生虫を介して感染する病気の新薬の開発で大きな成果をあげたこと」となっていましたが、大村智さんはこれまで45年にもわたり、独創的な視点から考え出した方法を使って、微生物由来の役に立つ有機化合物を探し続けてきており、誰も真似できない量である450種という大量の新しい化合物を発見してきました。

その見つけた数がスゴイというのもあるのですが、見つかったものの中にスゴイ物質がたくさんあったのです。

特に、今回のノーベル賞の受賞理由にもなっていた、河川盲目症という寄生虫を介して感染する病気に対する新薬にイベルメクチンという抗寄生虫薬があるのですが、大村さんはイベルメクチンを作り出す菌のもっている遺伝子を解析するなど、世界に先駆けた研究を行ってきていて、この物質の開発で大きな成果であげてきたのだそうです。

そしてイベルメクチンにより、熱帯地方の風土病河川盲目症(オンコセルカ症)だけでなくリンパ系フィラリア症に感染した患者さん約2億人(毎年)を救っているだけでなく、さらには疥癬症や沖縄地方や東南アジアの風土病である糞線虫症の患者さん約3億人(毎年)をも救っているのです。

救っている人の数の単位が億というのがなんともスゴイですね。

それも毎年ですから。

ノーベル賞を受賞したのも納得です。
(イベルメクチンが気になる!?「大村智のイベルメクチンとは何?作用の仕方は?また、弱点は?」はこちら。

スポンサーリンク

このページの先頭へ