樹木希林のがんがうそだったと言われる理由がヤバイ!?旦那との異常な関係とは!?

画像1日本を代表する女優でありながら、メディアでたまにとんでもない発言をしてしばしば話題になっている樹木希林さん。

2004年に乳がんを患い全摘手術を受けた樹木さんですが、2008年には体のあちこちにがんが転移してしまい医師からは「全身がんです」と言われたのだとか。

ただ、どうも樹木さんのがんが実は嘘なんじゃないかとネットで囁かれているみたいですね。

またの夫である内田裕也さんとの奇妙な夫婦関係も、周囲からは不思議に思われているみたいです。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:樹木 希林(きき きりん)
生年月日:1943年1月15日(73歳)
出身地:東京府東京市(現・東京都千代田区)
身長:159cm
血液型:A型

1961年:文学座付属演劇研究所に入り「悠木千帆」名義で女優活動をスタート。
1977年:テレビ番組のオークションコーナーで「売る物がない」という理由で自身の芸名「悠木千帆」を競売にかける。結果2万2千円で落札され「樹木希林」に改名。
2003年:網膜剥離で左目を失明。
2005年:乳癌が発覚し摘出手術を受ける。
2008年:紫綬褒章を受章。
2013年:第36回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。そのスピーチで全身がんであることを告白。

樹木希林のがんがうそだったと言われる理由がヤバイ!?

女優として芸能生活をスタートさせ、早くから頭角を現したようで、様々な映画やドラマで活躍されているという樹木希林さんですが、2003年に網膜剥離で左目を失明された後、乳がんも患ってしまい右乳房を全摘出しているようですね。

また、2013年にはあちこちに癌が転移していることが発覚したようで、日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞したときに「全身がん」だということを発表したのだとか。

画像2

いつもひょうひょうとした様子の樹木さんですが、ご自身ががんであることについても「準備ができるから、がんで死ぬのが一番いい」と発言されているそうです。

もちろん本当の心の内は分かりませんし、実際はいつ自分が死んでもおかしくないということで精神的にきついときもあるかと思うのですが、樹木さんの場合はいつもと変わらず、病院に入院することもなく女優活動を続けているらしいですね。

ただ、そんな樹木さんの元気にも見えるような様子から、ネットでは「本当にがんなの?」と疑う声もあるらしいのです。

どうも本来は「全身がん」という言い方はしないそうなのですが、樹木さんの場合は腸や副腎や脊髄にがんが転移するなど、体の数カ所にがんができてしまったことで「全身がん」という言葉を使ったとか。

ちなみに、がんの治療には手術、抗がん剤、放射線といった、3つのやり方があると言われているみたいですが、樹木さんはどの治療においても積極的ではないようで、10分程度のピンポイントの放射線治療で乗り切っていると言われているそうです。

そもそも、がんというのは末期状態になるまではそれほど症状がでるものでもなく、たとえ末期がんだったとしても最期まで元気な人も多いそうなのです。

そのため、がんの発見が遅れて、病院に行ったときには手の施しようがなくなっていたという方も少なくはないみたいですね。

また樹木さんは、左目を失明したときも「今までは色々なものが見えすぎた」とコメントしており、どうやら治療も全くしていないとか。

なんというか、随分と度胸が据わっていますよね!

実際にがんであっても死を覚悟しているからこそ、周囲には怯える様子を見せることなく、最期まで女優として生きていこうとしているのかもしれません。

スポンサーリンク

樹木希林と旦那の異常な関係とは!?

左目を失明したときにも「今までは色々なものが見えすぎた」とコメントし、マネージャーも事務所もなく、ラジオのように安い仕事は税務署に書かなきゃいけないのが面倒くさいから無料で受けているらしい樹木希林さん。

このようなエピソードからは、あまり物事に執着しない自由な人柄のように思えるのですが、そんな樹木さんがずっと繋ぎ止め守っているものが、夫である内田裕也さんとの絆のようですね。

画像3

というのも、樹木さんは内田さんと1973年に結婚したそうなのですが、2年後に別居、それから30年以上もの間別居生活を送っているというのです。

普通であれば、それだけ別居生活をしている夫婦なら、もう離婚してもいいようにも思えるのですが、樹木さんは絶対に離婚しないと言い切っているのだとか。

実は一度、内田さんが勝手に離婚届を提出したそうなのですが、樹木さんはわざわざ裁判まで起こして離婚を回避したというのです。

そもそも別居の理由というのが内田さんのDVが原因のようで、内田さんは他にも大麻取締法違反、銃刀法違反、女性にストーカー行為を行うなど、いくつかの逮捕・犯罪歴を持っているのだとか。

なので、本来なら樹木さんから三下り半を突き付けてもいいような気がするのですが……。

なんでも、樹木さんは「内田ほど何をしでかすかわからない、退屈しない人間はいない」と語っていたそうで、「好きといえば内田裕也という人間のすべてが好きでしょう」と、内田さんの全てを肯定する発言もされているみたいです。

画像4

また、「生まれ変わっても内田と出会いたくない」そうで、その理由が「彼と出会ったら、また好きになって大変な人生を送ることになるから」だというそうなのですから、樹木さんは本当に内田さんを深い愛で包んでいるのでしょうね。

一般的な感覚からすると、あまり理解できるものではないような気もするのですが、樹木さんと内田さんのような夫婦関係も、1つの絆の形なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ