「善悪の屑」のネタバレ!ウシジマくんより面白くてヤバイ!(今話題!)

「善悪の屑」とは?

善悪の屑は、一言でいうなら、『極道な人とチンピラに見える人が、胸がスカッとする復讐劇を繰り返す話』、です。

ただ、実話が参考にされているだけあって、ここに出てくる事件は全て現実に起こっていてもおかしくないほどリアリティに満ちていて、それが見事に復讐されるわけですから、読んでいて胸がスッとしますね。

なので、ストレスを抱えていたり、なにかスカッとしたいといった方におすすめの作品です。

↓↓↓

善悪の屑1巻の無料立ち読みはコチラ!?

(「ぜんあくのくず」で検索)

少年漫画も青年漫画もオンラインコミックを100円レンタル、電子貸本Renta!

ネタバレ・あらすじ

カモメ古書店という少し寂れた雰囲気の書店へ、一人の女性がやってくると、奥に座っていたのは見るからにガラの悪そうな、ヤクザ風の男性。

そんなヤクザ風の男に、「この本、いくらですか?」と声をかける女性。

坊主頭にサングラスをかけ額には傷のあるヤクザ風の男「カモ」は女性の見せた一冊の本に「いくら出せるの?」と問いかけます。

それに対して女性は「お給料の3ヶ月分で・・・」と答えると、カモは女性を奥に案内します。

奥の和室にはもう一人、別の男が。

長髪で関西弁を話すその男「トラ」は女性を席へ案内します。

女性は席につくと、ある事件でお世話になった刑事にどうしても耐えられないようならここに相談しろ、と言われたと、ここに来た経緯を話し始めました。

7年前、彼女はシングルマザーとなり、1歳半の息子を育てていました。

しかし、そんなある日突然、宅配を装った強盗に襲われ、息子を殺されてしまったあげく自分も腹を刺され強姦されたのだと、言いました。

その後、その加害者は捕まったものの、まだ未成年ということで大した罪にも問われず去年出所したのだといいます。

しかし、彼女の無念は晴らされるわけもなく、復讐に燃えた女性は、復讐屋であるこの古びた書店に依頼をしに来たのです。

ただ、カモはこの仕事は儲けるためにやっているんじゃない、自分の気分次第だと告げます。

ふと女性が脇の仏壇を見るとそこには女性と子供の写真が。

トラはこういう人のために復讐屋があるんだから引き受けるべきだと反論。

渋るカモに女性はあの子の夢を毎日見るんだと、あの子は今でも泣き続けているんだと泣いて訴えます。

女性の熱意に押されたカモは依頼を引き受けるのでした。

そして二人の男は加害者の元へやってきます。

なに食わぬ顔で働いている加害者の男。

そんな男に感情むき出しで向かっていき殺そうとするトラをカモは冷静に止めます。

簡単に殺したんじゃ意味がない、まるでそういうように。

男を気絶させ、ある倉庫らしき建物の中に連れて行った二人は、男を全裸にして椅子に縛り目隠しをします。

そして、そばのワゴン車には被害者の女性が乗っていました。

何がなんだかわからない男はわめきますが、カモは男の声帯を切断。

声が出せない状況にした上で、さらに復讐劇が続いていきますが、その後、驚きのクライマックスが・・・。

↓↓↓

善悪の屑1巻の無料立ち読みはコチラ!?

(「ぜんあくのくず」で検索)

感想

正直、この漫画を見て、復讐内容にびっくりしましたが、大事な人を失った被害者やその家族にとっては当然の報いかな、とも思ってしまいました。

現実でもこのような事件は頻繁に起こっているわけで、見ていて刑が軽すぎると思ったこともありますよね。

残された人のやりきれない思いを背負ってカモとトラが復讐していく様は胸がスッとすることも多くあります。

ただ、そんな単純な復讐劇に終わらないのがこの作品の面白いところなのですが。

「闇金ウシジマくん」が好きな方にはまずオススメですし、それ以外でも内容に興味がある方は試し読みをしてみてはいかがでしょうか。

↓↓↓

善悪の屑1巻の無料立ち読みはコチラ!?

(「ぜんあくのくず」で検索)

このページの先頭へ