浜田雅功が認知症と言われる理由がヤバイ!?息子の長男が異色過ぎる!?

画像1長い間、芸能界の第一線で活躍し続けているお笑い芸人ダウンタウンの浜田雅功さん。

芸人としてだけではなく、歌手としても大きな成功を収めていますよね。

お笑いファンから根強い人気を誇り、愛され続けている浜田さんですが、なんと認知症の疑いがあるというのです。

また、浜田さんの息子さんが実はかなりすごい人で、ネットで話題になっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:浜田 雅功(はまだ まさとし)
生年月日:1963年5月11日(52歳)
出身地:兵庫県尼崎市
身長:165cm
血液型:A型
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

1982年:小・中学校時代の同級生である松本人志を誘い吉本興業入り。若手タレント養成所「吉本総合芸能学院」第1期生になる。
1987年:バラエティ番組『4時ですよーだ(毎日テレビ)』で司会を務め、ダウンタウンが関西地区でアイドル的な人気を得る。
1988年:バラエティ番組『夢で逢えたら(フジテレビ)』で全国的に人気に火が付き東京進出。
1990年:タレント小川菜摘と結婚。

浜田雅功が認知症と言われる理由がヤバイ!?

お笑いコンビ「ダウンタウン」のツッコミとして、多くの若手芸人からも憧れの存在であるという「浜ちゃん」こと浜田雅功さん。

しかし、ずっと現役のまま活躍し続けてほしいと思わせるような魅力のある浜田さんですが、ここにきて「認知症なのでは?」という噂が広がっているというのです。

というのも、昨年末に放送された年末特番『絶対に笑ってはいけない名探偵24時!(日本テレビ)』で、浜田さんが認知症だと思われても仕方のないような“ボケ”たエピソードが暴露されたのだとか。

画像2

そこで、いくつか浜田さんの“ボケ”エピソードを紹介します。

・奥さんの小川菜摘さんが「肉炒め作っといたからチンして食べなさいね」と言って出かけた際、浜田さんは言われた通りチンしたのにも関わらず、それを忘れてしばらくその辺りをウロウロしているうちにお腹が空き、「なんでおかずがないねん!」と怒りながら卵かけご飯を食べた。

・浜田さんが後輩に電話をしたとき留守番電話だったのに、「来週の木曜はどんな感じですか? おいっ! お前聞いてんのか」と、相手の反応がないことに対して怒っているメッセージが残っていた。

・後輩芸人が浜田さんに誕生会を開いてもらったものの、その2日後に浜田さんに呼び出され「誕生日いつやった?」と聞かれた。

このように、テレビで聞いている分には面白い浜田さんの“ボケ”ですが、冷静に考えてみると、認知症の可能性に結びつくものもちらほらあるような気がします。

特に、後輩の誕生会を開いた2日後に本人に誕生日を聞くというのは、一般人だとアウトのようで、病院で検査したほうがいいレベルだそうです。

ただ、浜田さんには知人が多く、誕生会を何度も開いている可能性があるため、たまたまその後輩の誕生日を忘れてしまった可能性も否定できないのだとか。

また、浜田さんは「髭剃り機のキャップがついたまま髭を剃っていた」など、不注意からくるうっかりミスのエピソードも多かったようですから、もともと天然な方なのかもしれませんね。

とはいえ、キレのあるツッコミは健在ですから、これからも元気にいろんな方をどついていってほしいと思います!

スポンサーリンク

浜田雅功の息子の長男が異色過ぎる!?

かつては関西でアイドル並みに人気があったというダウンタウンの浜田雅功さん。

そんな浜田さんはタレントの小川菜摘さんと結婚され、息子さんが2人いらっしゃるみたいですね!

どうやら浜田さんの口から、ご自身のお子さんについてのことが詳しく語られることはあまりないようなのですが、長男の「ハマ・オカモト」さんは、現在ロックバンド「OKAMOTO’S」で活躍している、実力派のベーシストなのだとか。

画像3

こちらが、ハマ・オカモトさんで、本名は「郁未(いくみ)」さんというそうです。

本当に顔がお父さんそっくりというか、浜田さんの遺伝子が相当強かったのでしょうね。

どうやら、学生時代もとても優秀だったらしく、高校生のときには生徒会長も務めるなど充実した学生ライフを送っていたようです。

ちなみに、お父さんの浜田さんは、スパルタで有名な三重県の「日生学園」でとても厳しい教育を受け、脱走したこともあるというほどの恐ろしい高校生活を送っていたというのですから、対照的ですよね。

そんなハマ・オカモトさんがベースを弾き始めたのは中学のころからのようで、なんでも独学で学んでいたそうです。

そしてその実力が評価され、楽器ブランド「フェンダー社」と日本人で初めてエンドースメント契約を結んだのだとか。

このエンドースメント契約というのは、会社の楽器を提供してもらう代わりにそのメーカー外の楽器を使わないというものだそうです。

ちなみに、ハマ・オカモトさんはデビュー以前からフェンダー社のベースを愛用していたそうですね。

おそらく、浜田さんほどの有名人の息子ともなると、何かに成功すれば親の七光りと言われることも多いかと思うのですが、ハマ・オカモトさんの場合、本当に実力も備わっているのではないでしょうか。

そして、2013年にはハマ・オカモトさんがナビゲーターを務めるラジオで初めて、浜田さんと親子共演を果たしたそうです。

なんでも、ある日の食卓で「音楽で飯食おうと思てんの?」と聞いてきた浜田さんに、ハマ・オカモトさんは箸を止めて「そんなに甘くねえよ」と答えたのだとか。

そして浜田さんは、そのときの息子さんの顔と口調を忘れないとおっしゃっているようですが、「それやったらええわ」とも思ったそうで、息子さんの夢を見守るような発言に、なんだか素敵な親子関係が窺えますよね。

ハマ・オカモトさんはあまり表舞台には立たない方のようですが、いつか浜田さんとテレビでの親子共演を見ることができたらいいですね!

そのためにも、浜田さんにはまだまだバリバリと現役で頑張って活躍して欲しいと思います!

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・浜田雅功の浮気の過去が派手すぎてヤバイ!?天然すぎる驚きのエピソードとは!?

・浜田雅功が苦手な大物歌手kがついに明らかに!?実家のエピソードがヤバイ!?

このページの先頭へ