ビートたけしの車がスゴイのは衝撃の年収があったからだった!?

1枚目お笑い界のトップを走り続けているビートたけし(北野武)さん。

最近では映画監督や俳優などいろいろな顔を持っていますが、全てが超一流であることから、「世界のキタノ」の愛称で日本だけでなく外国からも人気を集めていますよね。

そして、そんな芸能界の大御所であるたけしさんなのですが、乗っている車が凄いという噂があるのです。

また、その凄い車を買う為の年収が衝撃的との噂がとても話題となっています。

そこでちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:ビート たけし(びーと たけし)
本名:北野 武(きたの たけし)
生年月日:1947年1月18日 (68歳)
出身地:東京都足立区島根出身
身長:168cm
血液型:O型
所属:オフィス北野

1980年:「漫才ブーム」が起こり、コンビ名「ツービート」として知名度を上げる。
この時期にツービートとして出演していた「スター爆笑座」の初代司会のせんだみつをと雑談中に代表的ギャグ「コマネチ」が誕生。
1981年:有名バラエティ番組「オレたちひょうきん族」が開始される。
1982年:「漫才ブーム」が完全に終息し、タレント「ビートたけし」として活動する。
1989年:映画「その男、凶暴につき」にて深作欣二が監督を辞退したため、「北野武」として映画監督としてデビューする。
1997年:映画「HANA-BI」が第54回ヴェネツィア国際映画祭で日本作品として40年ぶりとなる金獅子賞を受賞する。
2005年:東京技術大学で新設された大学院映像研究科の特別教授および映画専攻長に就任する。
2008年:第30回モスクワ国際映画祭で「特別功労賞」を受賞する。

ビートたけしの所有している車がスゴすぎる!?

ビートたけしさんは、お笑い、タレント、映画監督、俳優などとても幅広い分野で才能を発揮していますよね。

1981年に放送された「オレたちひょうきん族」を見ていた当時の子供達は、たけしさんに憧れお笑いの世界へ入りたいという子供達でいっぱいだったそうで、それほどに人気であったということが分かりますよね。

さらに、現在では映画監督としてもさまざまな賞を受賞し、タレントとしては数多くのレギュラー番組を持っています。

そんなたけしさんですが、実は車好きということでいろいろな高級車を所有しているらしいのです。

それでは、今まで所有していた車をおおよその値段と一緒に紹介してみたいと思います。

・ポルシェ959 約4650万円

・ポルシェ979K 約2646万円

・ベンツSLSAMG 約2430万円

・ロールスロイスファントム 約5480万円

・ランボルギーニガヤルド 約2430万円

・フェラーリ599 約3045万円

・フェラーリ458イタリア 約2830万円

・フェラーリ612スカイエッティ 約3660万円

・スネークモータース196RS 約1億円

・ブガッティヴェイロン 約1億7900万円

合計すると、な、なんと約5億5071万円にもなるのです。

車という買い物だけで約5億円以上消費しているというのは、やはり芸能界の大御所といった所でしょうか。

しかしここで気になってくるのが、その豪快なお買い物を可能にするたけしさんの年収ですよね。

スポンサーリンク

ビートたけしが稼いでいる驚きの年収とは!?

まずタレントとしてテレビに出演しているたけしさんのギャラについてです。

2枚目

一般の仕事で考えると、日給2万円貰えればとても高い収入としてみられますよね。

しかしたけしさんの場合、番組1本で500万円ほどの収入がもらえるようなのです。

そうすると、たけしさんのレギュラー番組は現時点で8本ほどですので、単純計算すると

500×8=4000万円

なんと1週間で約4000万円の収入というのはとんでもない金額ですよね。

見方を変えると、1日の収録でサラリーマンの平均年収を稼いでいるのですから、たけしさんの凄さがあらためて分かったかと思います。

次に、映画監督としての収入についてです。

3枚目

数多くの映画を作成しているたけしさんの興業収入ランキングがこちらです。

1位:座頭市(2003年) 約28億5000万円

2位:アウトレイジビヨンド(2012年) 約14億5000万円

3位:BROTHER(2001年) 約9億円 ※国内の興業収入のみ

4位:その男、凶暴につき(1989年) 約7億8000万円

5位:アウトレイジ(2010年) 約7億5000万円

5つの興業収入だけでもなんと67億3000万円という驚愕の金額であることがわかりました。

ただ、他にもヒット作品はありますので、それ以上の収入を得ていること間違いありませんよね。

そしてたけしさんといえば、CMにも出演し収入を得ています。

4枚目

たけしさんがCMに出演したときのギャラは、テレビ出演をはるかに上回る7000万円だそうです。

したがって、年間でだいたい5本のCMに出演していますので

7000×5=3億5000万円

となります。

もはや、笑うことしか出来ないくらいの収入ですよね。

それでは、これまでの推定した収入を合計してみましょう。

4000万円(1週間のテレビ出演)×52(1年間の週換算)+3億5000万円(CM出演料)
24億3000万円

したがって、1年間で最低約24億3000万円の収入があるということが分かりました。

さらに、たけしさんは、約30年もの長い間大物芸能人として活動してきましたので、単純計算をすると24億3000万円(年収)×30年(活動年数)=729億円となりました。

また、そこに映画での収入もプラスされますので生涯収入はなんと約796億3000万円となります。

もはや計算していて頭がおかしくなりそうな金額ですよね。

ちなみに、給料を管理していたたけしさんの奥さんからは、おこずかいとして月1000万円貰っていたという話もあります。

果たして、月1000万円のおこずかいってどんなふうに使いきるのでしょうか。

しかし、この衝撃的な収入を考えると、今まで購入した車の合計金額約5億5071万円がとても安く感じますね。

一般人でいうと、年に20万円ほど趣味にお金を掛けているのが、たけしさんの場合1億円ほどという感じになるのでしょうかね。

あくまで、個人での計算になるのでズレはあると思いますが、それなりに近い年収を導き出せたのではないでしょうか。

ただ、こんな衝撃の年収を知ってしまうと、仕事へのやる気がなくってしまいそうですが、あくまで相手は「世界のキタノ」さんですので、気にしないでいきましょう!

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・ビートたけしと立川談志の意外な関係とは!?嫉妬した相手と理由がヤバイ!?

・ビートたけしが事故で失った顔以外の大事なものとは!?ビートたけしの滑舌がツービート復活のときにヤバかった!?

このページの先頭へ