川口春奈が顔でかいがかわいいと言われる驚きの理由と視聴率不振の裏にあった納得の理由とは!?

サムネイル2016年には2本の映画が公開予定の女優、川口春奈さん。

そんな川口さんの顔がでかいがかわいいとネットユーザーの間でささやかれています。

また川口春奈さんが出演するドラマの視聴率は、呪われているかのような低迷ぶりも指摘されていますね。

川口春奈さんのかわいい顔は、そんなに驚くほどでかいのでしょうか?

また、彼女の出演ドラマの視聴率が低くなってしまったのはなぜなのでしょう?

それぞれの理由が知りたくて、いろいろ調べてみました!

スポンサーリンク

プロフィール

名前:川口 春奈(かわぐち はるな)
生年月日:1995年2月10日(20歳)
出身:長崎県五島市(旧・福江市)
身長:166 cm
血液型:O型
所属:研音

2007年:「ニコラ」のオーディションでグランプリを獲得し、研音の子供部門「けんおん。」に所属。
2009年:ドラマ「東京DOGS」で女優デビュー。
2010年:P&Gパンテーンドラマスペシャル「初恋クロニクル」でドラマ初主演。
2012年:映画「桜蘭高校ホスト部」で映画初主演。
2013年:ドラマ「夫のカノジョ」でゴールデン初主演
2015年:ドラマ「探偵の探偵」出演

川口春奈が顔でかいがかわいいと言われる驚きの理由とは!?

川口春奈さんは、10代向けファッション誌「ニコラ」で、15回も表紙を飾るほどの可愛らしさと人気があったようです。

この表紙登場数15回という数字は、彼女の先輩にあたる新垣結衣さんとタイ記録で、現段階では同列で歴代4位となる回数です。

ちなみに「ニコラ」モデル卒業者で、現在も芸能活動をしている人の表紙登場数の順位を調べてみました。

歴代1位:表紙25回 現在は女優の岡本玲さん(他の追随を許さない驚異の回数ですね!)

歴代2位:表紙18回 現在はSeventeenモデルをやっている古畑星夏さん

歴代3位:表紙16回 現在はフリーでタレント活動をしている日南響子さん

以上のような結果になりました。

岡本玲さんの登場回数がダントツだったので、ニコラ当時の画像を探しちゃいましたよ。

no1

いかがですか?

では、ニコラ当時の川口春奈さんは、というとこちらです。

no2

今とほとんど変わらないエンジェルスマイルですね。
そんな川口春奈さんが、あちこちで「顔がでかい」と言われています。

情報サイトの中には、顔のサイズまで割り出しているところもありまして、そのサイトでは全身ショットの画像からサイズを計算するという方法を用いていました。

その結果を見ると、川口春奈さんの頭部および顔の長さは24.6㎝となっています。

春奈さんの身長は166㎝なので、単純に計算すると6.7等身ということになるのです。

ん~~、どうでしょう?

これって一般人と同じくらいか、若干小さめかもしれませんよね。

何しろ顔のサイズの割り出しが、2Dを元としているのが歯がゆいところです。

ではなぜ、「顔がでかい」という不名誉なささやきが聞こえてくるのでしょう?

その驚きの理由とは、7月9日~9月17日までフジテレビで放送されていたドラマ、「探偵の探偵」が原因のようなのです。

というのも、このドラマの主演・北川景子さんの顔が驚くほど小さいことは、みなさんもご存知のことでしょう。

その北川景子さんと共演したことで、以前から浮上していた「川口春奈、顔でかい」説が決定的となってしまったようです。

no3
いや、でも、北川景子さんと比べられたらほとんどの人は、顔、でかくなりませんか?

とはいえ、ネット上の声は、

「顔がでかくても可愛いからOK」

「それだけかわいいんだから気にすることない。それに周りが小さすぎるだけ」

「ディズニーシーで実際に見かけた事あったけど、周りに居る一般の方達と大きさ変わらなかった!でもめちゃくちゃ可愛かった!」

と、概ね評判は良いようです。

しかし、顔の大きさよりも深刻な問題は・・・

川口春奈の視聴率不振の裏にあった納得の理由とは!?

そうなんです。

なぜか川口春奈さんが出演するドラマは、「低視聴率」になってしまうのです。

衝撃的だったのは、春奈さんがゴールデンタイムでの初主演をしたTBSドラマ、「夫のカノジョ」の視聴率が最低3%という今世紀最下位の数字を出したことでしょう。

しかも当初の9回放送を8回に短縮して、事実上の打ち切りという不名誉極まりない結果となったのでした。

(しかしこの数字は、後にフジテレビのドラマ「HEAT」の歴代最下位2.8%に塗り替えられました)

そして北川景子さん主演の「探偵の探偵」(フジテレビ)も、初回放送を除き2桁に届かずじまいになって終わっているのです。

この視聴率の不振は、はたして川口春奈さんの呪いなのでしょうか?

いいえ、そんな呪いなどありません。

視聴率が伸びなかった裏には、ちゃんとした理由がありましたよ。

まず「夫のカノジョ」は、裏番組に米倉涼子さんの「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日)というモンスター番組があったこと。

この「ドクターX」は2012年にスタートして以来、3年連続秋のビッグタイトルとして高視聴率を出していたドラマです。

そのため、「ドクターX」の最終話の視聴率は驚異の27.4%に比べ、「夫のカノジョ」の最終話は3.3%という寂しさでした。

この事実に対してTBSが、「狙っていた若い世代のターゲット層を得られず、結果として最悪のタイミングでの放送をしてしまった」と後に釈明を行ったそうです。

それにしても、裏にモンスター番組があったことだけが理由でしょうか?

「夫のカノジョ」のあらすじは、夫が不倫している若い女性と正妻の身体が入れ替わり、お互いの立場で物を見るというコメディータッチのものでした。

なにしろ魔法使いまで登場するんですから。

はたしてこの設定、「ドクターX」が無ければ本当に若い世代に支持を得られたのでしょうか?

甚だ疑問が残ります。

いずれにしても、制作サイドの完全なる戦略ミスと見当違いが招いた視聴率の不振であったことは間違いないようです。

そしてもうひとつのドラマ、「探偵の探偵」の視聴率の伸びなかった理由は、2015年ワールドカップバレーボール大会にありました。

日本でのワールドカップバレー大会開催は、フジテレビ共催で行われたため、フジは大会の放送時間をプライムタイムに合わせられるよう大会スケジュールを調整したそうです。

そのことにより、バレーの試合が延長されると後続番組は必然的に繰り下げられるという結果になったのです。

「探偵の探偵」もその例にもれず、最大90分繰り下げでの放送回もあったそうです。

90分ってことは、23時30分スタートで翌25時30分終了になり、これではもう深夜枠ですよね。

深夜枠のドラマの視聴率は3%や2%が当たり前と言われている中、90分の繰り下げスタートだった第8話の視聴率が5.4%を出していたことを考えれば、決して「低視聴率」とは言えないのではないでしょうか?

言い換えれば、放送されるだけの視聴率が取れていたとも言えるでしょう。

これらは部分的な数字だけを見ていては、見えてこない現実だと思います。

だから川口春奈さんが「低視聴率」を招くというようなジンクスめいた流言は、まったく気にすることはないのです。

そして春奈さんには、17社ものCMスポンサーが付いることも、彼女の実力であり今後への期待の大きさの表れでもあるのではないでしょうか?

したがって、川口春奈さんに今後求められるのは、タイミングの一言だと思います。

タイミングも実力の内ならば、その実力が備わった時にこそまさに時の人として君臨するスターとなるのでしょう。

その日が来るのが楽しみな女優さんですね!

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

練習とは言えキスしすぎ!?川口春奈の彼氏は今人気のあの若手俳優!?

このページの先頭へ