梶田隆章が見つけたニュートリノはココがスゴイ!?略歴も!?

サムネイル2015年のノーベル物理学賞が、これまで謎が多かった素粒子である「ニュートリノ」に質量があることを突き止めた東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長さんら2人に贈られることがわかりました。

受賞が決まった梶田隆章さんとはどのような人物で、またニュートリノとは一体何なのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィールと略歴

名前:梶田 隆章(かじた たかあき)
生年月日:1959年3月9日(56歳)
出身:埼玉県
出身校 埼玉大学、東京大学大学院

1977年:埼玉県立川越高等学校卒業。
1981年:埼玉大学理学部物理学科卒業。
1983年:東京大学大学院理学系研究科博士前期課程修了。
1986年:東京大学大学院理学系研究科博士後期課程修了。
研究テーマ「Search for nucleon decays into anti-neutrino plus mesons(反ニュートリノと中間子への核子崩壊の探索)」で
理学博士号を取得。
1986年:東京大学理学部助手。
1988年:東京大学宇宙線研究所助手。
1992年:東京大学宇宙線研究所助教授。
1999年:東京大学宇宙線研究所教授。
2008年:東京大学宇宙線研究所長。

ニュートリノ研究と出会ったのは1986年に東大の理学部助手についたときだったそうです。

そして、その後ノーベル賞受賞者である小柴昌俊教授や戸塚洋二教授といった優れた研究者及び教育者のもとで研究を続けていったそうです。

スポンサーリンク

梶田隆章が見つけたニュートリノはココがスゴイ!?

我々の身近なところで言うと、水を考えてみましょう。

水(H2O:エッチツーオー)はH(水素)とO(酸素)という原子から構成されています。

その原子を構成しているものを細かく分けると電子と陽子と中性子があります。

そして、ニュートリノというのは中性子が壊れるときなどに生成される粒子の一種なのです。

陽子を原子にぶつけてニュートリノのできてくる様子を示したのがこちらの画像になります。

生成

ニュートリノってすごーく細かい粒子なのですね。

それでは、どのようにしてそんな細かい粒子が発見されたのかというと、まず梶田さんは観測されるニュートリノの数が理論的に予測されるものと比較して大幅に不足していることに気づいたそうです。

そして、そのことをきっかけとして、ニュートリノ振動というものを思いついたのですが、この振動こそ、ニュートリノの実在する証拠である、質量をもつことの証明なのです。

そして実際には、ニュートリノの観測装置であるカミオカンデやスーパーカミオカンデで行われた実験によりニュートリノ振動が発見され、同時にニュートリノが実在することが証明されたのです。

スーパーカミオカンデ検出気器の模式図がこちらなのですが、

bandicam 2015-10-06 20-10-05-507

すごく小さな粒子を見つけるために、すごく大きな設備を用意して実験するのですから、それだけの価値がある大きな発見だったということですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ