満島真之介の嫁が山田花子に似ててヤバイ!?演技が下手と言われる驚きの理由とは!?

画像12016年9月公開の映画「オーバー・フェンス」への出演が決まった満島真之介さん。

共演者にはオダギリジョーさん、蒼井優さん、松田翔太さんといった実力派の俳優さんが並んでいますが、満島さんの演技が下手だという噂があるのだとか。

また、満島さんは結婚しているのですが、そのお相手の方が、芸人の山田花子に似ていると話題になっているそうです。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:満島 真之介(みつしま しんのすけ)
生年月日:1989年5月30日(26歳)
出身:沖縄県
身長:177 cm
血液型:B型
所属:ユマニテ

2010年:ドラマ「おそるべき親たち」俳優デビュー。
2011年:ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」出演。
2012年:朝ドラ「梅ちゃん先生」出演。映画「11・25自決の日 三島由紀夫と仲間たち」出演。
2013年:映画「風俗行ったら人生変わったwww」主演 。映画「永遠の0」出演 。
2015年:ドラマ「恋愛時代」出演。

満島真之介の嫁が山田花子に似ててヤバイ!?

満島真之介さんと言えば、やはり女優の満島ひかりさんの弟さんとして有名ですが、2人とも同じ事務所で芸能活動をされているそうですよ。

兄弟画像

ルックス的にはお祖父さんがフランス系アメリカ人のためにクォーターなので、普通の日本人の俳優さんとは異なる顔立ちをしていますよね。

そして、俳優としてデビュー前は学童保育でアルバイトや映画の助監督をしていたようですよ。

そんな満島さんのお嫁さんは玉井夕海さんという方なのですが、明るく楽しい性格とのことで、結婚後もお仕事を続けています。

そして、気になる馴れ初めですが、玉井さんはもともとお姉さんのマネージャーだったので、満島真之介さんとは家族ぐるみの付き合いになっていたみたいですね。

その後、2人は1年半の交際の末、2014年に結婚されたのですが、 イケメンの満島さんを射止めた玉井さんの画像がコチラです。

画像2

この画像で見ると、身長もそんなに高くなさそうなので、確かにどこか山田花子さんと似ている点があるかもしれないですね。

そこで、バッチリ決めた玉井さんと山田花子さんを比較したのがコチラ!?

比較

こうやって比較すると、山田花子さんをイケメンにすると、玉井さんになるという感じがしませんか?

玉井さんは満島真之介の7歳上ということで姉さん女房ということになるのですが、大女優となった満島ひかりさんを管理しているくらいなので、かなりの敏腕マネージャーのようですよ。

ただ、お子さんはまだのようですね。

でも、満島真之介さんは学童保育のアルバイト経験があるので、きっと子供も好きだろうし、家庭に協力的なイクメンとして注目される日がくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

満島真之介の演技が下手と言われる驚きの理由とは!?

映画「オーバー・フェンス」では、役作りのために一か月間の不眠生活を敢行し、役どころである”逃げ場のなさ”を表現したと話題になっている満島真之介さん。

役に惚れ込む役者さんはまれに耳にしますが、ここまでストイックに身体を掛けて作品に臨む男らしさや演技への熱意はお姉さんの満島ひかりさんとも共通するものがありますよね。

もしかしたら、満島さんの生まれながらの性格だけでなく、育ってきた環境が関係しているのかもしれません。

そんな満島さんですが、最近ではアニメ版「僕だけがいない街」への出演もあり、ますますの活躍が注目されているのですが、そんな努力や熱意とは裏腹に演技が下手だという噂があるのです。

そこで、演技が下手という噂について調べてみると、どうやらドラマ「紙の月」に出演された時のもののようですね。

kaminotuki_jacket

ただ、そのときはちょうど芸能界に入りたてで、演技についての経験も浅く、まだまだ演技力が乏しかったのかもしれませんね。

また、演技の勉強や俳優業に対する考えも、現在とは違っていたのではないでしょうか。

さらに、アニメでの声の出演経験があるため、実際に顔を出して演じたり、動作が伴ったりすると、見ている側にとって違和感があったのかもしれません。

加えて、お姉さんが大女優となった満島ひかりさんなので、お姉さんの演技力を基準に満島さんの演技力も判断されているというのもあるでしょう。

ただ、環境による比較は避けられない宿命ですが、彼の演技に惹かれる監督やファンも多くいるからこそメディアの露出が増えてきているのは事実ではないでしょうか。

満島さんの場合は、お姉さんだけでなく、お嫁さんも芸能関係で仕事をしているのでプレッシャーもあるかもしれませんが、今後の活躍を期待したいものですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ