木の実ナナの現在の活動状況がヤバイ!?化け物と言われる容姿の驚きの変化とは!?

%e6%9c%a8%e3%81%ae%e5%ae%9f%e3%83%8a%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f1多くのミュージカル作品に主演し、ミュージカル女優として活躍する一方で、テレビドラマへの出演も多い木の実ナナさん。

そんなナナさんが、最近、あるアクシデントに遭遇したものの、それを乗り越え活動し続けた姿に話題が集まっているというのです。

また、ナナさんの容姿の変化が激しすぎて「化け物なのかも」というウワサがあるようです。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:木の実 ナナ(きのみ なな)
本名:池田 鞠子(いけだ まりこ)
生年月日:1946年7月11日(70歳)
出身地:東京都
身長:160 cm
血液型:B型
所属:ダンカンミュージック

1962年:「ホイホイ・ミニージック・スクール」(日本テレビ系)の司会でデビュー。
1972年:日生劇場での公演『アプローズ』で、ミュージカルの道を歩みだす。
1974年:ミュージカル『ショーガール』で、演技者として高く評価される。
1990年:オリジナルミュージカル「阿 OKUNI 国」が絶賛を浴びる。

木の実ナナの現在の活動状況がヤバイ!?

%e6%9c%a8%e3%81%ae%e5%ae%9f%e3%83%8a%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f2

あふれる笑顔が魅力的な木の実ナナさんは、70歳という年齢を感じさせないほど、今も、歌に演技にダンスと精力的に活躍を続けています。

そんなナナさんは、昨年10月に舞台公演の期間中に左大腿骨を骨折するというアクシデントに見舞われてしまったのです。

%e6%9c%a8%e3%81%ae%e5%ae%9f%e3%83%8a%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f3

その骨折の経緯は、ナナさんが「南阿佐ヶ谷の母」という舞台の沖縄公演初日を終え、翌朝に宿泊しているホテルで躓いてしまったからで、舞台中のケガではなかったものの、すぐに救急車で病院に運ばれたのです。

ただ、その日の午後3時には次の舞台が控えており、誰もが公演は取りやめだと思っていたのですが、ナナさんは、何とかして舞台に立ちたいと医師にかけ合い、車椅子での公演許可を取りつけ、それから、すぐさま車椅子でもできる内容の台本に書き変えてもらい、リハーサルを行い、無事に公演を終えることが出来たのです。

その後も、数日間の沖縄公演を車椅子で乗り切り、東京に戻ってから手術をし、そのまま東京公演も同じように車椅子で出演し続けるナナさんの年齢を言い訳にしない精神的な強さがスゴイですよね。

また、来年には、デビュー55周年を祝う記念コンサートを下北沢で開催する予定で、ラインナップは、オリジナル楽曲から美空ひばりさん、石原裕次郎さんの曲など、ナナさんの歌声をたっぷりと楽しめる内容になっているそうですよ。

%e6%9c%a8%e3%81%ae%e5%ae%9f%e3%83%8a%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f4

ちなみに、ナナさんは、現在、下北沢に住んでいて、地元民としてお祭りにも毎年、精力的に参加し、御神輿をかついでいるそうで、そんな愛着のある街で記念コンサートを開催する、というのも素敵です。

骨折をしたその日に、車椅子で舞台に出演してしまうという女優魂を持つナナさんは、手術後もすぐに車椅子で舞台に出続け、多くの観客に感動と勇気を与えたようですね。

スポンサーリンク

木の実ナナの化け物と言われる容姿の驚きの変化とは!?

%e6%9c%a8%e3%81%ae%e5%ae%9f%e3%83%8a%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f5

木の実ナナさんは、10月から放送が始まったドラマ「とげ」(フジテレビ系)で、主演の田辺誠一さんが演じている市民生活部市民相談室の倉永晴之に、頻繁にクレームを持ち込む名物おばさんという役柄を好演しています。

%e6%9c%a8%e3%81%ae%e5%ae%9f%e3%83%8a%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f6

このドラマでのナナさんは、とにかく問題を多く抱えるモンスタークレーマーで、毎回、クレームを抱えて登場するのですが、クレーマー役ということもあって、テレビ画面で見ていると、インパクトがスゴイですよね。

%e6%9c%a8%e3%81%ae%e5%ae%9f%e3%83%8a%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f7

実は、この役の前からナナさんのスタイルが、パンチが効きすぎているという人もいて、ミュージシャンのティナ・ターナーにも負けない容姿だ、と言われていました。

%e6%9c%a8%e3%81%ae%e5%ae%9f%e3%83%8a%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f8

また、1986年開始の大人気刑事ドラマのフィナーレとして今年公開された「さらば あぶない刑事」に出演しているナナさんですが、このドラマ初期の頃のナナさんはジャネット・ジャクソンにも似ている、と言う人もいたようです。

%e6%9c%a8%e3%81%ae%e5%ae%9f%e3%83%8a%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f9

ナナさんの顔のつくりやおおらかな雰囲気のために、外国人のアーティストとイメージがかぶりやすいのかもしれませんが、デビューした頃のナナさんのレコードジャケットを見てみると、意外にも、鼻筋が通った今のほりの深さがあまり感じられません。

%e6%9c%a8%e3%81%ae%e5%ae%9f%e3%83%8a%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f10

ただ、年齢と共に顔の皮下脂肪が落ち、鼻筋が通った今の顔立ちになったのかもしれませんが、ネット上では、「ここまでの変化は、ある意味、化け物なみ」といったウワサもあるようです。

%e6%9c%a8%e3%81%ae%e5%ae%9f%e3%83%8a%e3%83%8a%e7%94%bb%e5%83%8f11

確かに、70歳になった今でもパワフルに舞台もドラマもこなし、若い頃と変わらぬ声量とダンスのキレは、見た目だけでなく、体力も精神力も化け物なみと言っていいのかもしれません。

デビュー当時の顔立ちとは大きく変わり、今のほりが深い鼻筋の通った顔立ちへの変化が化け物なみと言われるナナさんですが、骨折をした日にすら、車椅子で舞台に出演し、手術後も車椅子のまま舞台に出続けるという女優魂で、これからも観る人に元気を届けていって欲しいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・木の実ナナの若い頃の活躍がヤバイ!?更年期で患った驚きの病気とは!?

このページの先頭へ