体中がかゆいのがヨーグルトで治るってホント?ストレスが原因?

サムネイル病院に行くけども治らない…そんな、アトピー性皮膚炎によるかゆみに悩まされている方はいませんか。

もしかすると、そのかゆみの原因は、「ストレス」によるものかもしれません。

ストレスが溜まると、胃腸の働きが悪くなり、胃腸の働きが悪くなると、ぶつぶつと発疹が出て、かゆみを引き起こすと言われています。

そこで、ストレスを受ける前に体に取り入れたいのが「ヨーグルト」です。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、胃や腸などの消化器官や臓器を正常な働きに戻し、かゆみの原因である湿疹などの肌トラブルを抑える効果があると言われています。

そこで今回は、かゆみでお悩みの方へヨーグルトでの予防法やそれ以外の方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

かゆみを抑えるには腸内環境を改善することが重要!?

では、なぜヨーグルトが注目されているのかというと、ストレスを解消できない多忙な現代人に対して最も合理的な策だからです。

私たちの日常には様々なストレスであふれています。

たとえば、仕事や職場でのストレス、家事や育児によるストレス、人間関係によるストレス等々、誰もがストレスの中で日々生活しているといっても過言ではありません。

なので、ストレスを感じても、規則正しい生活をしてストレスを解消できたら一番いいのですが、毎日、仕事や家事で多忙な現代人にとっては、「規則正しい生活をする」、「ストレスを解消する」ということは、なかなか難しいですよね。

また、ストレスはコントロールできるものでもないので、ストレスによる発疹やかゆみを防ぐには、常に胃腸の働きを整えて、予防しておく必要があります。

となると、腸内環境を整えておくためには乳酸菌の摂取がとても重要で、乳酸菌が多く含まれる「ヨーグルト」が、多忙な現代人には手頃な策と言えるのではないでしょうか。

ヨーグルトの継続的な摂取で発疹を抑え、予防することができる!?

ヨーグルトがなぜ、腸内環境を整えてくれるのかというと、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、腸内にある粘膜の中の穴(ストレスによって何らかの炎症を起こした部分)に入り込んで修復する働きがあり、また、腸内に異物が入ってきた時に、体内への進入を防ぐ働きがあるからです。

そして、そういう働きをもつ乳酸菌には、「1073乳酸菌」、「kw乳酸菌」、「r-1乳酸菌」、「l-55乳酸菌」など、多くの種類があるのですが、肌荒れやアトピー性皮膚炎などの改善に効果があると言われる乳酸菌もたくさん発見されているのです。

特に最近の研究では、アトピー性皮膚炎の人は腸内の善玉菌が少なく、悪玉菌が多いということが分かってきており、悪玉菌の影響で本来排出されるべき老廃物や毒素が血液に取り込まれてしまうと、皮膚の状態を悪化させ、これが発疹とかゆみを引き起こしたり、悪化させる原因の一つになってしまうのです。

したがって以上のことから、乳酸菌を摂取し続けることが重要で、そのようにして腸内環境を整えることで、発疹やかゆみの予防に効果があると考えられているのです。

乳酸菌を継続的に摂取することがアトピーの予防・抑制に重要!?

実際に、

乳酸菌を摂取して予防効果があるのか

ということが気になったので、実際に調べてみたところ、乳酸菌の一種である「L-92乳酸菌」を発見したことで知られる アサヒカルピスウェルネス(株) が公開している研究資料によると、成人のアトピーへの「L-92乳酸菌(乳酸菌)」の有効性が報告されています。

資料によると、アトピー性皮膚炎患者49名のうち、24名に「L-92乳酸菌」を含んだタブレットを、25名に「L-92乳酸菌」を含まないタブレットを摂取してもらい、その経過を比較したところ、「L-92乳酸菌」を摂取したグループでは、皮膚炎スコア(SCORAD※)が有意に低下したことが確認されたとのことです。

※SCORADとは、Scoring atopic dermatitisの略語で、アトピー性皮膚炎の重症度(皮膚症状とかゆみ)を指数化したものです。

また、「L-92乳酸菌」を摂取したグループは、アレルギー性炎症に伴って増加する血液中の好酸球数が、「L-92乳酸菌」を含まないタブレットを摂取したグループに比べて、有意に低下したことも報告されています。

したがって、この研究で試されたように、ヨーグルトではなく、乳酸菌を多く含んだタブレットで効果が出ているので、乳酸菌自体がアトピー性皮膚炎の症状に効果があるということになります。

必要な量の乳酸菌を無理せず摂り続けるために最も良い方法とは?

では、どのようにして乳酸菌を摂取すれば良いのかというと、主にヨーグルトや乳酸菌飲料などから摂取する方法と、サプリメントで摂取する方法があります。

そもそも、摂取した乳酸菌が有効的に作用するためには、死菌でも1兆個以上は必要だと言われています。

ただ、1兆個と言われても、ヨーグルトに乳酸菌が何個入っていると書いてあるわけではないので、数として考えるのはなかなか難しいと思います。

そこで身近な例で言うと、プレーンヨーグルト250mlで摂取できる乳酸菌は約20億~30億個、乳酸菌飲料でおなじみのヤクルトは1本(65ml)で150億個ほどだそうです。

ですので、プレーンヨーグルトで1兆個以上の乳酸菌を摂取しようとすると、1日に1,250ml(450g入りのヨーグルトおよそ3個分)を食べ続ける必要があります。

また、ヤクルトで1兆個以上の乳酸菌を摂取しようと思っても、1日に390ml(およそ6.6本)を飲み続ける必要があります。

ただ、わずかな期間だけヨーグルトやヤクルトを必要量食べたり飲んだりすることはできても、それを毎日続けて1兆個以上の乳酸菌を摂取しようとすると、私たちのお腹やお財布が苦しくなってしまい、現実的ではありませんよね。

そこでオススメなのが、サプリメントで乳酸菌を摂取する方法です。

体にもお財布にも優しい続けられるサプリメントとは!?

私が乳酸菌の摂取にサプリメントを勧める一番の理由としては、体内に摂取して腸にしっかり行き届かせる上で、サプリメントが最も効果的だからです。

実は、乳酸菌は継続して摂取することがとても重要で、1度や2度、乳酸菌を摂取したからといって、腸内環境が改善されるものではありません。

つまり、毎日継続して、1兆個以上の乳酸菌を腸内へ届けてあげることで、ストレスにも負けない腸内環境へとパワーアップさせることができるのです。

ただ、いろいろなサプリメントが販売されているので、どんなサプリメントを選んだら良いか迷ってしまいますよね。

そこで、私がオススメするのが「ピュアラクトEX16」というサプリメントなのですが、この商品は、1本(2g)に、なんと3兆個もの濃縮された乳酸菌が入っており、統合医療(相補代替医療)でも注目されるほど信頼されているサプリメントなのです。

ただ、どんなに良いものであってもやっぱり気になるのが価格ですよね。

そこで、1日当たりの「乳酸菌の摂取量」を単価として比較すると、「ピュアラクトEX16」が断然お得なのが分かると思います。

たとえば「フジッコ 善玉菌のチカラ」という商品で乳酸菌1兆個(1日あたり)の金額を算出した場合、1箱31粒入り2,550円で、1粒に含まれる乳酸菌は約20億個で、こちらの商品で1兆個(1日あたり)の乳酸菌を摂取しようとした場合、なんと4,112円も掛かってしまうのです。

しかし、「ピュアラクトEX16」であれば、乳酸菌1兆個(1日あたり)の金額を算出すると「77円」となるので、1日当たりの「乳酸菌の摂取量」を単価として比較すれば、摂取量と価格のどちらともベストな商品と言えるのです。

また今だと、サンプル3本と「ピュアラクトEX16」について詳しく書かれた資料がついて、お試し価格1,000円から購入できますので、効果が気になる方は、ぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか。

サプリメント:3兆個濃縮乳酸菌のご購入はこちら

このページの先頭へ