江角マキコの落書きに隠された衝撃の真相とは!?子供の学校がヤバイ!?

thumbnailモデル出身のスラリとしたプロポーションと、そのサバサバした語り口調から同性のファンが多いことでも有名な女優の江角マキコさん。

その江角マキコさんと長嶋一茂さん宅の「落書き事件」に隠された衝撃の真相とは、一体どのようなことなのでしょうか?

また、江角マキコさんの子供が通う学校を調べていたらヤバイことが分かりました!

今回は、そんな気になる江角マキコさんと、その子供が通う学校についていろいろ調べてみました!

スポンサーリンク

プロフィール

名前:江角 マキコ(えすみ まきこ)
生年月日:1966年12月18日(49歳)
出身:島根県出雲市
身長:170 cm
血液型:AB型
事務所:インクワイヤー

1985年:旧・日本たばこ産業女子バレーボールチームの選手として活躍。
1994年:モデルとして矢沢永吉のアルバム「the Name Is…」のジャケット写真に登場。
1995年:「幻の光」で初映画出演、「輝け隣太郎」(TBSテレビ)で初ドラマ出演を果たしてこの年、女優としてデビューする。
1997年:「月の輝く夜だから」(フジテレビ)でドラマ初主演。
2000年:テレビ放送関係者の平野眞と再婚(初婚は1996年、桐嶋ローランド。9か月後に離婚)
2001年:「ピストルオペラ」で映画初主演。
2005年:長女を出産。
2009年:長男を出産。
2014年:研音より独立。

江角マキコの落書きに隠された衝撃の真相とは!?

江角マキコさんといえば、ドラマ「ショムニ」(フジテレビ)での演技から「強気キャラ」が定着しているカッコイイ女優さんの1人ですよね。

しかし、どうもここ最近の江角さんからは、そのカッコイイというイメージが揺らぎ始めている様子なのです。

というのも、端を発した「長嶋一茂家、落書き事件」を、江角マキコさんの元マネージャーがやっていたことが明るみに出て以来、次々と江角さんを取り巻く状況に暗雲が立ち込めてきている気がしてなりません。

その「落書き事件」とは、さかのぼること丸3年以上も前の2012年の暮れ、長嶋一茂さんの新築されたばかりの豪邸の壁に、なんと赤いペンキで「バカ息子」などの落書きがされていたのだそうです。

その落書きが発覚した時、長嶋家は家族で海外へ旅行中で、一茂さんのマネージャーからの一報で被害を知ったそうなんですよね。

しかし、有名人へのこの手の迷惑行為は、残念ながらよくあることでもあるらしく、長嶋一茂さん宅への落書きも警察へ被害届を出すも、特に表沙汰になることはないまま年月は過ぎていました。

ところが、その落書きがあってから2年近くが経って、あらためて「長嶋一茂宅、落書き事件」としてマスコミに取り上げられるようになった事情には、先ほども書いたように当時、江角さんのマネージャーだった人が「やったのは自分」だと名乗ったことからでしたよね。

no1

しかし、どうして2年近くも経ってから江角マキコさんの元マネージャーは、名乗り出たのでしょう。

このタイミングの不自然さゆえに、様々な憶測が飛び交っているようです。

そもそも、2014年から2015年にかけて江角マキコさんの周囲は、激変したと言っても過言ではないような出来事が次々と起こっていますよね。

2014年3月:研音プロダクションより独立して、個人事務所を立ち上げる。

2014年7月30日:江角さんが自身のブログに「人は人、自分は自分」というタイトルで、「ママ友からイジメを受けていた」ことを告白する記事をアップ。

2014年8月:「女性セブン」が8月21日、28日号に渡って、「江角マキコは加害者」とする抗議文が、当時のママ友とされる人からの告白記事として掲載。

2014年8月末以降:各情報誌が入り混じり、江角マキコさんの子供が通う学校での保護者同士の関係を詮索。

2014年9月:「週刊文春」に、江角さんの元マネージャーが長嶋一茂さん宅への落書きをしたことが掲載。

しかも、その内容には

「彼女(江角マキコさん)に指示されてやった」

「スプレー代金として10万円を渡された」

などと書かれていたと報じるニュースサイトが多数ありました。

一方、これを受けて江角マキコさん側が取った対応は、やはり自身のブログにての謝罪で、現在に至るまで完全ノーコメントの姿勢を貫いているようですね。

こちらが2014年9月9日にアップされた江角さんのブログ記事内容の一部です。

(以下引用)
『~前略~

私自身、週刊誌でこの件を初めて知った次第で、その後、元マネージャーから私に対し、このような事態をおこして迷惑をかけたとして謝罪の連絡がありました。

~以下略~』
(引用元:http://ameblo.jp/esumi-makiko/entry-11922458368.html)

そしてなぜか、江角マキコさんのブログの更新は、この日を最後に止まったままとなっています。

さらに2014年9月11日に放送された「スーパーニュース」(フジテレビ)では、警察の事情聴取で元マネージャーは長嶋さん宅への落書きを、「自分の一存でやった」と証言したことを伝えていました。

けれどもその後、江角さんは、レギュラー番組からも次々と姿を消している上に、スポンサー契約の打ち切りも数多く噂されています。

これら一連の騒動が、芸能関係にとどまらず教育関係にまで波紋が広がっているのは、江角マキコさんの長女ちゃんが通っている名門私立小学校でのママ友トラブルが発端とも見られている一面もあるからでしょう。

しかし、当の落書きをしたと言う江角さんの元マネージャーは、噂では今でも研音に在籍しているそうで、その研音は「落書き事件」に関して週刊文春のインタビューに「ノーコメント」なのだそうです。

というわけで、今回の「落書き事件」の裏に隠された真相は、まだまだこれからたくさんの証言や人間関係、業界の裏側などの真実や衝撃と共に暴かれていくのかもしれませんが、事務所独立と関係している可能性すらあるのではないでしょうか。

独立直後にいばらの道を歩むことになってしまったかのような、江角マキコさん共々、この件に関しても引き続き追っていきたいと思います!

スポンサーリンク

江角マキコの子供の学校がヤバイ!?

そんな大人たちの思惑に振り回される形となってしまった、江角マキコさんの長女ちゃん(現在9歳)ですが、なんとすでに名門私立小学校から転校していることを、情報誌「スポーツニッポン」が2014年9月16日に報じています。

no2

では、一体どこの学校に転校したのか、それを調べたところ現在もっとも有力とされているのが、都内にあるインターナショナル・スクールだという情報に辿り着きました。

なんでもそのインターナショナル・スクールは、開校してから歴史が浅く、生徒の半数以上は学年半ばで親の転勤に伴い転出したり転入したりするのだそうです。

そしてインターナショナル・スクールという名前からも分かるように、世界中の国から日本に来ている子供たちが通っている学校なので、保護者同士の関わり合いもお互いのプライバシーを尊重し、ほとんどがその場限りの浅い関係になるのだとか。

それならば江角マキコさんも、その長女ちゃんも世間の喧騒を離れて、ゆっくり学校生活を送れることでしょうね。

めでたし、めでたし・・・・・と、思ったら、「インターナショナル・スクール」について、ちょっと気になる記載を文部科学省の公式ホームページで見つけてしまいました。

(以下引用)
『インターナショナルスクール等に通っても就学義務の履行とは認められない。

二重国籍者については、「家庭事情等から客観的に将来外国の国籍を選択する可能性が強いと認められ、かつ、他に教育を受ける機会が確保されていると認められる事由があるとき」には、保護者と十分協議の上、就学義務の猶予または免除を認めることができるとされている。(昭和59年文部省通知)』
(引用元)
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/siryo/06042105/007.htm)

え?ということは、江角さんもそのご主人も日本国籍だとするなら、文部科学省の定めるところの「二重国籍」には、長女ちゃんは当確しないってことですよね。

それでは、憲法で決められている「9年の普通教育を受ける義務(権利)」である、義務教育が果たされないと言うことになってしまうと考えられます。

だとしたら、江角マキコさんの長女ちゃんが今、学校に通っていてもヤバイのではないでしょうか。

インターナショナル・スクールへ子供を通わせている有名芸能人は、他にもたくさんいますよね。

その義務教育に対して、どのような措置が取られているのか調べてみたところ、ぶっちゃけ「表向き」と「現実的」な差がありました。

・表向きとして

インターナショナル・スクールからの日本の学校への転入・進学はできない(上智大学など一部を除く)。

なぜなら、日本国籍の子供がインターナショナル・スクールへ通っても、義務教育課程を踏んでいるとは見なされないから。

・現実的として

「帰国子女枠」などの措置を設けている学校が多く、実際には編入や進学も可能。

進学も「国際バカロレア資格」を持っているスクールからならば、海外の有名大学への進学は、むしろ手続きが簡単になる。

義務教育不履行の届けは、親が管轄市町村へ申し出れば良い。

と、いうことらしいのです。

なるほど、「インターナショナル・スクール」と言ってもいろいろあるようなので、もしも自分や自分の子供を入学させようと考えるなら、十分な下調べが必要なようですね。

no3

ということで、9歳にして人生の岐路を経ることになった江角マキコさんの長女ちゃんですが、これからはより一層広い視野を養うことができると考えれば、今回の選択は大正解だったかもしれませんよね。

そんな江角マキコさんとその周囲を取り巻く状況からは、今後もますます目が離せそうになくなりました!

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・江角マキコの事務所の独立に隠された衝撃の真相とは!?夫と結婚するまでの過程がヤバイ!?

・江角マキコがゴチをクビになった背景のやらせがヤバイ!?引退の驚きの可能性とは!?

このページの先頭へ