生瀬勝久と京都大学の関わりがヤバイ!?子供を産んだ嫁の驚きの美貌とは!?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91シリアスなドラマからバラエティ番組まで、幅広い活躍をしているのが生瀬勝久さんですよね。

生瀬さんは映画、ドラマ、舞台と様々なジャンルで脇役を務めることが多くヒット作に欠かせない俳優です。

そんな生瀬さんなのですが、京都大学との関わりが話題になっているそうです。

さらに、生瀬さんの子供を産んだお嫁さんの美貌についても注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:生瀬 勝久(なませ かつひさ)
本名:生瀬 勝久(なませ かつひさ)
生年月日:1960年10月13日(56歳)
出生地:兵庫県
身長:178 cm
血液型:O型
所属:リコモーション

1986年:ドラマ「人間模様・追う男」に出演する。
1988年:「そとこばち」の4代目座長に就任する。生瀬勝久に改名。
1994年:大河ドラマ「花の乱」に出演する。
1997年:モデルの堀本陽子と結婚する。
2000年:ドラマ「トリック」に出演する。
2002年:「ごくせん」に出演する。
2016年:ドラマ「侠飯~おとこめし~」に出演する。

生瀬勝久と京都大学の関わりがヤバイ!?

生瀬勝久さんはドラマ「ごくせん」などでお馴染みの俳優で、癖のある役柄を演じさせると右に出るものはいないですよね。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

これまでに数多くの作品に出演をしていて、俳優として大活躍しています。

そんな生瀬さんなのですが、京都大学との関わりが話題になっているそうです。

では、生瀬さんと京都大学との関わりとは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、生瀬さんは兵庫県の出身で同志社大学を卒業しているのですが、京大系の劇団の「そとこばち」で座長を務めた経験があるそうです。

劇団「そとこばち」は、1976年に京都大学の演劇サークルとして発足したサークルで、1978年にサークルの創設メンバーが全員サークルを脱退し、当時、京大の1、2年だったメンバーで新たに「卒塔婆小町」という名前でサークル活動を行い、それが1979年に「そとばこまち」という名前になって一気に人気の演劇サークルになったのだとか。

ちなみに、この「そとばこまち」は、辰巳琢朗さんや川下大洋さんなどが所属していて、辰巳琢朗さんは座長を務めていたこともあるそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

そして、生瀬さんも学生時代に槍魔栗(やりまくり)三助という芸名で活動をしていて、舞台や深夜のコント番組に出演したりしていたのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

さらに、生瀬さんは1988年にそれまで劇団を引っ張って行っていた劇団員が退団したことから「新劇団そとばこまち」を結成し、4代目座長に就任したそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

生瀬さんは同志社大学の学生だったのですが、いつの間にか京大のサークルの「そとばこまち」の座長になったということで、生瀬さんと京大の驚きの関係と言えますよね。

座長時代の生瀬さんはテレビ出演をしたり、東京公演を慣行したりして大活躍をしていて、「劇団☆新感線」などの劇団と共に関西学生演劇ブームを起こしたそうです。

現在の生瀬さんの活動を見ているとそれも納得なのですが、学生の頃から生瀬さんの才能は光るものがあったようですね。

スポンサーリンク

生瀬勝久の子供を産んだ嫁の驚きの美貌とは!?

テレビなどで活躍する俳優のお嫁さんや子供などについて注目されることがありますよね。

見慣れた俳優が意外な女優と結婚をしていたりすることも多いのですが、生瀬勝久さんの子供を産んだお嫁さんの美貌について注目が集まっているそうです。

では、生瀬さんの子供を産んだお嫁さんの美貌とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、生瀬さんのお嫁さんはモデルの堀本陽子さんという方なのだそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

堀本さんは生瀬さんとの間に子供を一人もうけているのですが、モデルということもあってかなりの美人で、まさに驚きの美貌をしていますよね。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

堀本さんは「美ST」という雑誌でモデルを務め、同時にヨガセラピストとしても活躍しているそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%98

堀本さんは身長170cmの見事なスタイルなのですが、生瀬さんも178cmも身長があるので、高身長カップルでまさにお似合いの二人ですよね。

そして、そんな生瀬さんと堀本さんなのですが、二人の出会いは、堀本さんが生瀬さんの舞台を見て、ファンレターを書いたことがきっかけなのだとか。

堀本さんが生瀬さんに渡したファンレターには堀本さんの電話番号が書いてあり、そこから生瀬さんと堀本さんは連絡をとって交際するようになったそうです。

ただ、二人が知り合った当時は生瀬さんが28歳で堀本さんが16歳だったとのことで、現在ならアウトとなってしまう年齢差だったのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%99

ただ、12歳差の年齢差がある二人なのですが、そのまま交際を続けて1997年にハワイで挙式を行って現在に至るそうです。

生瀬さんと出会った頃はまだ10代の堀本さんだったのですが、生瀬さんとの出会いが良いものだったことは間違いなさそうですね。

そして、二人のお子さんについてなのですが、現在、お子さんが一人いて年齢は5、6歳と言われているそうです。

ただ、詳しいことは一切明かされていないので、正確な年齢はわかっておらず、一説には現在は小学生とも言われているのだとか。

しかし、家族三人で幸せな家庭を築いているようです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%90

同志社大学に通っていながら京大系のサークル「そとばこまち」の4代目座長と活躍していたことから京大との関係が話題になる生瀬さんなのですが、お嫁さんでモデルの堀本陽子さんの美貌が注目されるなどしていて、俳優としてはもちろん、これまでの生瀬さんの過去や私生活も注目を集めていて、こうしたところはさすが売れっ子俳優ですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ