早見あかりのももクロの脱退理由に隠された衝撃の事実とは!?でかいしハーフだと言われる驚きの理由が明らかに!?

画像1アイドル戦国時代と呼ばれる昨今。

アイドルのトップを走り続けるももいろクローバーZが、まだももいろクローバーだった頃、“早見あかり”というメンバーが居たのをご存知ですか?

早見あかりさんはももいろクローバーの下積み時代からのメンバーで、ハーフ寄りの見た目に高身長でビジュアルもずば抜けてよく、グループには必要不可欠な人気メンバーでした。

そんな彼女がももいろクローバーはこれからというときになぜ脱退したのか。

いろいろ気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:早見あかり(はやみ あかり)
ニックネーム:あかりん
生年月日:1995年3月17日(20歳)
出身地:東京都
血液型:A型
身長:165㎝
職業:女優
事務所:スターダストプロモーション

2007年:現在の事務所にスカウトされ所属。
2008年:ももいろクローバーに加入。
2011年:ももいろクローバー脱退。
2014年:映画「百瀬、こっちを向いて。」で初主演。
2014年:NHK連続TV小説「マッサン」主人公の妹役で出演。
2015年:フジテレビ系連続ドラマ「ラーメン大好き小泉さん」主演。

早見あかりのももクロの脱退理由に隠された衝撃の事実とは!?

画像5

早見あかりさんは2011年1月16日、千葉の柏で行ったももいろクローバーの新曲発売イベントで、4月にグループを脱退することを発表しました。

ももクロの人気が出てきている中での発表だったこともあり、ももクロファン(モモノフ)は非常に驚いた出来事だったようですね。

早見あかりさんはこの日に、“自分はアイドルには向いていない”ことが脱退の理由だと話し、“今後は他の道で頑張りたい”と涙ながらに語りましたが、脱退理由について多くは語りませんでした。

そのため、早見あかりさんの脱退は、メンバー内のいじめが原因であるとか、熱愛発覚したためとか、様々な憶測が飛び交うことになりました。

早見あかりさんが言う他の道とは、本人がもともと目指していた女優業のことですが、人気急上昇中のももクロのクールビューティーとして、グループやメンバーにとっても必要な存在だった早見あかりさんがなぜこのタイミングで脱退しなくてはいけなかったのでしょうか。

この件に関しては、脱退から4年たった今年(2015年)に、早見さんから少しづつ語られるようになりました。

3月に発売された自身初となる写真集“Twenteen”では、

「ももクロに入ってから常々感じていた違和感があった。

楽しいけれど、自分には可愛く歌って踊るアイドルが向いていないと思う矛盾。

偽りの笑顔。

5人のひたむきな姿。

ありのまま、ももクロのあかりんを演じることも出来たのかもしれない。

けれど5人の本気で夢に向かう姿を見ていたら、ファンの方の本気で応援してくれている姿を見ていたら、自分だけ嘘をついてこのまま一緒に頑張っていくことは失礼なことだとおもうようになった」

と語っています。

この発言によると、自分の気持ちと周囲の熱意との間に距離を感じてしまっていたようですね。

さらに同書では、学生としての葛藤も語っていました。

「ももクロでの活動の楽しさと同時に大好きな学校に行けなくなる辛さ。

勉強も元々出来ない方では無かったので、成績が落ちていくことへの苛立ち。

ここで反抗期のピークを迎え、何もかも嫌になった」

どうやら早見あかりさんは、とてもまじめできちんと周りを見ることができる人のようですね。

また、ももクロとして活動していく中で、気持ちがついていけない自分などから責めてしまう部分もあったのではないでしょうか?

相当悩んで、脱退という決断に至ったことがわかってきます。

また前の月に放送されたTBS系番組“A-studio”では

「私はももクロに向いていない。

背も高いし、キャラじゃないし、声も1オクターブ低い。

これ以上行くと辞められない。」

とも、語っていました。
“これ以上行くと辞められない。”

早見さんは、人気が出てきているももクロを客観的に見つめていたようですね。

とても切なく感じる発言ではありますが、彼女がももクロを愛していたのは間違いないようです。

背が高いという発言ですが、早見さんの身長は165 cm。

ビジュアル面では非常に恵まれている身長ですが、アイドルとしては確かに高めといえます。

早見さんも、この身長はアイドルに相応しくないと冷静に判断していたのでしょう。

以上のことから、早見あかりさんの脱退理由は、噂されていたようなメンバーとの不仲説や熱愛説ではなく、今後のももクロと自分自身について冷静に考えた結果の脱退ということになりますね。

決して自分勝手な理由ではなかったことが、現在の早見あかりさんとももクロの仲の良さに繋がっているのではないでしょうか。

以上を踏まえたうえで、2012年にももクロが紅白に初出場を果たしたときに披露した“行くぜ!怪盗少女!”を見ると、心に熱いものが込み上げてきますね。

感動する事間違いなしなので、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

早見あかりがでかいしハーフだと言われる驚きの理由が明らかに!?

画像4

ももクロを離れた現在の早見あかりさんは、NHK連続テレビ小説「マッサン」に主人公の妹役で出演し、映画「百瀬、こっちを向いて。」では初主演を務めており、順調に女優業で活躍していますよね。

しかし、ここで1つ問題が浮上しているようなのです。

どんな問題かというと、

「早見あかりがデカくなった!」

という噂が飛び交っているらしいのです。

もともと、エキゾチックな顔立ちでハーフ説が浮上している早見あかりさんですが、

「ハーフだから体質的に太りやすい」

なんて声も上がるほどです。

それでは、早見あかりさんがデカくなってしまった原因は何なのでしょうか?

そして彼女は本当にハーフなのでしょうか?

早見あかりさんのももクロ時代の自己紹介は

“My smile will change the world.

You decide my future.

Can’t Stop.

ももくろのクールビューティー、早見あかり。

高校2年生の16歳です。”

というものでした。

英語を交えた自己紹介にますますハーフ説が濃厚になりそうですが、意外な事に早見あかりさんの両親は、日本人で、祖父母も日本人なのでそうです。
ということは、早見あかりさんは純日本人という事になりますよね。

実際、

「もうハーフって事にしちゃおうかな?」

と本人が言うほど、ハーフに間違えられているそうです。

さて、早見あかりさんがハーフではないことがわかりましたが、デカくなってしまった理由が気にかかりますよね。

そこでさらに調べてみると、現在早見あかりさんは、深夜ドラマ「ラーメン大好き小泉さん」の主役に抜擢されているのですが、そのラーメンが原因ではないかと言われているのです。

画像8

このドラマの原作は、ラーメンが好きで、近づきがたい美人な主人公が毎回話題のラーメン屋を訪れて、それはそれは美味しそうにラーメンを食べるところを見る漫画なのだそうですが、それのドラマ化という事は主演の早見あかりもひたすらラーメンを食べることになるのです。

実際、早見あかりが撮影で食べていたラーメンとは、1話目からオバケカロリーで有名なラーメン二郎の全部マシマシ。

こんなものを撮影のたびに食べていたら、着実にデカくなるのは当然ですよね。

20歳という太りやすい時期に、過酷ともいえるラーメンドラマの撮影がはいり、太ってしまったら、デカくなったと噂されてしまうなんて、女優さんは本当に大変な職業なのですね。

さすがに撮影が終われば、早見あかりさんも徐々に痩せていくと思いますが、健康には十分気を付けてほしいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・早見あかりが太った衝撃の理由がヤバ過ぎる!?体重がラーメンで恐ろしいことに!?

このページの先頭へ