関取花の歌詞に込められたひがみの数々がヤバイ!?本名や大学までの驚きの経歴とは!?

シンガーソングライターとして大注目されているのが関取花さんですよね。

関取さんの歌詞や曲は多くの人から支持されています。

そんな関取さんなのですが、歌詞に込められたひがみの数々が話題になっているそうです。

さらに、関取さんの本名や大学までの経歴にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:関取 花(せきとり はな)
本名:関取 花(せきとり はな)
生年月日:1990年12月18日(26歳)
出身地:神奈川県
身長:149cm
血液型:A型
所属:DOSUKOI RECORD

・2009年:「閃光ライオット2009」で審査員特別賞を受賞する。
・2010年:ミニアルバム「THE」をリリースする。
・2012年:ミニアルバム「中くらいの話」をリリースする。
・2015年:アルバム「黄金の海であの子に逢えたなら」をリリースする。
・2016年:シングル「君の住む街」をリリースする。

関取花の歌詞に込められたひがみの数々がヤバイ!?

関取花さんは歌手として注目されていますよね。

最近はバラエティ番組にも出演していて人気です。

そんな関取さんなのですが、歌詞に込められたひがみの数々が話題になっているそうです。

では、関取さんの歌詞に込められたひがみとは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、関取さんはこれまでに様々な曲を作詞作曲しているのですが、その中の「べつに」という曲の歌詞はひがみがスゴイと言われているそうです。

「べつに」は2016年の10月5日に発売されたシングル曲「君の住む街」の2曲目に収録されている曲で、配信もされている曲になるのだとか。

「べつに」の歌詞は、終電間際に改札前でキスをするカップルのことについて書かれた歌詞で、改札前でキスをするカップルに家でキスをして欲しいということや恥を知った方が良いと忠告する歌詞となっているそうです。


スポンサーリンク


なので、キスをするカップルに対してひがんでいる歌詞になると話題なっているのですが、同時に恋人がいない負け犬の遠吠えじゃないとも宣言をしている歌詞となっているそうです。


ただ、そうは言うもののまさに恋人のいない女性が仲の良いカップルをひがんだ曲と言えるのですが、関取さんの歌詞に込められたひがみの数々がヤバイですよね。

このように関取さんがカップルについてひがみの歌詞を書くようになったのは、4年ほど交際していた彼氏にフラれてしまったことが原因なのだとか。

関取さんは別れ際にその彼氏に、

「うるせーデブ」

と言われるなどしてフラれてしまったそうです。

そして、そのように彼氏にフラれて酔っ払いながら書いた歌詞が「べつに」になるそうなのですが、関取さんが失恋をした時の想いから生まれた歌詞になるようですね。

ただ、そのようにひがみソングを歌っている関取さんなのですが、ひがみソング以外の曲も歌っていてそちらの方も人気だとのことで、今後はひがみソングじゃない楽曲が聞けるかもしれませんね。

スポンサーリンク

関取花の本名や大学までの驚きの経歴とは!?

関取花さんは、シンガーソングライターとしてその歌声や曲が大きな話題となっていますよね。

関取さんのプライベートにも注目が集まっているのですが、そんな関取さんの本名や大学までの経歴にも注目が集まっているそうです。

では、関取さんの本名や大学までの経歴とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、関取さんは関取花という名前が本名で本名のまま活動しているそうです。

関取さんは1990年の神奈川県生まれなのですが、子供の頃にドイツで過ごしていて慶應義塾湘南藤沢高等部を卒業しているのだとか。

なので、関取さんはドイツからの帰国子女となるのですが、かつてドイツで過ごした少女時代が音楽活動に大きく影響しているそうです。

ただ、小学生の頃には日本に帰国をしていて、実際にはほとんど日本の教育を受けて育っているのだとか。

また、関取さんが通っていた慶應義塾湘南藤沢高等部は偏差値が75の学校なのですが、かなり偏差値が高いですよね。

そして、関取さんは慶應義塾湘南藤沢高等部に通いながら軽音楽部に入って本格的に音楽活動を始めたそうです。


スポンサーリンク


また、関取さんは慶應義塾湘南藤沢高等部を卒業した後にそのまま慶應義塾大学に進学し、2009年に「閃光ライオット2009」に出場して審査員特別賞を受賞しているのだとか。

そして、2010年にミニアルバム「THE」を発表して全国ツアーを行うなどしていて、2012年にセカンドミニアルバム「中くらいの話」を発表したそうです。

このようにミュージシャンとして活動を続けながら、2016年には初のシングルとなる「君の住む街」を発表してそれが大きな話題となったのだとか。

最近はひがみソングなどが話題となっている関取さんなのですが、帰国子女で高学歴の持ち主ということで関取さんの本名や大学までの驚きの経歴ですよね。

シングルのカップリング曲の「べつに」の歌詞のひがみの数々が話題となった関取さんなのですが、子供の頃はドイツで過ごし、慶應義塾湘南藤沢高等部から慶應義塾大学に進んで現在は本名で活動をしているということでその本名や大学までの経歴が注目されていて、今後もそんな関取さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています!!

このページの先頭へ