恵俊彰の嫁が高齢出産した年齢がヤバイ!?年収の驚くべき実態とは!?

画像1恵俊彰さんはお笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍する一方、ピンでも活躍していますよね。

軽妙な語り口と抜群のトークセンスは、まさに芸人さんならではのものでテレビ番組で司会を務めたり、ニュースキャスターとして活動しています。

そんな恵さんなのですが、お嫁さんが高齢出産した年齢がヤバイと話題になっているそうです。

さらに、恵さんの年収には驚くべき実態があるのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:恵 俊彰(めぐみ としあき)
本名:恵 俊彰(めぐみ としあき)
生年月日:1964年12月21日(51歳)
出身地:鹿児島県
血液型:O型
身長:170 cm
所属:ワタナベエンターテイメント

1987年:渡辺プラダクションに所属。
1989年:石塚英彦とホンジャマカ結成。
1990年:フジテレビの「上岡龍太郎にはダマされないぞ!」に出演。
1991年:映画「桃色探偵団PINK DICKS3狙われたトランプスーツ」で映画初出演。
1998年:テレビ番組「ロケットパンチ」で初司会を担当。
2009年:TBSの情報番組「ひるおび」のメイン司会者に就任。
2015年:TBSのドラマ「下町ロケット」に出演。

恵俊彰の嫁が高齢出産した年齢がヤバイ!?

恵俊彰さんは芸人さんとしてテレビで活躍しているのですが、お子さんがたくさんいるということでも有名ですよね。

実際、恵さんには4人も子供がいるそうなのですが、現在の日本だと子沢山ということが言えるかと思います。

そんな恵さんなのですが、4人目のお子さんを産むにあたって恵さんのお嫁さんが高齢出産となり、その年齢が話題になっているそうです。

最近は高齢出産をする女性も多くなってきているのですが、出産をした時のお嫁さんの年齢はどれくらいだったのでしょうか。

そこで調べてみたのですが、まず恵さんのお嫁さんは元ホンジャマカのメンバーで松本美貴さんという方だそうです。

画像2

ホンジャマカは元々、11人組のグループだったそうなのですが、そのホンジャマカが解散をした後に恵さんが改めて石塚英彦さんとホンジャマカというコンビを組んだそうです。

なので、現在のホンジャマカとは違うものの、お嫁さんは恵さんと同じホンジャマカのメンバーだったということで、かなり意外ですよね。

そして、同じグループで活動していたことから恵さんと松本さんは交際をして結婚し、現在は4人もの子宝にも恵まれたのだとか。

画像3

そこで恵さんのお子さんについて詳しく見ていくと、長男の俊太君は平成9年生まれ、次男の楓徒君は平成16年生まれ、長女の愛結ちゃんは平成20年生まれ、三男の暖真君は平成24年生まれということになるそうです。

長男の俊太君と三男の暖真君は15歳も年齢が離れているということになるようなのですが、これを見るだけでもお嫁さんはかなりの高齢出産だったということがわかりますよね。

そして、三男の暖真君を出産したお嫁さんの年齢についてなのですが、お嫁さんの年齢が公表されていないために出産した年齢はわかっていないのだとか。

ただ、お嫁さんは元ホンジャマカのメンバーであったということで、恵さんとほぼ同年代で同じ位の年齢だと言われているそうです。

なので、暖真君を出産した時は40代半ば位であったと言われているそうなのですが、かなりの高齢出産ですよね。

さらに、暖真君を出産した時には急な陣痛に見舞われたために病院に行くのが間に合わずに自宅で出産をして、へその緒がついたまま救急車に乗って病院に駆け込んだのだとか。

恵さんは自宅にいなかったのでお嫁さんは子供達と一緒に力を合わせて出産をしたそうなのですが、高齢出産に加えて自宅出産というのは凄いですよね。

画像4

ちなみに、上の画像は運動会での恵さんと暖真君だそうなのですが、暖真君の成長が感じられますね。

暖真君といる恵さんはテレビで見る普段の恵さんと違うやさしい表情をしているようにも見えるのですが、良いパパぶりが伺えます。

スポンサーリンク

恵俊彰の年収の驚くべき実態とは!?

芸人さんは冠番組を持つようになったり、CMなどに出演するようになると、かなりの高収入になることが多く、年収の高い人が多いですよね。

名の知れた芸人さんは億を超える年収であることもざらなのですが、恵俊彰さんの年収についても注目が集まっているそうです。

あれだけテレビ番組に出演している恵さんなのでかなりの年収をもらっていそうなのですが、どのくらいの年収なのでしょうか。

画像5

そこで、恵さんの年収について調べてみたのですが、まず恵さんのギャラについて見ていきたいと思います。

恵さんというと司会を務めているTBSの情報番組「ひるおび」がありますが、この「ひるおび」は一回の司会のギャラが110万円だと言われているのだとか。

なので、「ひるおび」のギャラだけで月収2200万円となり、年収は約2億5千万円くらいだと言われているそうです。

画像6

これは「ひるおび」のギャラだけを単純計算したものになるのですが、恵さんは「ひるおび」以外にもテレビ番組で司会を務めることも多いですし、CMなどにも出演をしているので、それらのギャラを加えると年収は3億円以上になるのではないかと噂されているのだとか。

3億を超える年収ということでまさに驚きの実態なのですが、売れっ子の芸人さんの中でも年収3億円というとトップクラスの年収ですよね。

ただ、日頃の恵さんの司会ぶりなどを見ていると、それだけの年収をもらっているというのも納得ですよね。

お嫁さんが高齢出産をして子供を産んだりと私生活でも順調な恵さんであるのですが、子供が4人もいても約3億円もの年収があれば子育てにかかるお金などについては全く心配いらないですよね。

今後も恵さんは司会者としてとして様々な番組で活躍していくと予想されるので、まだまだ現在の年収は維持されていきそうです。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・恵俊彰が嫌いと言われる理由がヤバイ!?太田光との共演NGの驚きの真相とは!?

このページの先頭へ