宮沢氷魚が炎上した本当の理由がヤバかった!?目の色に隠された驚きの秘密とは!?

今最も注目されているモデル、俳優と言えるのが宮沢氷魚さんですよね。

宮沢さんはドラマ「コウノドリ」に出演するなどして大活躍しています。

そんな宮沢さんなのですが、炎上した本当の理由が話題になっているそうです。

さらに、宮沢さんの目の色に隠された秘密にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:宮沢 氷魚(みやざわ ひお)
本名:宮沢 氷魚(みやざわ ひお)
生年月日:1994年4月24日(23歳)
出身地:アメリカ合衆国
身長:184cm
血液型:不明
所属:レプロエンタテイメント

・2015年:MENS`S NON-NO専属モデルオーディションでグランプリを受賞する。
・2016年:「おとなの基礎英語」に出演する。
・2017年:ドラマ「コウノドリ」に出演する。

宮沢氷魚が炎上した本当の理由がヤバかった!?

宮沢氷魚さんはMENS`S NON-NO専属モデルオーディションでグランプリを受賞するなどして芸能界入りしていますよね。

現在は俳優としてもキャリアを積んでいて大活躍しています。

そんな宮沢さんなのですが、宮沢さんが炎上した理由が話題になっているそうです。

では、宮沢さんが炎上した本当の理由とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、宮沢さんはテレビ番組の駅伝企画に出演した時に他の選手とぶつかってしまったことなどから進路を妨害したとして炎上してしまったのだそうです。

宮沢さんはモデル、俳優として様々な番組に出演していて、2016年に「オールスタ感謝祭`2016春」に出演していたのだとか。

そして、その中で宮沢さんは「赤坂5丁目・ミニ駅伝」に出場したのだそうです。

この「赤坂5丁目・ミニ駅伝」は新しい企画で芸能人チームと青山学院大学の陸上部が駅伝で対決するというものなのだそうです。

さらに、この企画は芸能人チームは一人一人が担当する距離が短くて人数も多く、かなりハンデが大きかったので箱根駅伝を連覇した青山学院大学とどのような勝負をするのか大注目されていたのだとか。

そして、そんなミニ駅伝に出場した宮沢さんなのですが、宮沢さんは青山学院大学の選手に対して進路をふさいだり、接触をして走るのを妨害したと言われているのだそうです。

こうしたことから宮沢さんは青山学院大学の選手に対して妨害をしたということで炎上してしまったのだとか。

下の画像を見ると確かに宮沢さんが青いユニフォームを着た青山学院大学の選手にぶつかってしまっていますよね。

これは宮沢さんがたすきを渡し終わった後に後ろから来た選手とぶつかってしまった場面なのだとか。

宮沢さんがこうしてわざと青山学院大学の選手にぶつかったのだとするとかなり悪質で炎上するのも当然と言えますよね。

ただ、そのように言われているものの、宮沢さがぶつかったのは道が狭かったということや後ろから選手が来ていることに気がつなかったことなどが言われているのだとか。

なので、わざとぶつかったわけじゃないとも言われているそうです。

しかし、こうしたことから宮沢さんはかなり批難を浴びてしまったのだとか。

さらに、こうした宮沢さんの妨害行為のおかげもあってか芸能人チームが勝利したことでさらに炎上してしまったのだそうです。

また、宮沢さんの他に森渉さんも同じように青山学院大学の選手に進路妨害をするなどしていたと言われて炎上してしまったのだとか。


スポンサーリンク


そして、こうした炎上を受けて宮沢さんはそれまで出演していた「おとなの基礎英語」という番組を降板しているのだそうです。

「おとなの基礎英語」は1年ほど出演することが普通であるものの、宮沢さんはわずか3カ月で番組を降板していて、それはこのミニ駅伝での炎上が影響しているとまで言われているのだとか。

ただ、これについてはあくまで噂で、初めからそういう契約だったということや、そもそも宮沢さんは進路妨害をしていないということが言われているそうです。

馴れない駅伝に夢中になってしまったので進路をふさぐ形になってしまったり、接触してしまったとも言われていて、必ずしも故意に妨害したということじゃないとも言われているのだとか。

なので、「おとな基礎英語」を降板したのは全く関係ないと言われているそうです。

これについては未だに真相はわからないものの、宮沢さんが炎上した本当の理由がヤバいですよね。

現在も宮沢さんについてはこのミニ駅伝での進路妨害のことなどが言われてしまっているようなのですが、今後もこの件については様々なことが言われていきそうですね。

スポンサーリンク

宮沢氷魚の目の色に隠された驚きの秘密とは!?

宮沢氷魚さんはイケメンモデルとして人気となり、その容姿が大注目されていますよね。

宮沢さんは家族のことなども話題になっているのですが、そんな宮沢さんの目の色について注目が集まっているそうです。

では、宮沢さんの目の色に隠された秘密とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、宮沢さんはクォーターということから目の色が注目されているのですが、カラコンを使用しているとも言われているそうです。

宮沢さんはその容姿と共に目の色が注目されていて、宮沢さんの目はブラウンだと言われているのだとか。

宮沢さんの目は日本人にしては色が薄いブラウンなので、かなり目立つと言われているそうです。

確かに、宮沢さんの目の色はブラウンであるものの、見方によってはグリーンにも見える感じがしますよね。

なので、そうしたことから宮沢さんの目は大注目されているのですが、そうしたことを知らない人は宮沢さんはカラコンを使用していると感じる人もいるのだとか。

確かに、モデルなどの中には日常的にカラコンを使用している人が多くいて、意図的に目の色を変えている人もいますよね。

なので、モデルの宮沢さんがカラコンを使用する可能性も高そうなのですが、その反面、宮沢さんはカラコンは使用しておらずにナチュラルな目をしているとも言われているそうです。

そもそも、宮沢さんは見た目は完全な日本人であるものの、実際にはアメリカ人の血が入ったクォーターなのだとか。

そうしたことから純粋な日本人と比べて目の色が薄いと言われているそうです。

なので、目がブラウンというのも納得ですよね。

スポンサーリンク


ちなみに、宮沢さんは父親が歌手の宮沢和史さんで、母親は光岡ディオンさんなのだそうです。

宮沢和史さんは純粋な日本人であるものの、母親の光岡ディオンさんは日本人とアメリカ人のハーフということで宮沢さんはクォーターということになるそうです。

宮沢さんは背が184cmもあって、さらにかなりの色白ということでクォーターと言われるのも納得ですよね。

なので、宮沢さんの目は母親の光岡ディオオンさんゆずりということが言えそうです。

こうした理由から宮沢さんの目の色が普通の日本人と違うと言われるのも納得なのですが、宮沢さんの目の色に隠された驚きの秘密ですよね。

ただ、宮沢さんはアメリカ人と日本人のクォーターと言われているものの、母親の光岡ディオンさんはフィリピン人とのハーフということも言われているそうです。

これについては光岡ディオンさんの血筋などについてはっきりしたことがわかっていないのであくまで噂になるそうなのですが、今後は光岡さんの出身地などについて新しい情報が出て来て宮沢さんのルーツについても明らかになるかもしれません。

ミニ駅伝で相手選手の進路を妨害したとして炎上してしまった宮沢さんなのですが、アメリカ人と日本人のクォーターでブラウンの瞳をしていることから目の色に隠された秘密も注目されていて、今後もそんな宮沢さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・宮沢氷魚の父や母や妹など家族の秘密がヤバイ!?彼女の驚きの正体とは!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ