沢尻エリカのカラコンの危険過ぎる衝撃の理由とは!?スマップファンの驚きの真相とは!?

サムネイル以前には記者会見の時の傍若無人な態度が批判され、一時は芸能活動を休止していたこともある沢尻エリカさん。

今では女優として見事に返り咲いていますよね。

しかし、そんな沢尻エリカさんが広告塔を務めるカラーコンタクトが、なんと「危険すぎる」との噂があります!

何がそんなに危険なのか?その衝撃の理由とは一体何なのでしょうか?

また、沢尻エリカさんがスマップのファンだという噂がありますが、そこに隠された驚きの真相とは!?

いろいろ気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:沢尻エリカ(さわじり えりか)
生年月日:1986年4月8日(29歳)
出身:東京都
身長:161 cm
血液型:A型
所属:エル・エクストラテレストレ

・小学校6年生の時に芸能界デビュー
2003年:ドラマホットマン』で連続テレビドラマに初出演。
2004年:映画『問題のない私たち』で映画初出演。
2005年:ドラマ『1リットルの涙』で初主演。

沢尻エリカのカラコンの危険過ぎる衝撃の理由とは!?

沢尻エリカさんといえば、ハーフとはいえエキゾチックで大変な美貌の持ち主ですよね。

そして印象的なのは、あの大きな瞳とその強い眼差しでしょう。

そんな沢尻エリカさんの目ヂカラをウリにして、広告モデルに起用したのが「エバーカラー」というカラーコンタクト商品です。

no1

「エバーカラー」は、10代~20代前半を中心に大手通販サイトでも売れ筋の人気商品のようですね。

ではなぜカラーコンタクトが売れるのでしょう?

まずはカラコンの歴史からどうぞ。

『カラーコンタクトレンズの人気が出るようになったのは、使い捨てタイプが出来るようになってからです。

まず、1971年にアメリカのボシュロム社が初めて製品化されたソフトコンタクトレンズを発売し、1988年には、アメリカのFDAが使い捨てコンタクトレンズを認可しました。

このころから、歌手の方も装着しているのをよく見かけたのではと思います。』

引用元:http://www.paperbeatsrock.net/post-4.html

したがって、カラコンの歴史は使い捨てコンタクトレンズの発明と共にあったと考えて良さそうですよね。

その昔、一般人は知らなかっただけで、当時の芸能人はすでにカラコンを使っていたのかもしれません。

しかし、今のように情報網が発達していなかったため、世間に知られることもなかったのでしょう。

日本でカラコンが認知され、徐々に一般にも広がりを見せたのが1990年代後半からだと言われています。

その火付け役となったのが、歌手の浜崎あゆみさんでした。

no2

それ以降、ギャルと呼ばれる女子を中心にカラコンは広がり、様々なメーカーが参入して独自性のあるカラコンを製造販売しています。

現在は、より自然に黒目を大きく見せるバレないカラコンに人気が移り、以前は一部の人のオシャレアイテムだったのが、今やメイクの延長線上のように誰でも使えるようになったのもカラコンが売れるようになった理由のようですね。

そして、沢尻エリカさんの「エバーカラー」は、まさにそんな時流に乗ったバレにくいカラコンとして、若者を中心に支持を得ているのだと思われます。

それに加えて価格帯も平均的で、1枚あたり約113円でした。

そんなカラコン事情のもうひとつの側面ですが、「医療なのかオシャレなのか」の論争でも物議が続いているのも、また確かです。

沢尻エリカさんがイメージキャラクターをやっている「エバーカラー」は、そうした中、処方箋がなくても購入できるオシャレ・カラコンなのです。

このあたりに沢尻さんのカラコンが「危険すぎる」と言われるヒントがありそうですね。

そこで「エバーカラー」を発売している「株式会社アイセイ」を調べてみました。

「アイセイ」の公式HPを覗いてみると・・・

・高度管理医療機器等販売業/賃貸業許可証 第N05956号

・日本コンタクトレンズ協会加盟

・取引先:株)アイレ (株)シンシア (株)オフテクス (株)シード (株)エイコー HOYA(株) (株)AMO 他

となっており、決して危険なカラコンを販売しているような業者ではなさそうなんですよね。

ということは、もしかして今もまだ間違ったカラコンの使い方をする人がいるということでしょうか?

例えば、間違った使い方とは・・・

・不潔な手で装着する

・使い捨てのレンズなのに、何日も使い続ける

・保管の仕方が雑である

・異物感を感じても使っている

・レンズと睫毛のマスカラが触れ合っている

などが挙げられていました。

そしてもうひとつ気になったのが、「エバーカラー」の大手通販サイトでの売り上げの上昇率です。

「エバーカラー」の販売開始が2011年、その後2014年に沢尻エリカさんをイメージモデルに起用したとたんに通販サイトでは年間売り上げランキング14位に躍り出ています。

そして今年2015年の上半期だけで、なんと売り上げランキング4位を記録しているんですね。

ということは、それだけネット上でも話題にも上がっていることでしょうし、数の法則でマイナス口コミも当然増えていることでしょう。

つまり、沢尻エリカさんがモデルをやっている「エバーカラー」が危険だとされた衝撃の理由とは、彼女を起用して以来の販売実績の急上昇と、それに伴う間違った使用法(または体質的に合わない)によるマイナス口コミの発生ということになるのではないでしょうか?

カラコンは今や瞳を印象づけるためのマストアイテムですが、その使い方を間違えると取り返しの付かないことになることもよく理解して使っていきたいものですね。

スポンサーリンク

沢尻エリカがスマップのファンである驚きの真相とは!?

沢尻エリカさんの印象は、現在ではどんなイメージなのでしょう?

ちょっと調べてみただけでも、「勝気」「男勝り」「わがまま」などの奔放なイメージを持たれていることが分かりました。

確かに沢尻さんのこれまでの言動は、自由過ぎるものが多くて、時には印象を悪くもたれてしまうこともあったのではないかと思います。

しかし、そんな沢尻エリカさんが、あのスマップのファンだったことはご存知ですか?

しかも沢尻さんが小学生の頃からだったそうですよ。

そして、沢尻エリカさんが特にファンだったのは、みなさんは誰だと思います?

no3

なんと草彅剛さんなのだそうです!

よりにもよってスマップメンバーの中でも最も生真面目な印象が強い、あの草彅剛さんに憧れていたとは「エリカさま」らしからぬ意外性を感じて驚きでした。

情報によると小学生の頃の沢尻さんは、草彅さんの写真を切り抜いて大切にしていたそうです。

自由奔放で自分勝手なイメージからは想像しがたいような、可愛らしい少女期を過ごしていたエリカさまの驚きの真相ですよね。

なので、そんなギャップも魅力の沢尻エリカさんの今後の活躍からも、ますます目が離せそうにありません!

スポンサーリンク

このページの先頭へ