新田恵利の病気の正体がヤバイ!?介護の驚きの実態とは!?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91新田恵利さんはおニャン子クラブのメンバーとして活躍し、現在もタレントとして大活躍していますよね。

最近は、80年代のアイドル事情を暴露するなど、バラエティ番組に多く出演しています。

そんな新田さんなのですが、病気の正体について話題になっているそうです。

さらに、新田さんの介護の実態についても注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:新田 恵利(にった えり)
本名:長山 恵利(ながやま えり)
生年月日:1968年3月17日(48歳)
出身地:福岡県
身長:156 cm
血液型:O型
所属:株式会社オフィスワーカー

1985年:「夕やけニャンニャン」に出演。
1986年:「冬のオペラグラス」でソロデビュー。
1990年:芸能活動を休止。
1993年:ドラマ「映画みたいな恋したい」に出演。
1996年:フジテレビ社員の長山雅之と結婚。
2002年:おニャン子クラブ再結成。

新田恵利の病気の正体がヤバイ!?

アイドル出身で現在はタレント、エッセイストとして活躍しているのが新田恵利さんですよね。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

新田さんは、おニャン子クラブを卒業後も様々な活動を行っていて大活躍しています。

そんな新田さんなのですが、新田さんが患った病気の正体が話題になっているそうです。

新田さんが患った病気の正体とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、新田さんは脳動脈瘤を患っていたそうです。

脳動脈瘤とは、

「動脈壁の脆弱性等に起因する先天的な血管壁が瘤上に変化したもの。

大きさは1-2mm程度の小さなものから30mmを超えるものまでさまざまである。

くも膜下出血の最大の原因となる。」
(Wikipediaより)

という病気になるのだとか。

新田さんは2013年にテレビ東京で放送された「主治医が見つかる診療所」という番組で人間ドッグを受け、その中で脳動脈瘤が見つかったそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

新田さんの脳動脈瘤は未破裂性のもので自覚症状はほとんどなく、検査で脳動脈瘤が見つかっても、すぐに手術はせずに経過観察を行っていたのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

そんな中、再度検査を行ったところ、

「ちょっと安心していた今年の検査結果で、腫瘍が大きくなっていました。」

といつの間にか脳動脈瘤が大きくなっていたことがわかり、それで手術をするようになったそうです。

6月13日に入院をして15日に手術を受けたそうなのですが、新田さんの行った手術は股関節からカテーテルを入れて、それで脳動脈瘤を小さくするというものだったのだとか。

手術は無事に終わったそうなのですが、凄腕の担当医から

「難しい手術でした。」

と言われるほど、かなり難しい手術となったことを後に明かしているそうです。

また、新田さんの腫瘍はハート型になっていたことも明かしていて、その画像もブログで公開しているのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

100%安全の手術はないので、万が一のことを考えて、手術を行うことは退院するまで伏せていたそうなのですが、一時は、

「死というものとの距離が縮まった時、そしてその時が過ぎ去った時、改めて生かされていることに感謝です。」

と無事に手術が成功し、生きていることに感謝しているそうです。

かなり危険な手術だったということがわかるのですが、新田さんが患った病気の正体はヤバイですよね。

ただ、それでも6月18日には退院をするというスピード退院となって、無謀な退院だと病院関係者から言われたのだとか。

しかし、退院後の19日には仕事復帰をしていたとのことで、術後の経過は良好のようですね。

スポンサーリンク

新田恵利の介護の驚きの実態とは!?

現在の日本では親の介護などをしている人が多くいますよね。

新田恵利さんも母親の介護をしていたことを明かしているのですが、その介護の実態について注目が集まっているそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f6

では、新田さんの介護の実態とは一体どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、新田さんは以前から二世帯住宅で母親と同居をしていたのですが、2014年の9月に母親が背骨を圧迫骨折したことで入院をし、その時から徐々に言動がおかしくなってきてしまい介護が必要となったのだそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

元々、新田さんのお母さんは骨粗しょう症を患っていて、その影響で背骨を圧迫骨折してしまったそうなのですが、入院中に

「何で恵利が政治の番組に出ているの」

というように新田さんが出演していない番組のことを訪ねたり、30年前に亡くなった父親のことを

「お父さんは家で何をしているのかしら」

と不思議がるなど、認知症のような症状を発症してしまったそうです。

なので、そのまま入院していてはいけないということで、新田さんはお母さんを退院させて家に連れて帰ったのですが、すでにお母さんは一人で歩けなくなってしまって寝たきりの状態になってしまったそうです。

そして、そこからお母さんを介護する日々が始まったそうなのですが、あまりに突然のことで

「親が元気な内に、少しでも準備しておけばよかった」

と後悔することもあったのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%98

また、役所の福祉課に相談し、「地域包括支援センター」から派遣されたケアマネージャーによって要介護4と認定されたそうです。

そして、新田さんと新田さんのお兄さんとで母親のおしめを交換するなどしているそうなのですが、入院中に見られた認知症のような症状は「せん妄」と言われる症状で一時的なものなのだそうです。

なので、認知症ではなかったそうなのですが、2014年の年末には肺気腫で入院するなどしていたのだとか。

ちなみに、現在は、二週間に一回クリニックの往診を受け、週一回の訪問入浴、週二回の訪問リハビリを行っているそうです。

そして、入院した当初に比べるとお母さんはかなり元気になっていて、現在は自分で歩くことを目標にリハビリをしているのだとか。

ただ、新田さんは、介護は突然やってくるので気持ちの整理がつかないために、あらかじめ介護生活を整えるようにしておいた方がいいのだと実感したそうです。

まさに新田さんの介護の驚きの実態と言えますよね。

ちなみに、このように新田さんはお母さんの介護をしていたことを告白することについて、現在、介護を頑張っている人やこれから介護を行うかもしれない人が

「元気になったり、共感したり、見直す機会になったり、心の準備につながればいいと思います。」

という思いから告白をしたそうです。

さらに、介護をテーマにしたトークショーなども行っていて、様々な形で自身の介護経験を伝えているようですね。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%99

番組の検査で脳動脈瘤が発見されて、手術を行ったことが話題となった新田さんなのですが、お母さんの介護を行っており、そのことについて様々な情報を発信していて、今後も新田さんは介護などについて様々な活動をしていくと思うので、その活動に注目したいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・新田恵利と国生さゆりの不仲の真相がヤバイ!?旦那との驚きの馴れ初めとは!?

このページの先頭へ