加藤一二三の若い頃の活躍や昔の容姿がヤバイ!?猫騒動の発端と裁判の驚きの行方とは!?

天才棋士として知られているのが加藤一二三さんですよね。

加藤さんの指す将棋は若い頃から大注目されています。

そんな加藤さんなのですが、若い頃の活躍や昔の容姿が話題になっているそうです。

さらに、加藤さんの猫騒動の発端と裁判の行方にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:加藤 一二三(かとう ひふみ)
名前:加藤 一二三(かとう ひふみ)
生年月日:1940年1月1日(77歳)
出身地:福岡県
身長:167cm
血液型:A型
所属:日本将棋連盟

・1954年:プロ棋士になる。
・1960年:結婚する。
・1968年:大山康晴から十段を奪取する。
・1982年:名人戦に勝利する。
・1989年:1000勝を達成する。
・2016年:升田幸三賞特別賞を受賞する。

加藤一二三の若い頃の活躍や昔の容姿がヤバイ!?

将棋以外の事でも大注目されているのが加藤一二三さんですよね。

バラエティ番組に多く出演するようになってから将棋ファン以外からも人気です。

そんな加藤さんなのですが、若い頃の活躍や昔の容姿が話題になっているそうです。

では、加藤さんの若い頃の活躍や昔の容姿とは、一体、どのような感じなのでしょうか。

そこで調べてみると、加藤さんはかつて天才と呼ばれて数々の記録を打ち立てているのだそうです。

加藤さんは1954年にプロの将棋棋士になっているのですが、14歳でプロになっているのだとか。

これだけでも天才ということがわかるのですが、2016年に藤井聡太さんに抜かれるまで最年少棋士として62年間も加藤さんの記録が残っていたのだそうです。

また、そのように10代でプロの棋士になった加藤さんなのですが、プロ入り後も大活躍をして17歳で高松宮争奪選手権戦で優勝しているのだとか。

この時の勝利によって加藤さんは史上最年少記録を打ち立てているのですが、その後も4年連続で昇級をしてわずか18歳でA級八段になっているのだとか。

A級八段というのは七段に昇段して190勝をするとなれるのですが、最高位の九段名人の一つ前の段位になるのだそうです。

加藤さんと同じく天才棋士と言われて10代でプロの将棋士になった羽生善治さんですら、21歳でA級に昇格しているそうなのですが、こうしたことからいかに加藤さんが早熟の天才だったのかということがわかりますよね。

なので、その結果、加藤さんは「神武以来(このかた)の天才」とまで称されるほどになったのだそうです。

そして、加藤さんはその後に20歳で大山康晴名人にタイトル戦を挑むなどしたのだとか。

結果は残念ながらも敗れてしまったのですが、その後も大山さんとは何度も名勝負を繰り広げていたそうです。

加藤さんは大山さんとはタイトル戦を7回も戦うなどして、1968年には大山さんを負かして初のタイトルを獲得するなどしていたのだとか。

スポンサーリンク


また、加藤さんは1978年度に王将のタイトルを獲得し、1982年度に名人、1984年度に王位のタイトルを獲得しているそうです。

そして、加藤さんは1955年に六・五・四段戦で優勝し、日本一杯争奪戦で1958年度と1960年度の二回優勝し、1959年度の早指し王位決定戦などでも優勝しているのだそうです。

また、NHK杯将棋トーナメントを1960年、1966年、1971年などで優勝していて一般棋戦で何度も優勝しているのだとか。

ちなみに、そんな加藤さんの若い頃の姿が下の画像になるのだそうです。

学生の頃はかなり痩せていて精悍な顔つきをしていますよね。

ただ、将棋士になってからはかなりぽっちゃりとして貫禄がついて、現在を彷彿とさせる姿をしていたようです。

そして、そんな加藤さんは1976年度には最多勝利賞、連勝賞、技能賞、1977年度には殊勲賞を獲得し、1981年には最優秀棋士賞を獲得しているのだそうです。

また、1989年には史上二人目となる通算1000勝を達成しているのですが、加藤さんの若い頃の活躍や昔の容姿がヤバイですよね。

スポンサーリンク


そんな加藤さんなのですが、一分将棋の神様とも呼ばれて、長く考え抜いた末に最善の手を指す姿は今でも加藤さんのトレードマークとなっているそうです。

若い頃からそのようにスター性のあった加藤さんなのですが、一方で最年少A級陥落や最多A級昇格、最年少A級返り咲などの面白い伝説も持っているそうです。

さらに、将棋を指している最中に滝がうるさいので滝を止めさせたり、空咳がうるさいので相手棋士から苦情を受けたり、一手を7時間も考えたりするなど加藤さんならではのエピソードも多く知られているのだとか。

また、加藤さんは将棋の試合の時にはベルトよりも20cmも長いネクタイを締めていくなど、その服装なども含めてそうしたユニークなところも人気となっているのだそうです。

将棋の強さに加えてそうした加藤さんの面白い伝説も話題となっているのですが、今後も加藤さんは様々な伝説を残してくれそうです。

スポンサーリンク

加藤一二三の猫騒動の発端と裁判の驚きの行方とは!?

加藤一二三さんはその将棋スタイルや私生活も注目されていますよね。

特にバラエティに出演してからは様々なことが話題になっています。

そんな加藤さんなのですが、猫騒動の発端と裁判の行方に注目が集まっているそうです。

では、加藤さんの猫騒動の発端と裁判の行方とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、加藤さんは野良猫に餌付けをしたとして訴えられてしまったことがあるのだそうです。

加藤さんは2008年に自宅マンションの近くにいた野良猫に餌付けをしていたのだとか。

餌付けをするだけならいいのですが、餌付けをした猫が糞尿などをまき散らすので、マンションの管理組合などから餌付けの中止と慰謝料を請求される訴えを起こされてしまったのだそうです。

東京などの大都会だと野良猫に餌付けをする人も多いのですが、そこからご近所トラブルになってしまう人もいますよね。

加藤さんもそうしたご近所トラブルを起こしてしまったようなのですが、この猫騒動によって645万円もの賠償金を求める訴訟を起こされてしまったそうです。

スポンサーリンク


そして、2010年にその訴えが認められて加藤さんは餌付けをしないように中止命令を受けて慰謝料の支払いも命じられたのだとか。

最終的に慰謝料は204万円の支払いを命じられたそうなのですが、加藤さんの猫騒動の発端と裁判の驚きの行方ですよね。

ただ、猫裁判とも呼ばれるこうした判決を受けて、加藤さんは納得がいかないと控訴することも考えていたのだとか。

加藤さんは餌付けをしたことについて

「猫に長く生きてもらいたいと思ってした行動なのに、理解できない。」

と語って控訴する可能性があることを示唆していたのですが、最終的に控訴をしなかったのだそうです。

加藤さんはあくまで猫の命を大事にして餌付けをしていたそうなのですが、裁判の判決で加藤さんが猫の命を大事にしてきたことだけは認められたことから、判決を受け入れることを決めたのだとか。

なのでその後はルールには従って餌付けなどはしなくなったそうなのですが、猫を大事にするあまりそのように周囲に迷惑をかけてしまったようです。

また、そんな加藤さんなのですが、野良猫に去勢手術を受けさせたり避妊をさせるなどしていて、徐々に野良猫は減っていたことなども報じられているのだとか。

こうしたことから加藤さんは本当に猫の命のことを考えて行動していたことがわかるのですが、少しやり方が悪かったようですね。

10代でプロの棋士となって様々なタイトルを獲得するなどその若い頃の活躍と容姿が話題になった加藤さんなのですが、野良猫に餌付けをしていたことから周囲の住民から訴訟を起こされて猫騒動の発端と行方が注目されたのですが、今後もそんな加藤さんは様々なことで注目されていきそうですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・加藤一二三に歯がない理由に隠された秘密がヤバイ!?娘や嫁との驚きのプライベートとは!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ