大原櫻子が大学に入るまでの過程がヤバイ!?父親の驚きの職業とは!?

画像1歌手として活動しながら女優としても活動する人がいますが、大原櫻子さんはそんな歌手の一人です。

むしろ、女優として芸能界にデビューしているので、女優業がメインといっても過言ではないですよね。

そんな大原さんなのですが、大学に入った過程が話題になっているのだとか。

さらに、大原さんの父親の職業についても注目されているそうです。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:大原 櫻子 (おおはら さくらこ)
本名:林田 さくらこ (はやしだ さくらこ)
生年月日:1996年1月10日(20歳)
出生地:東京都
身長:158 cm
血液型:A型
所属:フジパシフィックミュージック

2013年:映画「カノジョは嘘を愛しすぎている」ヒロインオーディション合格。
2014年:ドラマ「水球ヤンキース」でドラマ初出演。「サンキュー。」で歌手デビュー。
2016年:舞台「The Love Bugs」で舞台デビュー。

大原櫻子が大学に入るまでの過程がヤバイ!?

大原櫻子さんは、歌手として紅白歌合戦に出場するなど、若い歌手の中では大活躍していますよね。

画像2

加えて、演技もできるので映画やドラマなどにも出演するなどマルチな活動をしています。

そんな大原さんなのですが、大学に入るまでの過程について話題になっているそうです。

一体、どのような過程があって大学に入ったのか気になりますよね。

そこで調べてみたのですが、まず大原さんが通っている大学は日本大学藝術学部だそうです。

画像3

日本大学藝術学部は大原さんの他にも俳優さんやミュージシャンなどが多く在籍していたことでも有名ですよね。

画像4

蒼井優さん、宮藤官九郎さん、大塚寧々さん、爆笑問題の二人などが日本大学藝術学部の出身であるそうなのですが、本当に芸能人が多いですよね。

そして、大原さんがこの日大藝術学部に入るまでの過程についてなのですが、芸能活動を行うために通っていた高校を中退して転校し、そこから大学に入学したのだとか。

画像5

大原さんは中高一貫である桐朋女子中学校・桐朋女子高校に通っていたそうなのですが、桐朋女子高校は芸能活動を禁止していたために、大原さんが「高校入試」というドラマのエキストラとして出演していたことがバレてしまって桐朋女子高校を退学させられてしまったのだとか。

その後は和光高校に転校をして芸能活動を続けながら高校に通い、卒業後に日大藝術学部に入学をしたそうなのですが、普通に大学に入学したものだとばかり思っていたので大学に入学するまでの過程がヤバイですよね。

現在も大原さんは大学に通っているのですが、こうした過程があって大学に入学したということで、是非、多くのことを学んで歌手や女優さんとして活躍していって欲しいものです。

スポンサーリンク

大原櫻子の父親の驚きの職業とは!?

芸能人は、父親などの家族の職業が話題になることがありますよね。

同じ芸能界で働いていたり、会社社長であったりして話題になることがあるのですが、大原櫻子さんの父親の職業についても大きな注目が集まっているそうです。

大原さんの父親は一体、どのような職業なのか気になりますよね。

画像6

そこで調べてみたのですが、大原さんの父親は林田尚親さんと言い、ナレーターをしているのだとか。

なので、親子で同じ芸能界で活動しているということになるようなのですが、林田尚親さんは「行列のできる法律相談所」、「ザ!世界仰天ニュース」や「ぐるぐるナインティナイン」「人生が変わる1分間の深イイ話」などを担当しているそうです。

人気番組ばかりを担当しているということで、林田尚親さんの声は誰もが聞いたことがあると思うのですが、かなり売れっ子のナレーターです。

まさに驚きの職業でもあるのですが、ジャンルは違うものの親子揃って同じ芸能界で活躍しているというのは凄いですよね。

大原さんは元々、女優志望であったそうなのですが、ナレーターとして活躍する父親の林田尚親さんからの影響も大きく受けていそうです。

画像7

女優さんとしての活動はもちろん、歌手としてもその歌声が高く評価されている大原さんなのですが、その歌声の良さは父親の林田尚親さんゆずりということが言えそうですね。

大学に入学した過程について注目される大原さんなのですが、父親の林田尚親さんが売れっ子のナレーターということで、まさに芸能界のサラブレッドと言えますよね。

演技に歌にと歌手・女優業の双方で活躍をしている大原さんなのですが、今後もどちらの世界でも大活躍していきそうです。

女優・歌手としてさらに成長していく大原さんに注目ですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ