上野樹里の韓国でのショートが別人過ぎる!?性格のうちオリラジ藤森に破局を決意させた決定的なものとは!?

サムネイル上野樹里さんといえばドラマで映画化もされた「のだめカンタービレ」の野田恵役や、NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」の主演・江姫の印象が強いのではないでしょうか。

そんな上野さんですが、現在は韓国で活躍されているようで、そこでのショートヘアが別人過ぎるという噂があります。

また、オリラジ藤森さんとの破局について、上野さんの性格が決め手になったという噂があるなど、いろいろ取り沙汰されていますね。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:上野 樹里(うえの じゅり)
生年月日:1986年5月25日(29歳)
出身:兵庫県加古川市
身長:167 cm
血液型:A型
所属:アミューズ

2001年:「クレアラシル」の3代目イメージガールに選ばれ、芸能界デビュー。
2002年:ドラマ「生存 愛する娘のために」で女優デビュー。
2003年:映画「チルソクの夏」の映画初出演。
2004年:映画「スウィングガールズ」で映画初主演。
2006年:ドラマ「のだめカンタービレ」で連続ドラマ初主演。
2011年:NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」で大河初主演。

上野樹里の韓国でのショートが別人過ぎる!?

まずはこちらの画像をご覧ください!

no1

現在、韓国では上野樹里さんがブレイク中だということをご存知でしょうか?

最近は日本での上野さんの活躍が少なくなっていて、ファンにとっては寂しい日々だったのではないかと察せられましたが、いやいやなんの、上野さんは韓国でバージョンアップをしていたんですね。

日本ではあまりにも「のだめカンタービレ」の野田恵役がヒットしてしまい、なかなか「のだめ」色を払拭できずにいたそうです。

そこに上乗せするように、「上野樹里は天然」「別の生き物」というようなキャラを固定される評価が出回り、女優としての幅を広げられずに悩んでいたのではないでしょうか。

そんな時に韓国のケーブル放送で上野樹里さんの「スイング・ガール」や「のだめカンタービレ」が放送され、一気に知名度をあげました。

その現象は日本でキャラの初期化に行き詰っていた上野さんにとっては、まさに渡りに船のチャンスだったことでしょう。

そして、その知名度上昇の機運に乗じて韓国進出を計った上野樹里さん。

韓国は上野樹里さんを熱烈歓迎して、ドラマや雑誌にどんどん採用している様子です。

そんな上野樹里さんは根っからの女優肌らしく、実にノビノビと演じていて、それに伴い役柄の幅も無限に広げているようですね。

その結果、集大成とも言える韓国発の映画「ビューティー・インサイド」で、特異な役「ウジン(男性)」を演じた上野樹里さんの演技が大きく評価されていました。

こちらは韓国在住の日本人による記事です。

『この『ビューティー・インサイド』では、目が覚めるたびに違う人間になってしまう男性主人公のウジンが“日本人女性に変身”したシーンを演じ、『ラスト・フレンズ』(2008年、フジテレビ系)での瑠可役を彷彿とさせる姿で強い印象を残しました。

ヒロインのハン・ヒョジュも「外国の女優さんで、簡単にお会いできる方ではない」と最も印象に残る相手役に上野樹里を挙げ、彼女の演技力を絶賛しています。』

引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/

さらに最近、韓国のハイクオリティ・タブロイド誌「HIGH CUT」に掲載された上野樹里さんのインパクトが強烈で、日韓両国で「かっこいい!」「女でも惚れる!」と話題になっています。

こちらが、かっこいい上野樹里さんの話題の画像です!

no2

いかがですか?

タイトルにもあるように、これを見てしまうと確かに「別人か!?」と勘違いしそうですよね。

それにしても上野樹里さんが持っている、女優の引き出しの多さに改めて驚くとともに、今後の活躍にも期待が膨らむばかりです。

スポンサーリンク

オリラジ藤森に破局を決意させた上野樹里の決定的な性格とは!?

上野樹里さんについて、その性格の悪さを巡ってネット上でいろいろ言われていますね。

では、どのようなところが「性格が悪い」とされてしまうのでしょう?

ネット上でのご意見やカキコミをまとめてみました。

・先輩に対して上手な敬語が使えず、時にタメ口になってしまう。

・自分の思考に集中し過ぎる傾向にあり、周りが全然見えていない時がある。

・こだわりが強すぎて、あるCM制作スタッフと揉めて3000万円とも言われたCM契約を1本丸ごと棒に振った。

・共演者に演技のことなどをしつこく相談するので、ジャニーズ系などのマルチタレントからは「忙しいのに付き合い切れない」と言われている。

・撮影現場で意見交換が高じて口論や口喧嘩になることがある。

ただし、「敬語が上手く使えない」のは、上野さんは本来関西弁で話しているので、それを標準語の敬語に変換する際、瞬時に上手く切り替えられないのだという意見もありました。

これらを見る限りでは、決定的に性格が悪いと言えるほどではないように感じますが、みなさんはいかがでしょう?

no3

以前に交際をしていたオリラジ藤森さんとの破局についてですが、上野樹里さんの性格が災いしたような決定的なものがあったのでしょうか?

上野樹里さんとオリラジ藤森さんの交際が噂されたのが、2006年だったのですが、その時には2人揃って交際を否定していました。

ところが2011年のこと、「おしゃれイズム」に出演したオリラジ藤森さんの実母が、

「上野樹里ちゃんとも会ったことがあるの。私が息子のマンションにいた時に、ひょっこり樹里ちゃんが犬を連れてやって来たの」

と、暴露してしまったことから2人の交際は確定となった経緯があります。

2011年といえば上野樹里さんは、NHK大河ドラマ「江姫」の主役をやっていました。

これは上野さんの事務所サイドとしては、まさにバッドタイミングだったのでしょう。

2人の交際はそれぞれの事務所の意向で、解消され破局に向かったということで落ち着いているようですね。

もしも破局を決定的にしたものがあるとすれば、敢えて言うなら藤森さんの実母の失言で、それに対して藤森さんが責任を感じて2人の関係に終止符を打ったとも見れます。

つまり上野樹里さんの性格のせいで、2人が破局に向かったのではないことが分かりました。

さらに2人の破局を巡っては、もうひとつの噂があります。

それは、藤森さんが実母に頼んで、わざと上野さんとの熱愛暴露をオンエアに乗せたのではないか?と見る筋です。

いわゆる藤森さん側の売名行為だと受け止めている情報サイトもありました。

本当のところは当人のみぞ知るところですが、上野樹里さんの関係者が「(上野樹里は)男性不振になって韓国行きを決めた」と漏らしたという情報も出ています。

上野樹里さんはオリラジ藤森さんとの破局を乗り越え、ボーイッシュな魅力を引っ提げて見事凱旋を果たせるのでしょうか?

来年1月に上野さんがウジン役をやった映画、「ビューティー・インサイド」が日本でも公開されます。

女優として一皮むけた上野樹里さんの今後から目が離せそうにありませんね!

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・上野樹里の姉が消えた理由がヤバイ!?和田唱との交際の驚きの背景とは!?

・玉木宏のハゲがヤバイことになっていた!?玉木宏が上野樹里を呼び捨てにする驚きの仲とは!?

このページの先頭へ