釈由美子の旦那と結婚までの破局や体重や劣化の歴史がヤバい!?

①釈由美子タイトル今年の10月に実業家の男性と結婚を発表した釈由美子さん。

そんな釈さんですが、現在の旦那さんと結婚に至るまでには、さまざまなつらい破局を経験してきていることが明らかになりました。

また、釈さんの体重の変化や劣化がヤバいと噂されている驚きの理由とは!?

ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:釈 由美子(しゃく ゆみこ)
生年月日:1978年6月12日(37歳)
出身地:東京都清瀬市
身長:165cm
血液型:B型
所属事務所:トミーズアーティストカンパニー

1997年:短大在学中に漫画雑誌 『週刊ヤングマガジン』のMissキャンパスグランプリを獲得。
1999年:テレビドラマ『ツインズな探偵』(フジテレビ系)でテレビドラマ初出演。10月にはマキシシングル 『セカンドチャンス』をメディアリングからリリース。
2012年:『芸能武道十二騎神道流』の昇段試験に合格し、黒帯を獲得する。
2015年:10月10日に、レストランなどを経営する実業家と入籍。

釈由美子の旦那と結婚までの破局にまつわる衝撃の真相がスゴイ!?

女優や歌手として、さらにはエステサロンを経営する実業家の顔を持っている釈由美子さん。

今年10月には、実業家の男性と結婚し、幸せいっぱいの新婚生活を送っているようですね。

そんな釈さんですが、2010年にも婚約が報じられたことがあったそうで、お相手はミスチルの桜井和寿さん似のイケメンと噂される動物病院の院長、佐藤貴紀さんだったとのこと。

②動物病院院長佐藤貴紀

なんでも、2009年に釈さんの愛犬が佐藤さんに診察を受けたことがきっかけで、お互い動物好きということから交際がスタートしたのだそうです。

また、2010年1月に熱愛報道が出たときには、釈さんがブログで

「これから、お互いに思いやり、支え合いながら、焦らずゆっくり歩いていきたい」

と、はっきりと交際宣言までしていたようですね。

その後、釈さんと獣医の佐藤さんは、お互いの両親にも挨拶を済ませ、入籍をするとみられていましたが、残念ながら婚約を解消してしまいました。

このことについて、2012年7月15日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演した釈さんは、佐藤さんと入籍1か月前に破談になってしまったと語っています。

なんでも、釈さんは佐藤さんの希望で専業主婦になろうと、半年ほど仕事を休んでいたそうですが、芸能界への未練から仕事と家庭を両立したいと佐藤さんに伝えたようですね。

そんな釈さんの気持ちに対して、佐藤さんは

「芸能人の奥さんはもらえない。」

と、結婚を断ったのだそうです。

どうやら、釈さんとの交際報道が出た際にマスコミが佐藤さんの家や仕事先におしかけたことがあったそうで

「芸能人の奥さんをもらうということはこういうことなんだ。」

と、プライバシーを脅かされるような出来事に、驚いてしまったことが原因のようですね。

そして結局、仕事を辞めてほしい佐藤さんと、仕事を続けたい釈さんの間にできてしまった溝を埋めることはできず、二人は破局してしまったのだそうです。

このように、佐藤さんとのつらい過去を告白した釈さんですが、番組では忘れることができない経験だと、泣きそうになりながら真相を話していたようですね。

そんなつらい過去を乗り越え、今年10月に結婚を発表した釈さんでしたが、結婚発表後初の公の場となったイベントでは

「おかげさまで本当に幸せです。

ずっと一人だったんですけど、夜、晩酌に付き合ってくれる人がいるというのは本当にありがたいです。」

と幸せ一杯のコメントをしていました。

もしかすると、今までのつらい経験は、釈さんの仕事に理解があり、寄り添ってくれる素敵な旦那さんに出会うためだったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

釈由美子の体重や劣化の歴史がヤバい!?

最近では、仕事もプライベートも充実しているように見える釈さんですが、テレビで見かける度に体型が変わり、顔の劣化も激しいとたびたび噂されているようですね。

なんでも、2009年11月26日に放送されたバラエティ番組『ひみつの嵐ちゃん』(TBS系)に出演した際

「1年の間に激やせと激太りを経験したことがある。」

と、壮絶なダイエット経験を告白したのだそうです。

実は、身長が165cmある釈さんは、体重が一番重い時期で55kgぐらい、一番痩せているときが40kg程度とかなり開きがあったのだそうで、なんとその差は15kgにも及んだとのこと。

そして、こちらが実際に番組で使われた比較写真です。

③釈由美子 ひみつの嵐ちゃん

こうして見てみると、痩せているときの写真は、かなり頬がこけていて、ちょっと痩せ過ぎじゃないかと心配の声が上がりそうなほどですよね。

なんでも、釈さんは20代のころ、深夜番組『ワンダフル』(TBS系)のワンダフルガールズ、通称ワンギャルの一人だったそうで、当時かわいくてスタイルが良い女の子たちに囲まれ、常にコンプレックスを感じていたそうです。

そんな環境の中で、釈さんが努力できることは、ダイエットで美しいスタイルを手に入れることだと考えたそうで、過酷な減量を始めたようですね。

なんでも、そのダイエット方法は「撮影までに自分はここまで痩せる!!」と、明確な目標を作り、思うように体重が減らなかった場合は、撮影三日前のロケ弁を最後に何も食べないこともあったのだとか。

そして撮影が終わると、ストレスを発散するために、食べまくるという生活をしていたのだそうです。

このような無理な生活を繰り返しているうちに、釈さんは拒食症と過食症に陥ってしまったそうで、肌は荒れてボロボロになり、生理も止まって、仕事に支障が出てしまうこともあったようですね。

そんな20代を過ごした釈さんですが、30歳を超えたときに、このままではいけない、もっと自分を大切にしてあげないといけないと思い、食生活の改善を始めたのだそうです。

なんでも、今まで経験のなかった自炊を始め、食事は玄米、魚や豆腐料理、野菜中心にとることを心がけたそうで、撮影のときにはマイ弁当を持っていくようになるまで変化したとのこと。

また、加圧トレーニングやヨガなど積極的に運動を取り入れ、健康的な生活を心がけている釈さんですが、実は深刻な持病を抱えているようなのです。

なんでも、釈さんは過去に『醜形恐怖症』であると告白していることが明らかになりました。

この『醜形恐怖症』とは、自分の外見・容姿を必要以上に醜いと思い込んで、悩み続けてしまう精神疾患の一種で、コンプレックスを克服するために整形を繰り返す「整形依存症」になる可能性もあるようですね。

また、たびたびネット上では、釈さんの顔が別人になって劣化したと噂されていますが、これは過度のダイエットによるひどい肌荒れや、『醜形恐怖症』のため整形を繰り返したことが、原因とも考えられるのではないでしょうか。

このように、美人でスタイルも抜群の釈さんですが、実は深刻な悩みや病気を抱えながらも、日々お仕事を頑張っているのでしょう。

④釈由美子 終わり

そして、佐藤さんとの婚約破棄など、つらい経験があっても、芸能界をあきらめきれなかった釈さんですが、今は大好きな仕事を応援してくれる素敵なパートナーに出会えたようですね。

そんな努力家の女優、釈由美子さんのさらなる活躍に期待したいものです。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・釈由美子の病気の真相がヤバ過ぎる!?顔がボコボコになった衝撃の理由とは!?

このページの先頭へ