渡哲也の病気と妻の関係に隠された真相がヤバイ!?渡瀬恒彦との意外な仲とは!?

画像1日本の芸能界、俳優界の中でも一線で活躍されている「昭和の俳優」といえば渡哲也さんですよね。

その演技中の渋さは男女問わず憧れの的だったのではないでしょうか。

さて、そんな渡さんですが、昨年に急性心筋梗塞を患い、緊急手術を行いました。

一命はとりとめたものの、あと少し治療が遅れていれば手遅れだったかもしれないとお医者さんも言っていたそうですね。

ただ、渡さんは今回だけではなく、過去にも様々な難病を患っていました。

しかし、そんな難病に立ち向かえたのは、妻である俊子さんの存在があったからだとか。

さらに、弟である渡瀬恒彦さんとの関係も注目が集まっているだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:渡 哲也(わたり てつや)
本名:渡瀬 道彦(わたせ みちひこ)
生年月日:1941年12月28日
出生地:兵庫県
身長:180 cm
所属:石原プロモーション
代表的作品:『西部警察』『太陽にほえろ!』『時雨の記』『仁義の墓場』など。

1965年:『あばれ騎士道』でデビュー。
1973年:『くちなしの花』で全日本有線放送大賞金賞、
1976年:『やくざの墓場 くちなしの花』でブルーリボン主演男優賞を受賞。
その他、映画、ドラマ、CMなど幅広く出演。

渡哲也の病気と妻の関係に隠された真相がヤバイ!?

画像2

昨年、急性心筋梗塞により、手術を行った渡哲也さん。

現在、渡さんは自宅で治療に専念されているそうなのですが、退院後に渡さんと電話をした舘ひろしさんは「妻にいじめられている」と聞いたのだとか。

心筋梗塞を患った身体に一体、渡哲也さんの奥さんは何をしてるのでしょうか!?

ここで少し、奥さんに関する情報をご紹介いたします。

奥さんの名前は俊子さんで、渡哲也さんとは大学時代からのお知り合いだったそうですが、在学中からお付き合いされているという噂もあります。

しかし、渡哲也さんの意向により、俊子さんは一般の方なので、これ以上の情報は公開されてません。

そんな俊子さんなのですが、今回の件に関して、誰よりも早く異変に気付いたそうで、すぐに病院に連れていったらしいのです。

そして、検査の結果は急性心筋梗塞だったのですが、俊子さんの早期発見によって手術も通常と比べると短時間で終了したそうですね。

また、手術後はCCU(冠疾患集中治療室で、循環器系、特に心臓血管系の疾患を抱える重篤患者を対象としたもの)にてリハビリが開始され、1カ月ほど入院されていたそうなのですが、その1カ月間、なんと俊子さんはずっと泊まり込みで看病していたそうなのです。

さらに、退院後には俊子さんが予め購入しておいた数々のリハビリマシンが自宅に用意されていたらしく、渡さんに付きっきりでリハビリに挑んでいるそうですよ。

その状況を想像すると、渡さんがいじめられているっていう意味がなんとなくわかりますよね(笑)。

しかし、渡さんは過去に何度も難病を患っていました。

特に、1972年には胸膜炎、1991年には大腸がんと診断されています。

ただ、その時も俊子さんの献身的なサポートがあったので、その甲斐あって、今の渡さんがいると言っても過言ではありません。

このように、渡さん夫婦の関係はもはや一心同体とも言うべきヤバイ関係ですが、1日でも早く回復し、またテレビでお元気な姿を見れることを楽しみにしたいですね。

スポンサーリンク

渡哲也と渡瀬恒彦の意外な仲とは!?

渡哲也さんの弟は渡瀬恒彦(わたせつねひこ)さんですが、この2人の兄弟関係が意外だと話題になっているそうです。

画像3

実はこの2人、所属事務所が違うんですよね。

渡哲也さんは石原プロモーション、渡瀬恒彦さんは東映マネージメントにそれぞれ所属しています。

仮にですが、もし私が渡哲也さんだったら実の弟を同じ事務所に入れたいと思うのですが、画像ではがっちりと握手していますが、彼らは仲が悪いのでしょうか?

また、2人が共演した作品というのは3作品のみです。

2011年に放送されたTBS系ドラマ「帰郷」で共演を果たしたのですが、なんと共演は40年ぶりだったそうですよ。

お互い俳優として間違いない実力者ですよね。

仮の話なのですが、私が兄なら実力のある弟と共演を願うと思います。

それに、渡哲也さんぐらいになれば、キャスティングの指名も出来ると思うのです。

ということは、やはり兄弟仲は悪いのですね・・・と思ったのですが、少し調べるといろいろなことがわかりました。

まず、石原プロモーションになぜ渡瀬恒彦さんが所属しなかったかといいますと、石原プロモーションの経営危機が原因だったそうです。

渡哲也さんにとって弟が同じ事務所に所属するというのは喜ばしいことだったそうなのですが、石原プロモーション自体が当時赤字で、いつ潰れてもおかしくなかったそうです。

そのため、そんな事務所に入らせると弟の俳優としての道を失わせると思い、渡哲也さんが所属をさせなかったのだとか。

また、「帰郷」の次に共演することになった作品「十津川警部」に関しては、渡瀬恒彦さんが渡哲也さんのご自宅まで足を運び共演を誘ったとのこと。

最初は体調を理由に断っていた渡哲也さんでしたが、 1カ月もの時間を費やし口説いたことにより、出演を承諾したらしいです。

ということは、ちゃんと仲が良いんですね!

とあるインタビューにおいて、渡瀬恒彦さんは「頭のあがらない兄」と敬っており、渡哲也さんも弟さんのことを「うまい役者になった」と称賛しているそうです。

仲が悪いどころか、意外にもお互いがお互いを想い、愛し合っているいい兄弟じゃないですか!

渡哲也さんは大病を患うことが多いですが、献身的な支えをいじめと冗談を言えるほど信頼している妻と尊敬している弟に支えられてまだまだ芸能人生が続きそうですので、今後の兄弟共演作品にも乞うご期待ですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ