上原多香子の旦那の死因に隠された真相がヤバイ!?現在の驚きの活動実態とは!?

画像120年前、1996年8月5日にシングル「Body & Soul」でデビューした小中学生のボーカル&ダンスグループといえばSPEEDですね。

当時、大人気だったSPEEDですが、メンバーそれぞれが大人になり、度々再結成したものの、個々の活動がメインになっていましたが、彼女たちに再び話題に上がるきっかけとなったある事件がありました。

それが、2014年に起きたメンバーの上原多香子さんの旦那さんの逝去でした。

しかし、その旦那さんの死にまつわる色々な噂があるのです。

そんな辛い出来事から2年経った今の上原さんは、どのような活動をしているのでしょうか?

そこで、ちょっと気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

プロフィール

名前:上原 多香子(うえはら たかこ)
生年月日:1983年1月14日 (33歳)
出身地:沖縄県豊見城市
血液型:A型
所属事務所:ライジングプロダクション

1996年:アイドルグループ・SPEEDのメンバーとしてデビュー。
1999年:映画「ドリームメーカー」に出演。第23回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。
2003年:NHK連続テレビ小説「てるてる家族」に出演。
2011年:NHK BSドラマ「テンペスト」に出演。
2016年:ミュージカル「TARO URASHIMA」に出演。

上原多香子の旦那の死因に隠された真相がヤバイ!?

上原多香子さんの旦那さんは、上原さんより4歳年上でミュージシャンET-KINGのMC担当、TENN(本名:森脇隆宏)さんでした。

そんな2人は2011年のライブで共演し、TENNさんの積極的なアプローチにより交際に発展、TENNさんが

「この先、ET-KINGは大阪に拠点を戻します。

そうなれば僕も大阪に住むことになります。

一緒に来てくれますか?」

とプロポーズし、上原さんはあっさりOKして、2012年8月に結婚したそうです。

画像2

このプロポーズの返事を受け、TENNさんは号泣したといい、上原さんとの間に少し温度差があるようですが、上原さんは幼い時に沖縄から千葉に引っ越した経験や、中学生の時にはツアーなどですでに全国を飛び回るような生活をしていたはずですので、距離というものをそんなに感じていなかったのかもしれません。

その後、仲睦まじく居酒屋などにも2人で出かけることが多かったようですが、例えば上原さんが靴擦れを起こした時には、TENNさんは「俺の靴を履いて」と優しさを見せましたが、上原さんは「そんな蒸れた靴は履きたくない」と言い放ったといいますから上原さんはお嬢様気質なのでしょうね。

そしてまた、ある時には靴擦れと腰痛で歩けなくなった上原さんをおんぶをしてくれたTENNさんに対して、上原さんが「進むのが遅い」と怒ったりと、上原さんはワガママ放題だったにも関わらずTENNさんの優しさに包まれて仲良く暮らしていたそうです。

ところが、2014年9月25日の朝、大阪市天王寺区の自宅マンションの駐車場で、所有するワゴン車の後部座席で首をつっているTENNさんを上原さんが発見し、TENNさんはすぐに病院に搬送されたもののすでに心肺が停止していたという悲しい出来事が起こりました。

では、亡くなった原因は何だったのでしょうか?

一説によると上原さんはその頃、経済的な安定を求めて東京へ拠点を移すことを考えていたといいますが、TENNさんの亡くなる前日に上原さんが自宅で餃子を皮から手作りしている様子が、ブログにアップされていますし、通夜での泣き腫らして憔悴しきった様子からも、2人の気持ちはそんなに離れていなかったようにも見えます。

さらに、亡くなる1ヶ月前の8月23日には結婚記念日を祝う2人の姿がアップされていました。

画像3

また、TENNさんも亡くなる前日まで意欲的に作曲をしたり、4日前には当時最新機種だったiPhone6 Plusを購入するなど、死ぬ予定などなかったのではないかと疑問視されています。

そして、TENNさんは東京に居た頃には「毎晩のように、非暴力団ながらに日常的に犯罪を繰り返すある集団の人たちと会っていた」というTENNさんの知人の証言もありましたが、TENNさんが亡くなった場所は大阪であり、関わりを持っていたという関東の闇の集団の活動地域からは外れています。

さらに、TENNさんの遺体のそばには、この時代にデータではなく、わざわざ現像された上原さんと2人で写った写真が10数枚あったという不可解な点もあり、世間からはさらに他殺の可能性が疑われました。

しかし、遺書もあったことなどからTENNさんの死は「自殺であり事件性はない」との鑑定結果が出ました。

ただ、亡くなる1週間前のTENNさんは「体調悪く眠る、、、なかなか寝れず。季節の変わり目」とツィートしたり、真夜中に自宅マンションの駐車場前でマンションに背を向けて何もせずボーッと立っている姿が目撃されていますので、何かに悩んでいたのかもしれません。

また、TENNさんはデビュー前は、知的障害者向けの介護施設に勤めていたそうで、根は真面目で優しいだけに、収入面でもかなり格差があったと言われている上原さんとの生活が、妻に養ってもらっているようで、TENNさんにとっては耐えられないものだった可能性は否定できないでしょう。

画像4

これは想像にすぎませんが、TENNさんは才能あふれる上原さんを「自分の元から解放してあげたい」という思いで、上原さん名義で購入したマンションではなく、車の中を自分の最後の場所に選んだのかもしれません。

そうだとしたら「究極の愛」の選択であり、残された上原さんにとっては「残酷な愛」と感じてしまうかもしれないですね。

スポンサーリンク

上原多香子の現在の驚きの活動実態とは!?

夫であるTENNさんが亡くなった後、深い悲しみの底にいて、後追い自殺するのでは?とまで囁かれていた上原さんに何日も寄り添い、励まし続けていたのが、今井恵理子さんだったようです。

また、同じくSPEEDの新垣仁絵さんは海外で事業を展開中のため帰国できず、島袋寛子さんは当時も音楽活動が多忙だったため、大阪の上原さんの元へ駆けつけたがすぐに東京へ帰ったそうです。

そのあたりから、SPEEDメンバーの関係性が話題に上がったことがあったようですが、上原さん自身は葬儀後に活動休止を発表し、復帰は未定として大阪の自宅から引っ越さず、TENNさんの実家に足しげく通う生活を送っていたようです。

そしてその後、上原さんは、今井さんや他の友人、さらに義母であるTENNさんのお母様に支えられて、2015年6月29日、約9か月ぶりに芸能活動への復帰が発表されました。

この復帰発表後、初の仕事が2015年10月公演の舞台「くちづけ」だったそうです。

さらに、2016年6月に千葉県浦安市で行われた熊本地震復興支援ライブでは、ソロデビュー曲「my first love」を披露しましたが、9年ぶりに1人で歌ったそうで、同じステージに出演していた島袋さんは「久しぶりに多香ちゃんの歌が聞けてうれしかったです」と喜んでいたそうです。

画像5

また、2016年8月には東京の明治座で公演されたミュージカル「TARO URASHIMA」に出演し、楽しそうな稽古場の様子や、公演中の意気込みや舞台の熱気を自身のブログにアップしたりと、すっかり元気を取り戻したようにも見えます。

ちなみに上原さんの役どころは「生きててサーセン」が口癖のネガティブ乙姫なんだとか。

画像6

そんな上原さんが所属するSPEEDはデビューから今年で20周年を迎え、何か動きがあるのでは?と期待されていました。

ところが、島袋さんは歌手として活動しているものの、新垣さんは結婚を機に2012年を以て事務所と契約更新していませんし、今井さんは2016年の参議院選挙で見事当選し「歌手活動も続ける」と発言しましたが、二足のわらじは難しいという厳しい声があるようですので、再結成は少し難しそうですね。

ただ、上原さんのブログではSPEEDデビュー20周年に触れ、

「デビュー20周年を迎えることが出来ました!

あっという間の20年、、駆け抜けた10代 SPEEDあっての上原多香子 これからも感謝の気持ちを忘れずに、精一杯頑張ります!!」

「仁絵ちゃん、絵理、寛 出会えてよかった ありがとう(ハートの絵文字)大好きです」

と書かれているくらいなので、現在もメンバーとの仲は良好と思われ、ファンからはたくさんの祝福や感謝の声が寄せられていました。

さて、そんな若くして旦那さんを亡くされた上原多香子さんでしたが、優しかった旦那さんとの思い出を胸に、力強く生きていって欲しいものですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ