松方弘樹の余命が現在の病状からいくとヤバイ!?マグロで世界一を取った釣りの実力がヤバイ!?

2016-12-24_025721大物俳優として大活躍しているのが松方弘樹さんですよね。

松方さんは、「遠山の金さん」などの時代劇にも多く出演しています。

そんな松方さんなのですが、現在の病状から見た余命が話題になっているそうです。

さらに、松方さんがマグロで世界一を取った釣りの実力にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:松方 弘樹(まつかた ひろき)
本名:目黒 浩樹(めぐろ こうじゅ)
生年月日:1942年7月23日(74歳)
出生地:東京府
身長:173cm
血液型:A型
所属:MARE

・1960年:芸能界デビュー。
・1959年:映画「十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ」で映画初出演する。
・1973年:映画「仁義秋戦い」に出演する。
・1974年:大河ドラマ「勝海舟」に出演する。
・1979年:仁科亜季子と結婚する。
・1988年:仁科亜季子と離婚する。
・2016年:脳腫瘍で「夢コンサート」を降板する。

松方弘樹の余命が現在の病状からいくとヤバイ!?

松方弘樹さんは、俳優として若い頃から大活躍していますよね。

2016-12-24_025808

また、松方さんは不倫や結婚、離婚など、俳優らしくプライベートも注目されるなどしていました。

そんな松方さんなのですが、余命が話題になっているそうです。

では、松方さんの余命は、あとどれくらいなのでしょうか。

そこで調べてみると、松方さんは現在、脳リンパ腫で入院していて面会謝絶になるなど、かなり危険な状態なのだとか。

松方さんは、2016年の2月に体全身に痺れを感じるようになり、その後、風邪のような症状に襲われたのだそうです。

それでも歌の公演をこなしていた松方さんなのですが、病院でエックス線の検査をした時に、脳に影が見つかって脳腫瘍ということがわかったのだとか。

2016-12-24_025941

そして、さらに詳しい検査をした結果、脳リンパ腫と診断されたのだそうです。

ちなみに、脳リンパ腫とは、

「脳にできる血液のがんで、リンパ系組織から発生する悪性腫瘍である。」

(Wikipediaより)

というものなのだとか。

そして、それが2016年の3月のことなのですが、それ以降は無菌室に入り、下半身を動かすこともできず寝たきりの状態なのだそうです。

スポンサーリンク


また、松方さんは危篤状態に陥ったこともあるとのことで、意識がはっきりしないことも多く、かなり危険な状態なのだとか。

ちなみに、脳リンパ腫はかなり進行の早い病気なので、脳リンパ腫と診断されてからわずか一月で亡くなってしまった人もいるそうです。

さらに、脳リンパ腫を宣告された方は、平均して余命3年ほどと言われているそうなのですが、松方さんの余命が現在の状況からいくとヤバイですよね。

ただ、そんな松方さんは、抗がん治療の薬などを服用して治療を行っているそうなのですが、その治療の甲斐もあってか、かつてに比べるとかなり腫瘍も小さくなっていて状態も良くなっているそうです。

2016-12-24_030118

なので、いくらか病状は良くなっているそうなのですが、2016年の8月、9月も面会謝絶だったとのことで、まだまだ余談を許さない状況なのだとか。

今後、抗がん剤などがどの程度効いていくのかによって松方さんの病状も変化していくようなのですが、今後もそんな松方さんの容態には注目していきたいですね。

スポンサーリンク

松方弘樹がマグロで世界一を取った釣りの実力がヤバイ!?

松方弘樹さんは以前から釣りが好きで、よく釣りを行っている姿がテレビなどでも放送されていましたよね。

2016-12-24_030159

松方さんは主に海釣りをしていたそうなのですが、そんな松方さんがマグロで世界一を取った実力に注目が集まっているそうです。

では、松方さんがマグロで世界一を取った実力とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、松方さんは以前から釣りを趣味として行っているのですが、かつてハワイ島のコナで行われるHIBT(Hawaiian International Billfish Tournament)という大会で見事優勝をしたことがあるのだとか。

この大会で松方さんは最初にカジキマグロを釣り上げた賞などを獲得し、三冠を獲得するなどしていたそうなのですが、国内でも山口県で開催されたマグロ大会で2008年と2009年の二連覇をしているそうです。

国内外でこのように優勝をしている松方さんは釣りのプロと言えるほどなのですが、マグロで世界一を取った釣りの腕前がヤバイですよね。

2016-12-24_030318

そんな松方さんは7歳の頃から釣りを行っていて、30代まではヘラブナ釣りをしていたそうです。

しかし、39歳で初めてカジキマグロを釣り上げて、その後、350kgものマグロを釣り上げるほどの腕前に成長したのだとか。

スポンサーリンク


また、テレビ東京で放送された「松方弘樹・世界を釣る!」によって松方さんの釣り好きとその実力は多くの人に知られるようになりました。

同じく釣り好きの梅宮辰夫さんとのコンビは有名なのですが、2015年にも石垣島沖で361kgものマグロを釣り上げているそうです。

2016-12-24_030238

この時は、マグロと6時間もの格闘をして釣り上げたそうなのですが、松方さんにとってこのマグロが自己最高記録となったのだとか。

そして、このマグロは437万円で取引されたそうなのですが、かなりの大物ということがわかりますよね。

現在は闘病中の松方さんなのですが、病気を克服した時には再び大物を釣り上げる松方さんの姿が見たいファンも多いのではないでしょうか。

脳リンパ腫を患い、一時は危篤状態にも陥ったことがあるということでその余命も話題になった松方さんなのですが、国内外の釣りの大会で優勝し、世界一となったその釣りの腕前が注目されるなどしていて、今後もそんな松方さんには注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・松方弘樹の若い頃の武勇伝がヤバイ!?愛人である山本万里子の覚悟もヤバイ!?

・松方弘樹の父親や兄弟などの家系図が複雑でヤバイ!?京都の驚きの豪邸とは!?

このページの先頭へ