アンジェリーナ・ジョリーの激やせの現在に隠された衝撃の真相とは!?

①アンジェリーナジョリーハリウッドを代表する女優のアンジェリーナ・ジョリーさん。

私生活では、俳優のブラットピットさんと結婚し、幸せな結婚生活を送っているようですね。

しかし、そんなアンジェリーナ・ジョリーさんが激ヤセしたと話題になっているようなのです。

また、激やせしたのには衝撃の真相があると噂になっているようですね。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:アンジェリーナ・ジョリー
生年月日:1975年6月4日(40歳)
出身地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス
身長:169cm

・14歳のときにアメリカとヨーロッパを基点にファッションモデルを始める。
1995年:映画『サイバーネット』で映画初主演を果たす。
1996年:俳優のジョニー・リー・ミラーと結婚するが、1999年に離婚する。
2000年:俳優のビリー・ボブ・ソーントンと結婚するが、2003年に離婚する。
2014年:交際9年目に正式に俳優のブラット・ピットと結婚する。

アンジェリーナ・ジョリーの激やせがヤバい!?

数々の名作映画に出演し、ハリウッドの代表的な女優のアンジェリーナ・ジョリーさん。

そんなアンジェリーナ・ジョリーさんですが、最近は激やせしていると話題になることが多いですよね。

ネット上では、病気ではないかと心配の声が上がっているようですが、激やせの理由は一体何なのでしょうか?

②アンジェリーナ・ジョリー 激やせ

こちらの画像は、最近、アンジェリーナ・ジョリーさんがUNHCRの特使としてミャンマーを訪ねた際のものです。

アンジェリーナ・ジョリーさんは、かなりやせて老け込んでいるように見えませんか?

なんでも、手を振っている腕や手を見ると、

「大丈夫!?」

と誰もが心配になるくらいガリガリにやせ細っていますよね。

そんなアンジェリーナ・ジョリーさんの激ヤセの理由が噂されていますが、どうやら2つの説が有力と言われています。

まず、1つ目の説が、夫の俳優ブラット・ピットさんがやせた女性が好みだからだという説です。

ブラット・ピットさんは、レッドカーペットが似合うようなやせた女性がタイプで、アンジェリーナ・ジョリーさんにもそうなってほしいと求めているのだそうです。

確かに、ブラット・ピットさんの元妻で女優のジェニファー・アニストンさんも、ブラット・ピットさんと結婚していたときは、166.5cmの身長に対して49kgまで減量しており、離婚後54kgまで体重が戻ったそうです。

しかし、誰が見ても病的にやせているアンジェリーナ・ジョリーさんにまだやせろと言っているのであれば、そんなブラット・ピットさんと結婚生活を続けること自体が難しくなってきますよね。

アンジェリーナ・ジョリーさんがブラット・ピットさんを愛しすぎるが故に、まだやせたいと思ってしまっているのなら、考え直して、子供たちのためにも健康的な体に戻ることを一番に考えないといけませんよね。

次に、2つ目の説が、あまり食事に関心がないらしく、食事をあまりとらないという説です。

アンジェリーナ・ジョリーさんは、2000年に映画『トゥームレーダー』の撮影でカンボジアに行ったことをきっかけに人道問題に興味を持ち、慈悲活動を始めました。

2001年には、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の親善大使にも任命され、その後40か所以上の人道支援の現場を訪れているそうです。

そんなアンジェリーナ・ジョリーさんは、難民キャンプなどに訪れることで、弱者、特に女性を救うこと、そして、彼らのいる場所に身を置くことで、自分がいかに恵まれた環境にいるかを実感できると話していたそうです。

そして、彼らのことを考えて食事もあまりとらないそうなのですが、それに加えてUNHCR親善大使としての仕事に休みなく励んでいることもやせていく原因なのだそうです。

驚くべきことに、アンジェリーナ・ジョリーさんは、夕食に脂身の少ない肉とワインいっぱいだけとか、昼食をとらずに移動中にアーモンド数粒とグミを数粒食べるだけなんて日もあるそうですよ。

そんな食生活では誰でも激やせしてしまいますよね。

どちらの説が真実だとしても、アンジェリーナ・ジョリーさんには、食生活を改善してもらって、昔のように健康的な体で女優として今後も活躍してほしいものです。

スポンサーリンク

アンジェリーナ・ジョリーの激やせの現在に隠された衝撃の真相とは!?

最近、激やせしたと話題になっているアンジェリーナ・ジョリーさんですが、慈悲活動の一環として、3人の子供を養子として引き取るだけでなく、夫で俳優のブラット・ピットさんとの子供を3人出産し、6人のママとしても有名ですよね。

しかし、アンジェリーナ・ジョリーさんは2013年にがんを患っていないにも関わらず、乳がんを予防するために、健康な両乳房を切除しました。

また、今年になって卵巣がんを予防するために両側の卵巣と卵管を切除する手術を受け、世間を驚かせましたよね。

なんでもアンジェリーナ・ジョリーさんの母親が49歳で卵巣がんと診断され、乳がんも患い、56歳で亡くなっている上に、自身も細胞のがん化を防ぐがん抑制遺伝子「BRCA1」に生まれつき異常があることがわかったのだとか。

そのため、何もしなければ87%の確率で乳がんに、50%の確率で卵巣がんになると診断されていたそうなのです。

3人の養子と3人の実子の計6人の母であるアンジェリーナ・ジョリーさんは、

「これで、私の子供たちは『ママは卵巣がんで亡くなった』と言わなくて済むようになった。」

と雑誌のインタビューで語っています。

しかし、現在のアンジェリーナ・ジョリーさんは、身長が169cmに対して体重は38kg弱と言われており、激やせぶりが目立っています。

そんな彼女を見て、家族は心配し、

「夫ブラッド・ピットと6人の子供達は、あと数年で彼女が死亡するのではないかと恐れている。」

とタブロイド誌は伝えているようです。

さらに、卵巣及び卵管切除手術を受けたアンジェリーナ・ジョリーさんは、まだ40歳ですが、手術の影響もあり更年期障害の症状が出だしたそうです。

ちなみに、更年期障害の主な症状で、抵抗力が低くなり、疲れやすくなったり、心身ともに不安定な状態になったりするそうなのですが、それを乗り切るための方法として、食生活の見直し、主にバランスの取れた食事で栄養を十分に取ることが挙げられるそうです。

③アンジェリーナジョリー

アンジェリーナ・ジョリーさんは、大きな病気を患って激やせしたわけではないことがわかりましたが、家族が心配しているように、このまま激やせしていくと、生命の危機につながる可能性があるかもしれませんよね。

これから家族とずっと楽しく過ごしていくためにも、アンジェリーナ・ジョリーさんには健康的な食生活を心がけ、以前のような健康的な体でスクリーンに戻ってきてほしいですものですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ