上沼恵美子が旦那とかわした約束が古風でヤバイ!?さんまと揉めた衝撃の理由とは!?

画像1上沼恵美子さんは、関西でトップクラスに位置する芸人ですよね。

女芸人としての話術は若い頃から大人気で、現在も変わらずに高い人気を得ています。

そんな上沼さんなのですが、旦那さんと交わした約束が古風だと話題になっているそうです。

さらに、明石家さんまさんと揉めた理由についても注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:上沼 恵美子 (かみぬま えみこ)
本名:上沼 恵美子 (かみぬま みみこ)
生年月日:1955年4月13日(61歳)
出身地:兵庫県
身長:非公表
血液型:非公表
所属:上沼事務所

1971年:海原千里・万里で漫才師としてデビュー。
1977年:上沼真平と結婚。芸能界引退。
1978年:芸能界復帰。
1994年:第46回NHK紅白歌合戦の司会を担当。
2016年:明石家さんまと22年ぶりに共演。

上沼恵美子が旦那とかわした約束が古風でヤバイ!?

上沼恵美子さんは、芸人としてテレビに多く出演していて、様々なことをネタにしてお茶の間を笑わせていますよね。

画像2

自分自身のことはもちろん、家族のことなどもネタにすることがあるのですが、そんな上沼さんが旦那さんとかわした約束が古風だと、話題になっているそうです。

上沼さんが旦那さんとかわした古風な約束とは一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、上沼さんは結婚をして芸能界に復帰する際に旦那さんと仕事を行う範囲について、

「西は姫路、東は京都まで」

という約束をしていて、その約束を現在もしっかりと守っているのだとか。

なので、この範囲外で上沼さんは仕事をしないそうです。

上沼さんの旦那さんは上沼真平さんという方で、関西テレビの関連会社の社長を務めていて、上沼さんと1977年に結婚をしています。

画像3

結婚をする際に上沼さんは芸能界を引退しているのですが、元から芸人気質である上沼さんは専業主婦になることに耐え切れなくなって芸能界復帰をしたのだとか。

その時に、旦那さんとかわした約束というのが、姫路から京都までの区間でだけ仕事をするというものなのだとか。

現代からすると、かなり古風な約束に感じてヤバイですよね。

なので、基本的に上沼さんは関西以外では仕事をせず、紅白歌合戦の司会など特別な仕事しか関東では仕事をしないのだとか。

そうしたことから上沼さんの活動拠点は関西にだけ絞られているために、関西の女帝とも呼ばれるほどになったそうです。

こうした約束を今でもしっかりと守っているところを見ると、気が強そうに見える上沼さんもやはり一昔前の古風な女性であるように感じますね。

画像4

ただ、そんな上沼さんと旦那さんの仲についてなのですが、上沼さんが言うにはよく夫婦喧嘩をしているとのことで、旦那さんの影響で上沼さんは自律神経失調症を患っていることも告白しているのだとか。

自律神経失調症という病気は

「自律神経系のバランスが崩れた場合に起こる症状の総称のことである。

めまい、冷や汗が出る、体の一部が震える、動悸、血圧が激しく上下するなどの症状があり、病態はそれぞれである。」
(Wikipediaより)

という病気だそうです。

旦那さんが仕事を辞めて家で過ごすことが多くなり、そこから夫婦二人で過ごすうちにストレスが溜まってしまって自律神経失調症になってしまったそうなのですが、このように旦那さんとのエピソードもよくネタにしています。

夫婦喧嘩のことをまとめた「犬も食わない 上沼さんちの夫婦げんか事件簿」という本も出版をしていて、過去に何度も離婚危機があったということも語られているそうです。

画像5

ただ、上沼さんが生カキを食べてウイルス性A型肝炎に感染し入院をしてしまった時には、毎日、旦那さんがお見舞いに来るなどしていたとのことで実は夫婦仲はかなり良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

上沼恵美子がさんまと揉めた衝撃の理由とは!?

大物芸能人同士でテレビで共演することがあって、その事が大きな話題になることあありますよね。

特に昔から仲が悪いと言われていたり、犬猿の仲であると噂されている人同士の共演はかなり話題になります。

上沼恵美子さんも長年共演していなかった明石家さんまさんと久しぶりに共演をしていてかなり大きな話題となったのですが、そんなさんまさんと上沼さんが揉めた理由に注目が集まっているそうです。

画像6

上沼さんとさんまさんが揉めた理由とはどのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、上沼さんとさんまさんは2016年の6月に22年ぶりの共演をしていて、それまで共演NGと言われていたそうです。

画像7

そして、二人がそのように共演NGと言われるようになってしまったのは、かつてのさんまさんの言動に上沼さんが激怒してしまって揉めたことが原因なのだとか。

さらに、今回の上沼さんとさんまさんの共演でもそのことを巡って、揉めてしまったそうです。

事の発端は、22年前に「さんまのまんま」に上沼さんが出演をした際に、収録のスケジュールが前倒しになってしまって朝早くから収録をする予定だったのですが、現場に入ってきたさんまさんが

「なんでこんなに収録早いねん。誰やねん、今日のゲスト?おかげで寝不足や!」

とスタッフに怒鳴ることがあったのだとか。

まるで上沼さんのせいで収録が早くなってしまったように文句を言うさんまさんに、上沼さんは激怒してしまい、それ以来、明石家さんまさんとは共演をしていなかったのだとか。

なので、今年に入って共演をするまで22年間も共演していなかったのですが、今年の6月に「上沼・高田のクギズケ!」という番組の中でさんまさんについて

「なんぼ大スターで天下取ってる方でもはっきりせないかん。直接私のことが好きなのか嫌いなのか聞きます。」

と公言をして、今回、22年ぶりの「さんまのまんま」の出演を決めたそうです。

画像8

さらに、普段は収録である「さんまのまんま」も、収録だとさんまさんに配慮した番組スタッフに良いように編集されてしまって上沼さんの真意が伝わらないので生放送であるなら出ると条件をつけたそうです。

そして、そうした条件の元で上沼さんが「さんまのまんま」に出演をしたのですが、番組では初めはさんまさんも上沼さんに気を使っていたのですが、上沼さんが22年前の事件についてさんまさんに問いただすと、さんまさんは、そんなことは言っていないと強く否定をしたたのだとか。

画像9

さらに、上沼さんは週刊文春を持参して、さんまさんが上沼さんに

「ババァ」

「共演したないんじゃ」

と言ったと書かれている記事などについても真相を確かめたそうです。

画像10

なので、この記事についても二人でかなりのやり取りがあったのですが、いつまでもその記事を否定するさんまさんに上沼さんは

「足を踏んだ人は覚えてないねんて。踏まれた方は覚えてんねん!」

と吠えて、さんまさんを攻めたのだとか。

しかし、さんまさんは言っていないの一点張りで逆に上沼さんに

「あやまってください!」

と詰め寄ることがあったそうです。

それには上沼さんも

「なんで謝まらなアカンの!」

と激高していたのですが、そうしたこともあって番組はかなり盛り上がったのだとか。

画像11

このやりとりから逆に新しい揉め事が起きてしまいそうな雰囲気であったのですが、最終的には上沼さんが

「さんまさんは言っていないっていうことは受け止めました。」

とさんまさんの言い分を飲んで、さんまさんに上沼さんが謝る形で番組は終了したのだとか。

このように22年前のことを巡って現在でも揉めている二人なのですが、それでも番組は妙な緊張感がありながらも大盛り上がりとなったので、かなり大きな話題になったようですね。

姫路から京都以外の範囲では仕事をしないという旦那さんとの古風な約束を守っていることが話題になっている上沼さんなのですが、明石家さんまさんとも生放送でガンガンにやり合うなど、こうしたところはさすが関西の女帝と言った感じで、今後も芸能界で大活躍していきそうですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・上沼恵美子の息子の離婚への影響力がヤバイ!?嫌いな女優の驚きの本名とは!?

このページの先頭へ