梨花がハワイへ移住を決めた驚きの経緯とは!?ブランドの評判がヤバ過ぎる!?

サムネイル抜群のプロポーションやファッションセンスだけでなく、天衣無縫な言動でも高い支持を受けていた梨花さん。

このところあまり消息が伝わってこないと思ったら、なんとハワイに移住することに決めたのだとか。

また、梨花さんが立ち上げたブランドに関してもヤバ過ぎる評判が駆けめぐっているという噂が・・・

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:梨花(りんか)
本名:根中千恵子(旧姓。現在の姓は公表せず)
生年月日:1973年5月21日(42歳)
出身地:東京都墨田区
血液型:O型
身長:165cm
体重:49kg

1993年:雑誌『JJ』でモデルデビュー。以来、多くのファッション雑誌の表紙を飾り、『カリスマモデル』と呼ばれるほどの人気を獲得する。
2005年:フジテレビ『笑っていいとも!』火曜日レギュラーに抜擢。天真爛漫な言動が話題になり、多くのバラエティ番組から声がかかるようになる。
2008年:バラエティへの出演を封印し、モデル業を再開。
2009年:長年交際していた一般男性と結婚。
2011年:第一子(男子)出産。

梨花がハワイに移住を決めた驚きの経緯とは!?

今年の春、4歳になった息子さんとテレビに出演した梨花さんですが、番組の企画でハワイに出かけ、息子さんと思いっきりハワイでの日々を堪能していました。

画像1

そしてその番組の中で、レンタカーを自ら運転して買い物に行ったり、ビーチで夕陽を眺めたり、不動産物件を見に行ったりなど、終始リラックスしていた様子の梨花さんでしたが、実は

「あの時すでにハワイに移住する決心をしていた」

らしいのです。

そして、先月発売された雑誌『オトナミューズ』でハワイへの移住を決めるまでの詳しい経緯を説明していました。

そもそも移住を考えるようになったのは、息子さんをサマースクールに参加させるために2カ月間ハワイに滞在したことがきっかけだったそうです。

画像2

もしかしたら、息子さんに国際感覚と英語力を身につけさせるには、都内のインターナショナルスクールに通わせるよりも英語圏で実際に生活させた方がいい効果を生む、と判断したのかもしれません。

また、梨花さん自身にとっても、ハワイは人目を気にせずにのびのびと普通の生活を楽しめる環境だったのかもしれませんね。

なぜなら、若い時からモデルとして多くの人に注目されてきた梨花さんは、多くの女性たちの憧れの的になる代わりに普通の生活の楽しさを知る機会を逸してしまっていたようなのです。

そして、そんな梨花さんは結婚し、母となって人を育てる身の上になって初めて『普通』という感覚を持つ重要性に気づいたのではないでしょうか。

また、梨花さんは雑誌の中で

「私も人間力を上げたい」

と発言していることから、天性の才能を頼りにタレントとして活動を続けるよりも、これからの人生のために人間力を養う時間が必要だと感じたのかもしれませんね。

ただ、ハワイに移住するのは梨花さんと息子さんだけのようなので、そこには人には言えない事情も隠されているのかもしれません。

スポンサーリンク

梨花のブランドの評判がヤバ過ぎる!?

画像3

2005年からオリジナルジュエリーのデザインを手掛け、2012年からプロデュースに携わったアパレルブランド『maison de reefur(メゾン・ド・リーファー)』も売り上げ好調だった梨花さん。

しかし、このほど発表した新ブランド『LI HUA(リーファー)』の評判があまり良くないようなのです。

ではなぜ評判が良くないかというと、一番大きい要素は、やはり『値段が高すぎる!』ことだそうです。

そこで値段を調べてみると、例えば、冬のオトナ女子のマストアイテムである「ロングブーツ」は60000円以上の値段がするので、値段だけを見て一概に言いきってしまうのも乱暴かもしれませんが、それでもやっぱりかなり高いのではないでしょうか。

しかし、ネットにおいてはすでに新ブランドはかなり認知されているようで、たくさんの感想が上がっていました。

例えば、

・そんなにすごいクオリティとも思えないんだけど、結局はネームバリューってことだよね。

・ガンガン売ってハワイ資金にしようってことでしょ。

・センスはいいし、才能もあるとは思うけど一般人にはとても手が出る値段じゃないよ。無理。

・どんなに高くしてもファンは買うんだろうなあ。なんかあざとい。

・欲しいけど高すぎる。もう少し安くしてほしい。

・なんだか、梨花の全てが遠ざかる感じがする。富裕層以外は用無し!って意味?

といったように、結構ひどく言われているようですね。

とはいえ、注目を浴びているのも事実なので、もう少し価格がリーズナブルになれば、買いたいと思う人はもっともっと増えるのではないでしょうか。

画像4

また、今回の新ブランドの展開に関しては自らデニム工場に出向いて縫製を視察するほどに熱が入っているようなので、クオリティもしっかりしているのかもしれません。

そして、とても40歳を過ぎているとは思えないほど若々しくキュートな梨花さんですが、今後、雑誌『オトナミューズ』で新しいブランドの洋服を着る機会が増えるはずなので、これからも多くのフォロワーをけん引するファッションリーダーであり続ける可能性が高いのではないでしょうか。

いつまでも人の目をくぎ付けにしそうな梨花さんを、オトナ女子としてはお手本にしていきたいものですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・梨花の子供の救急搬送の驚きの真相とは!?旦那が左半身不随ってヤバ過ぎる!?

このページの先頭へ