大竹まことと事故の衝撃の関係がついに明らかに!?双子の驚きの経歴とは!?

お笑い界の重鎮として現在もテレビやラジオなどで活躍している大竹まことさん。

そんな大竹さんが過去に起こしてしまった事故の真相が注目を集めています。

また、大竹さんの双子の弟の華麗なる経歴も注目を集めているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:大竹 まこと(おおたけ まこと)
本名:大竹 真
生年月日:1949年5月22日(67歳)
出身地:東京都目黒区
身長:175cm
血液型:A型
所属:ASH&Dコーポレーション

1977年:映画『八甲田山』で雪中行軍隊の兵卒役を務める。
1979年:きたろう・斉木しげると共に芝居ユニット「シティボーイズ」を結成。
1985年:バラエティ番組『夕やけニャンニャン』に“常滑川まこと”名義でレギュラー出演。
2007年:文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ!』でパーソナリティを務める。

大竹まことと事故の衝撃の関係がついに明らかに!?

今から20年以上前に大竹さんが運転する車に、オートバイが激突するという事故がありました。

その事故は、1966年8月8日午前2時過ぎに東京都杉並区高井戸の交差点で、2人乗りのオートバイが大竹さんの車の車体に衝突し、運転していた男性は頭部を強打し、後部座席に座っていた女性は全身打撲の怪我を負ったというものでした。

そのとき、大竹さんは車からすぐに降りて救急車を呼び、路上に投げ出された男女に駆け寄り「頑張れ、頑張れ」と励まし続けたそうですが、運転していた男性は、翌日、搬送先の病院で急性硬膜下血腫のため、息を引き取ったそうです。

スポンサーリンク


警察の調べでは、目撃者の情報などから大竹さんは信号を守っていた事がわかり、酒気帯び運転でもないため大竹さんに過失がないと発表され大竹さんに落ち度がないことが分かったのですが、この件で大竹さんは、すさまじい世間のバッシングを受けることになりました。

もともとバラエティ番組で暴れたりセットを壊したりするキャラで話題を集めていた大竹さんだったので、落ち度がないと言われても悪役のイメージが先行してしまったのかもしれません。

また、この影響で大竹さんは自宅に引きこもり、2日間全く食べ物ものどを通らず、しばらくはその時のことを思い出すだけで涙が出る状態で、7本のレギュラー番組をすべて降板し自宅謹慎したのです。

けれど、亡くなった男性のお母さんがテレビ局に連絡をし

「(大竹さんの)芸能活動を再開させて欲しい。大竹さんには良くしていただいて恨みなど何も思っていません。」

と涙ながらに語り、大竹さんは2週間ほどで仕事復帰をするのですが、以前のようなキャラクターのままどのように頑張れば良いのか、と自問自答しながらテレビ出演する日々だったようです。

深夜の交差点で大竹さんが運転する車と2人乗りのオートバイが衝突し死亡事故となってしまいましたが、避けようもなかった事故とはいえ自分に責任がないとはどうしても思えずに自宅謹慎した大竹さんは、ご遺族の声に後押しされテレビ復帰をし、真面目な内面とアナーキーな雰囲気で今も人を魅了し続けています。

スポンサーリンク

大竹まことの双子の驚きの経歴とは!?

双子の芸能人というとおすぎさんとピーコさんや蛯原友里さん・英里さんなどが有名ですが、大竹まことさんも一卵性双生児の兄弟なんですよね。

大竹さんがお兄さんで、弟はオサムさんと言い、東スポ、週刊現代、フライデーの記者としてお仕事をしていて記者の経験を活かして、日本ジャーナリスト専門学校(現在閉校)で講師を務めていたこともあったようです。

また、「ミスターバイク」の編集長をしていたこともあり、その経験からオサム名義で「ケンタウロスの伝説」や「万歳ハイウェイ」、「激走!!GXブルース」などのバイク漫画の原作も手がけていたそうです。

他にも、数年前まで世田谷の等々力通沿いで「ゴッサムカフェ」というイタリアンレストランを経営していて、大竹さんも「オサム、オサム」と言ってよくこのお店を訪れてはパスタを食べていたようですよ。

今は、オサムさんは年齢のこともあり、「ゴッサムカフェ」を閉店されて家でゆっくり過ごされているのだとか。

大竹さんも俳優やお笑いタレント、コメンテーターなど幅広く活躍していますが、弟のオサムさんも記者、講師、漫画の原作、カフェの経営など様々なお仕事をされていますね。

スポンサーリンク


また、大竹さんとオサムさんは一卵性双生児なだけあって、とても似ています。

実は、大竹さんは、オサムさんと似ているのを良いことに、テレビで「大嫌い」と言っていた丹波哲郎さんとNHKでバッタリ会ってしまったときに「兄が失礼なことを言ってすみません。僕は双子の弟の方ですよ」と言って難を逃れたというエピソードがあるそうです。

そのため、「NHKに大竹まことの弟が働いている」「大道具らしい」というウワサが広まってしまい、弟のオサムさんが当時の職場であらぬ嫌疑をかけられ迷惑したこともあったようですよ。

20年以上前に、交差点で大竹さんが運転する車と2人乗りのオートバイが衝突し、大竹さんに非はなかったものの死亡事故となり自宅謹慎した大竹さんには、記者、講師、漫画の原作、カフェの経営など様々な経歴を持つ双子の弟さんがいますが、いつか双子で共演する姿も見てみたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・大竹まことの現在の活動状況がヤバイ!?息子の裏の世界での驚きの活躍とは!?

・山瀬まみの体重が病気でヤバイことに!?大竹まこととの大喧嘩の衝撃の裏側とは!?

このページの先頭へ