仲村トオルの嫁を襲った病気がヤバイ!?鷲尾いさ子との驚きの馴れ初めとは!?

画像1日本テレビ系ドラマ「家売るオンナ」で北川景子さん演じるスーパー営業ウーマンに手を焼く上司役で出演する中村トオルさん。

私生活では奥様が2歳年下の女優、鷲尾いさ子さんで、さらに2人の娘さんの父親でもあります。

しかし、結婚して家庭に入った鷲尾さんでしたが、数年前からまったく自宅の近くで見かけられなくなったと言われています。

また、芸能界でも有数の口ベタだという2人が結婚に至るまでにはどういった経緯があったのでしょうか?

そこで、ちょっと気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

プロフィール

芸名:仲村 トオル(なかむら とおる)
本名:中村 亨(読み同じ)
生年月日:1965年9月5日(50歳)
出身地:東京都大田区
身長:185 cm
血液型:A型
所属事務所:KITTO

1985~1988年:映画「ビーバップ・ハイスクール」に出演。清水宏次朗とダブル主演で芸能界デビュー。第10回日本アカデミー賞 新人賞受賞。
1986~1998年:NTVドラマ「あぶない刑事」に出演。
1995年:映画「きけ、わだつみの声 Last Friends」に出演。
2008~2011年:KTVドラマ「チーム・バチスタの栄光」シリーズで伊藤淳史とダブル主演。2008年にはベスト・ファーザー イエローリボン賞受賞。
2012~2013年:ABCドラマ「アナザーフェイス」、WOWOWドラマ「推定有罪」に主演。

仲村トオルの嫁を襲った病気がヤバイ!?

専修大学の文学部在学中に、映画「ビー・バップ・ハイスクール」のオーディションを受け、見事主演の中間徹役でデビューした仲村トオルさん。

その後もずっとテレビ、映画、舞台などで活躍し続け「チーム・バチスタの栄光」での厚生労働省の役人役は記憶に新しいところですよね。

画像2

そんな仲村さんの奥様の鷲尾いさ子さんが数年前から、難病を患っており、ひどい時には歩行も困難になり家事や育児は仲村さんの手助け無しではできないのだとか。

ただ、詳しい病名は好評されていませんが、

「50~60才くらいのかたに多い病気ですが、若いかたにも発症例が少なくありません。

進行していくと、歩行や会話も困難になってしまう可能性もあります。

現在は投薬やリハビリ治療によって日常生活に支障が出ないようにすることができるようになってきました」

との専門家の見解もあり、世間では、

「パーキンソン病?」

「筋萎縮性側索硬化症(ALS)?」

「ギランバレー?」

との、様々な憶測が飛び交っているようです。

画像3

鷲尾さんといえば、オリエンタル系の顔立ちをしており、高校在学中から雑誌「装苑」の表紙を長期に渡り飾っていたことで有名ですよね。

その後は全日空の水着キャンペーンガールに選ばれ、抜群のプロポーションを見せてくれましたし、1987年にはパリコレデビューも果たしています。

画像4

そして、1989年に22歳で出演した「鉄骨飲料」のCMでは、難しい節回しの歌を見事に歌いこなし、ひっつめ髪に大きなピンクのリボンをつけて、ちょっと変わった衣装を着用し、健康的なダンスを踊っている姿が、あまりにも印象的で一大ブームを巻き起こしました。

鷲尾さんは、テレビ番組でダンスと共に歌を披露した後、

「22歳でこういう道が開けているとは!」

と茶目っ気たっぷりに語っていて、その当時の「鉄骨娘ブーム」を楽しんでいることがよく伝わり、後にこんな病気になってしまうなんて信じられません。

しかし、現在は、仲村さんが忙しい仕事の合間を縫って、なるべく自らの手で家事や子育てを担っているようです。

また、仲村さんの好きな言葉は

「武士は食わねど高楊枝」

だそうで、感情や欲望を露わにせず、強制的に家事や育児をやらされるのではなく、あくまで、

「家族のためにやりたいからやっている」

という姿勢で取り組んでいるそうですので、仲村さんは家族への愛に満ちた、とても素敵な男性ですよね!

なお、所属事務所は鷲尾さんの病気を否定はしていないものの、プロフィールなどはまだ消されていませんので、いつかまた、あの凛とした演技を見せて欲しいものです。

スポンサーリンク

仲村トオルと鷲尾いさ子の驚きの馴れ初めとは!?

1995年の結婚会見の際、当時の芸能界が今よりも恋愛がままならない時代だったからか、感極まり、

「この日が来るとは思っていなかった」

と大号泣してしまった鷲尾さんでしたが、仲村さんは隣で照れくさそうに寄り添っていたといいます。

画像5

実は仲村さんは、不良役でデビューしましたが、昔から礼儀正しく、物静かで真面目であり、185センチと高長身ですが威圧感などは感じさせず、とても謙虚なのだそうです。

そんな2人の出会いは1992年のNHK大河ドラマ「信長 KING OF ZIPANGU」での共演でしたが、同じ年にTBSの「俺たちルーキーコップ」で再び共演したことにより、仲村さんの方から鷲尾さんを食事に誘ったりしたそうですが、お付き合いには至らなかったのだとか。

そして1994年の冬にテレビ局でたまたま再開した2人は急速に距離が縮まり、わずか10カ月後に結婚することになったようです。

当時の仲村さんは、鷲尾さんをマンションまで送り届ける際には、車ではなくバイクを使い、フルフェイスのヘルメットをかぶったまま、部屋に入っていたようで、この作戦が功を奏し、2人の交際は結婚発表まで一切マスコミに知られることは無かったとのこと。

ちなみに、鷲尾さんは仲村さんの好きなところを

「私が柳のように揺れても彼が足をしっかりつかんで倒れないようにしてくれる」

と語り、1998年に長女が生まれると、もともと家事も得意だった仲村さんは趣味のゴルフを辞め、子育ての楽しさを知ってイクメンになり、家庭が一番大事になったそうです。

そして、結婚会見から15年後の2010年には、

「僕は結婚して15年なんですけど、15年前とまったく変わらぬ気持ちが今日もここにあるといった感じです」

とコメントしていましたので、きっと今現在も仲村さんに守られて、鷲尾さんは本当に幸せでしょうね。

そんなエピソードを知ると、今後、仲村トオルさんをメディアで見るたびに心優しい人間性が垣間見えてしまうかも知れませんね。

2人には、オシドリ夫婦を貫き通して、世の夫婦達のよきお手本になって欲しいです。

スポンサーリンク

このページの先頭へ