松山英樹のドライバーの選択に隠された秘密がヤバイ!?年収や賞金の驚きの実態とは!?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91若手のゴルフ選手の中で、最も活躍しているのが松山英樹さんですよね。

松山さんは国内外のツアーで優勝するなどしていて、日本のゴルフ界のホープです。

そんな松山さんなのですが、ドライバーの選択に隠された秘密が話題になっているそうです。

さらに、松山さんの年収や賞金の実態にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:松山 英樹(まつやま ひでき)
本名:松山 英樹(まつやま ひでき)
生年月日:1992年2月25日(24歳)
出身地:愛媛県
身長:180 cm
血液型:B型
所属:レクサス

2008年:全日本高等ゴルフ選手権大会で優勝。
2011年:マスターズに出場。
2012年:世界アマチュアゴルフランキングで1位獲得。
2013年:プロ転向。日本ツアー賞金王を獲得。
2014年:PGAツアー初優勝。
2016年:HSBCチャンピオンズ初優勝。

松山英樹のドライバーの選択に隠された秘密がヤバイ!?

学生の頃から将来が期待されるゴルファーとして知られ、プロ転向後に大活躍しているのが松山英樹さんですよね。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

松山さんは、2016年の10月に日本人初となる世界ゴルフ選手権で優勝するなど、世界でも活躍しています。

そんな松山さんなのですが、ドライバーの選択に隠された秘密が話題になっているそうです。

では、松山さんのドライバーの選択に隠された秘密とは、一体、どのようなことなのでしょうか。

そこで調べてみると、松山さんは現在、以前から使用している「ダンロップ スリクソンZR-30ドライバー」と、キャロウェイゴルフ社の「グレート ビッグバーサドライバー」という二本のドライバーを使っているそうです。

また、松山さんは一か月前の9月には「ダンロップ スリクソン ZR-30ドライバー」と、「スリクソン Z765リミテッドモデル」の2本を使っていたということで、試合によってドライバーを変えることも多いのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

【Amazon.co.jp アソシエイト】


その時々の調子やホールなどに合わせて使用するドライバーを変えることが多いそうなのですが、そんな松山さんは、長年、「ダンロップ スリクソンZR-30ドライバー」だけは変えずに使っているそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

このドライバーは松山さんが高校生の頃から使っているドライバーだそうなのですが、なぜ、このように松山さんが高校生の頃から8年間も同じドライバーを使い続けているのかというと、同じクラブを使い続けていることで調子が良い時と悪い時をはっきりと知ることができるからなのだとか。

最近は、「ダンロップ スリクソンZR-30ドライバー」以外のドライバーも使用して二刀流状態で試合に臨んでいるのですが、このように必ず1本は同じドライバーを使うことでそのときの自分の調子を計れるということで、松山さんのドライバーの選択にはスゴイ秘密があったみたいですね。

さらに、同じドライバーを使い続けることでスイングを安定させることができるのと同時に、クラブによる影響を抑えることができるということも言われているのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

松山さんならではのドライバーの選び方なのですが、こうしたところが松山さんが国内外で大活躍している秘訣と言えそうですね。

スポンサーリンク

松山英樹の年収や賞金の驚きの実態とは!?

松山英樹さんはプロ転向後から国内はもちろん、国外でも優勝するなど大活躍していますよね。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

なので、これまでにかなりの賞金を獲得しているのですが、そんな松山さんの年収や賞金の実態が注目されているそうです。

では、松山さんの年収や賞金の実態とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、松山さんは2014-2015年に約3.6億円の賞金を稼いでいるそうです。

2014-2015年はアメリカ男子ゴルフ賞金ランキングで18位にもランクしているそうなのですが、このようなゴルフの賞金の他にも松山さんはスポンサー契約もしていて、そちらの方からのもかなりの収入があるのだとか。

松山さんが契約しているスポンサーは、オークリージャパン、ダンロップ、ファイテン、レクサス、全日空となっていて、全て合わせてスポンサー料は7億円ほどとなるそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

なので、全額合わせて10億円を超える年収があると言われているそうなのですが、物凄い年収ですよね。

また、2016年の松山さんはWGC HSBCチャンピオンズで優勝するなどメジャー3勝を上げていて、PGAツアーの賞金はトータルで6億9081万8026円を獲得しているそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%98

さらにこれに加えて、ボーナス賞金が約2880万円プラスされるとのことで、7億円を超える賞金を獲得する予定なのだとか。

すでに昨年稼いだ賞金の2倍近い賞金を獲得している松山さんなのですが、これにプラスしてスポンサー契約料が7億円ほど入るので、14億円以上の年収となるのだとか。

さらに、松山さんは2016年はまだ試合に出場する予定なので、15億円以上の年収となるのではないかとも言われているそうなのですが、松山さんの年収や賞金の驚きの実態ですよね。

そして、松山さんの生涯獲得賞金金額も80億円を超えて日本3位となっているのですが、こうしたところはさすが世界で活躍するゴルファーです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%99

2つのドライバーを使い続けながらも、自分の調子を知ることができるドライバーを高校生の頃から使っているということで、その理由が話題になっている松山さんなのですが、国内外で多額の賞金を得て15億円を超える年収があり、生涯獲得賞金は80億円を超えると言われていて、今後もそんな松山さんには注目していきたいですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ