鈴木亮平のダイエット後の姿が別人過ぎてヤバイ!?アスペルガーと言われる驚きの理由とは!?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91高い演技力と役作りにかける情熱が話題の俳優と言えば鈴木亮平さんですよね。

役柄に合わせてストイックに自分を追い込んで理想の体型を作る姿は、多くの人から絶賛されています。

そんな鈴木さんなのですが、ダイエット後の姿が別人過ぎると話題になっているそうです。

さらに、鈴木さんがアスペルガーと言われる理由についても注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:鈴木 亮平(すずき りょうへい)
本名:鈴木 亮平(すずき りょうへい)
生年月日:1983年3月29日(33歳)
出生地:兵庫県
身長:186 cm
血液型:A型
所属:ホリプロ

2006年:ドラマ「レガッタ~君がいた永遠~」で俳優デビュー。
2007年:映画「椿三十郎」で映画初出演。
2011年:一般女性と結婚。長女が誕生する。
2012年:「FOX BACKSTAGE PASS」の司会を務める。
2014年:朝ドラ「花子とアン」でヒロインの夫を演じる。

鈴木亮平のダイエット後の姿が別人過ぎてヤバイ!?

鈴木亮平さんは、若手の俳優として大活躍をしていますよね。

人気ドラマに多く出演していて、様々な役柄を上手く演じ分けています。

そんな鈴木さんなのですが、ダイエット後の姿が別人すぎるということで話題になっているそうです。

鈴木さんのダイエット後の姿とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、鈴木さんはTBSのドラマ「天皇の料理番」で演じる役柄のために、壮絶なダイエットを行ったのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

ドラマの中で鈴木さんは主人公の兄の秋山周太郎を演じているのですが、その役作りのためにダイエットをして20kg以上も体重を落したそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

下の画像がドラマの中の鈴木さんなのですが、本物の病人のようです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

鈴木さんは最終的に56kgまで体重を落としたそうなのですが、この秋山周太郎という役柄は結核を患い、後に死んでしまうという役柄だったので本当に結核を患っているような姿を作るためにダイエットを行ったのだとか。

鈴木さんは、これまでにも役作りのために体重を15kgも増やして、そこから筋トレを行って体を絞り込むなどの肉体改造を行っていたのですが、今回のように純粋に体重を落とすという役作りは、いつも以上に大変だったのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

そして、気になる鈴木さんのダイエット方法についてなのですが、

「何も食べない。絶食期間を作る。」

というものだったそうです。

なので、食事量を徹底的に減らし、食べるものはほとんど納豆にドレッシングをかけて、一口大のキャベツと一緒に食べるというものだけだったそうなのですが、常に空腹だったために、苦手な納豆が美味しく感じていつの間にか好きなものになっていたのだとか。

かなりシンプルなダイエット法になるのですが、それで20kgも体重を落とすというのは凄いですよね。

ちなみに、普段の鈴木さんとドラマの中の鈴木さんを比べてみると、以下のようになります。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

普段の鈴木さんとは別人過ぎてヤバイですよね。

ただ、ダイエットの成果もあって見事に結核患者を体で表現し、ドラマにリアリティを持たせることに成功したので、その役者魂は大絶賛されているそうです。

今後も鈴木さんは役によっては役作りで再び壮絶なダイエットを行うことがあるかもしれませんが、体調を崩さないようにして欲しいですね。

スポンサーリンク

鈴木亮平がアスペルガーと言われる驚きの理由とは!?

俳優やミュージシャンなどはちょっとした病気や軽度の障害を抱えていることがありますよね。

そうした病気のおかげで芸術的な才能を持つようになって大活躍する人が多いのですが、鈴木亮平さんもアスペルガー症候群と言われていて、その理由について注目が集まっているそうです。

鈴木さんがアスペルガーと言われる理由とはどのようなものなのでしょうか。

まず、アスペルガー症候群とは

「知的障害を伴わないものの、興味・コミュニケーションについて特異性が見られる自閉症スペクトラムの一種であり、神経発達症のひとつである。」
(Wikipediaより)

という病気になるそうなのですが、鈴木さんは昔から集中をすると失敗をしてしまうという性格で、そうしたことからアスペルガー症候群などではないかと言われているそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

アスペルガー症候群なのではないかと言われる鈴木さんのエピソードとしては、

・電車の中で網棚にカバンを置いて本を読んでいると本に集中しすぎてしまって鞄を忘れて電車を降りてしまった

・トイレに財布を置いて本を読んでいると、財布を忘れてトイレを出てしまった

というものがあるのだとか。

他にも電車の中でセリフの練習をしていると集中しすぎてしまっていつの間にか声が大きくなってしまい、周囲にいた人が誰もいなくなってしまったということもあったそうです。

どのエピソードも極端に一つの物事に集中しすぎてしまったことから起きてしまったそうなのですが、こうしたエピソードから鈴木さんはアスペルガー症候群なのではないかと言われているのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%98

他にも鈴木さんは役作りのために20kgも体重を落としたり、反対に30kgも体重を増やしたりしたこともあるのですが、そうした役作りのために集中して体作りをすることなどからもアスペルガー症候群なのではないかと言われているそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%99

実際にアスペルガー症候群と言われている著名人は鈴木さんと同じくらい一つの物事に集中をして、ものすごい偉業を成し遂げる人が多くいますよね。

アインシュタインなどはその典型的な例ですが、数々のエピソードから鈴木さんもアスペルガー症候群と言っても間違いではない感じはします。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%90

ただ、これについては鈴木さんがはっきりとアスペルガー症候群と診断されたわけではないので、鈴木さんが本当にアスペルガー症候群かどうかはわかっていないのだとか。

純粋に物事に集中しやすい性格なのかもしれないので何とも言えないのですが、それでもかなり特殊な性質を持っているのは間違いなさそうですね。

役作りのために20kgもダイエットをして別人のようになった姿が話題となった鈴木さんなのですが、何かに集中をしすぎると、必ず失敗をしてしまうことからアスペルガー症候群と言われてしまうなど、かなり物事に集中をしてしまう性格はまさに鈴木さんらしくて今後も大活躍していきそうです。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・鈴木亮平と嫁の馴れ初めがヤバイ!?筋肉トレーニングの驚きのやり方とは!?

このページの先頭へ