非公用軍事郵便とはこんな意味!?横田基地を利用した大麻密輸!?

question東京にある米軍横田基地を宛先にして大麻を密輸したとして、44歳の派遣社員の女性らが警視庁に逮捕されました。

そのとき利用された非公用軍事郵便とは何なのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

軍事郵便とは何!?

ふつう軍事郵便と言ったときは、過去に行われた戦争、特に第二次世界大戦のときに送られた軍関係の郵便物を言うらしいのです。

そして、そのときの軍事郵便というと、戦争に参加した兵隊さんが配属先の駐屯地から差し出す郵便のことだったそうです。

そのため、軍事郵便を取り扱う郵便局は戦場にある野戦郵便局だったそうです。

また、第二次世界大戦の時は、戦争に参加していたそれぞれの国が軍事郵便を取り扱っていたそうで、戦後では国連平和維持軍でも取り扱われていたそうです。

しかし、今まで述べたのは狭い意味での軍事郵便で、広い意味では今の戦争で流通している郵便物、つまり基地に送られてくるような郵便物も軍事郵便に含まれているそうです。

スポンサーリンク

非公用軍事郵便はどのように利用されたの!?

今回逮捕された内藤容疑者は今年8月に、カナダから米軍の横田基地内にある郵便局の私書箱あてに大麻を1.7キロも送ったそうです。

このように、公用ではない、つまり、軍や政府の仕事とは関係のない用事(非公用)で軍の基地に郵便物を送る場合、軍事郵便が利用できる
そうなのですが、今回この非公用軍事郵便を使って麻薬を送ったために東京税関の目にとまり逮捕されてしまったということなのでしょう。

ちなみ過去には、平成23年5月12日(木)発表で非公用軍事郵便物を利用した大麻密輸事件が那覇地方検察庁に告発されているので、軍事郵便を利用すればチェックが甘いと思っている人が意外といるのかもしれません。

おそらく、公用の軍事郵便で送っていたら、ノーチェックだったのかもしれませんが、軍関係者ではない人が公用で軍事郵便を送ることは
できないでしょうね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ