福原愛と父の不仲の原因がついに明らかに!?石川佳純との不仲の驚きの真相とは!?

画像1人気のスポーツ選手は数多くいるのですが、福原愛さんは国民的な人気を得ていますよね。

子供の頃からテレビ番組に出演をしていたこともあって、お茶の間でも人気なのですが、若いスポーツ選手の中では人気実力共にトップクラスです。

そんな福原さんなのですが、父親との不仲の原因について注目が集まっているそうです。

さらに、石川佳純さんとの不仲の真相についても話題になっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:福原 愛 (ふくはら あい)
本名:福原 愛 (ふくはら あい)
生年月日:1988年11月1日(27歳)
出身地:宮城県
身長:155 cm
血液型:B型
所属:全日本航空

1992年:テレビに出演し天才卓球少女と呼ばれる。
1993年:全日本選手権バンビのぶで優勝。
1998年:ミキハウスとスポンサー契約を結ぶ。
2000年:ジャパンオープンに日本代表として初出場。
2004年:両親が離婚。アテネオリンピック出場。
2008年:北京オリンピック出場。
2012年:ロンドンオリンピックで団体戦銀メダルを獲得。
2013年:父親の福原武彦が死去。
2014年:仁川アジア競技大会で団体戦銀メダル獲得。

福原愛と父の不仲の原因がついに明らかに!?

福原愛さんは卓球でオリンピックに出場をして団体戦で銀メダルを獲得するなど大活躍をしていますよね。

子供の頃には「泣き虫愛ちゃん」としてバラエティ番組などでも取り上げられて大人気でした。

そんな福原さんなのですが、実は父親と不仲で、その原因について話題になっているそうです。

スポーツ選手は父親や母親とは仲が良いことが多いのですが、一体、どのようなことなのでしょうか。

そこで、調べてみたのですが、福原さんと父親の不仲の原因というのは父親が作った借金なのだとか。

福原愛さんの父親は福原武彦さんで、2013年に亡くなっているのですが、福原武彦さんが亡くなった時に、福原愛さんが父親とは不仲であることを明かしたFAXをマネジメント事務所を通してマスコミに送ったことが発覚したそうです。

画像2

福原愛さんからのFAXには、2008年以降は一度も会っておらず

「以後は電話やメールでのやり取りも一度もない関係となりました」

と書かれていて、マスコミを大きく驚かせたのだとか。

福原武彦さんが子供の頃から福原愛さんを卓球選手にするために子供の頃からトレーニングを重ねていたので、2008年から2013年まで一度も会うこともなく連絡も取らなかったことに衝撃を受けた人も多かったのだとか。

画像3

福原愛さんが父親の福原武彦さんと不仲になったのは、福原武彦さんが経営していた会社が1998年に倒産してしまい、1億円とも1億5千万円とも言われる借金を背負っていて、それを福原愛さんが代わりに返済していたことにあるそうです。

スポーツ選手として人気である福原愛さんであるので、CM出演やスポンサ-契約などで、かなりの収入があったと言われているのですが、その大部分が福原武彦さんの作った借金の返済に回っていたのだとか。

福原さんの当時の収入は

CM一本 3000万円

スポンサーのグランプリとの契約金 1億円

であったそうなのですが、借金を返済するためにこれ以降は所属先をいくつか移動するなどしていたそうです。

そして、父親の福原武彦さんとの決別が決定的となったのが2004年に行われたアテネオリンピックのことで、この時に福原武彦さんと福原愛さんの母親の福原千代さんとの間で確執が生まれてしまい、両親は離婚し、それ以降は福原武彦さんとほとんど会うことなく過ごしていたのだとか。

画像4

元々福原愛さんの卓球の練習やコーチ選び、マスコミ対応までを担当していた福原武彦さんなのですが、この離婚を機に福原愛さんに関わることはなくなってしまって、そのままほとんど会わないようになってしまったのだとか。

福原武彦さんの指導方針などが合わなかったために、指導するのを辞めて疎遠になっていったとも言われているそうなのですが、金銭問題と卓球を巡っての確執などから不仲になってしまったようです。

スポンサーリンク

福原愛と石川佳純の不仲の驚きの真相とは!?

スポーツの世界ではライバルとの熱い戦いなどが大きく注目されますよね。

特に人気のスター選手はライバルについても注目されることが多いのですが、卓球界では福原愛さんと石川佳純さんはライバルといっても良い存在ですよね。

画像5

どちらも10代の頃から頭角をあらわし、現在では日本の卓球界をリードしていっています。

そんな福原さんと石川さんなのですが、不仲と言われていて、その原因が話題になっているそうです。

一体、どのようなことから二人は不仲になったのでしょうか。

そこで、調べてみたのですが、福原さんと石川さんが不仲になってしまった原因とは、2010年に行われた全日本卓球選手権のシングルス準決勝で石川さんが福原さんに勝ってしまったことにあるのだとか。

元々、福原さんと石川さんは先輩後輩の関係で、石川さんは先輩として活躍する福原さんに憧れていて、卓球選手として目標とする選手であったそうです。

なので、石川さんにしてみると福原さんに勝利したことで、ついに目標を超えたということになるのですが、福原さんにしてみると後輩に負けてしまったということで、悔しい思いをして、それ以降は不仲になってしまったのだとか。

それを裏付けるように、2012年のロンドンオリンピック団体戦では、福原愛、平野早矢香、石川佳純さんの3人で団体戦に臨み、銀メダルを獲得するという快挙を成し遂げました。

このオリンピックの試合では、試合に勝利する毎に皆で抱き合って喜んでいたそうなのですが、福原さんと石川さんはほとんど抱き合って喜ぶことはせずにいたのだとか。

画像6

他にもインタビューを受けた際には、平野早矢香さんと一緒にメダルが取れて嬉しいというコメントを言い、石川さんにはあえて触れなかったとも言われているのだとか。

こうしたことから、2010年から起きた福原さんと石川さんの不仲が本格的なものであると言われるようになったそうです。

ただ、これはマスコミが勝手に流したデマであって、実際に不仲であることはないのだとか。

というのも、オリンピックの時には福原さんと石川さんは試合に勝利する毎に抱き合って喜んでいましたし、不仲説自体を福原さんが否定をしていて

「ご飯行ったり。からおけも、オリンピックが終わってから行きました。

3人でめちゃくちゃ騒ぎました。」

と語っているそうです。

画像7

なので、不仲ということはまったくなく、今でも仲の良い、先輩後輩ということになるようです。

未だに卓球ではライバルでもある二人なのですが、プライベートでは仲が良いということで、安心ですね。

父親との不仲の原因が借金や両親の離婚などと言われている福原さんなのですが、若くしてスターになった一方、いろいろと大変なこともあるようです。

その代わり、卓球の実力は世界でもトップクラスなので、リオ・オリンピックでも大活躍する姿を見せてくれそうですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・福原愛のムチムチ感がヤバイ!?彼氏との結婚の障害となる驚きの格差とは!?

このページの先頭へ