サイダーガールが顔を出さない理由がヤバイ!?ゆりんなどメンバーの驚きの経歴とは!?

三人組ロックバンドとして大活躍しているのがサイダーガールですよね。

サイダーガールの音楽は若者を中心に大人気です。

そんなサイダーガールなのですが、顔を出さない理由が話題になっているそうです。

さらに、サイダーガールのゆりんさんなどメンバーの経歴にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:サイダーガール(さいだーがーる)
所属:Universal J

メンバー:Yurin(ゆりん)
知(とも)
フジムラ(ふじむら)

・2014年:サイダーガールを結成する。
・2015年:ミニアルバム「サイダーのしくみ」をリリースする。
・2006年:ミニアルバム「サイダーの街まで」をリリースする。
・2017年:「エバーグリーン」でメジャーデビューする。

サイダーガールが顔を出さない理由がヤバイ!?

ロックバンドの中でも大注目されているのがサイダーガールですよね。

サイダーガールは炭酸系ロックバンドとも言われていて、その独自の音楽性が人気です。

そんなサイダーガールなのですが、顔を出さない理由が話題になっているそうです。

では、サイダーガールが顔を出さない理由とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、サイダーガールは顔バレしたくないために顔出しをしていないのだそうです。

サイダーガールはアーティスト写真などでも顔を隠していてメンバー全員が顔出しをしていませんよね。

ロックバンドながらも顔出しをしないことから注目されているそうです。

多くのバンドは顔出しをするのが普通なので、サイダーガールはかなり珍しいバンドと言えますよね。

ちなみに、サイダーガールがそのように顔出しをしない理由として地元の友達にバレるのが恥ずかしいということが言われているそうです。

サイダーガールのメンバーの知(とも)さんが顔出しをしない理由として、そのようなことを明かしているそうなのですがかなり意外な理由ですよね。

サイダーガールが顔出しをしないのは、顔出しをしないことで注目を集めるという戦略的なものだと思ってしまう人も多いのですが、実際には全く違う理由になるようです。

なぜ地元の友達にバレてしまうのが嫌なのか、詳しい理由はわかっていないのですが、サイダーガールが顔を出さない理由がヤバイですよね。

スポンサーリンク


ただ、そのように顔出しをしていないサイダーガールなのですが、メンバーの顔半分が見えている画像などはあるのだそうです。

サイダーガールは名前からして女性バンドのように思ってしまうのですが、メンバーは全員男性でミュージシャンらしい恰好をしているのだとか。

雰囲気からしてメンバーはかなりのイケメン揃いのようにも感じますが、顔出しをしないのはもったいないと感じてしまいますよね。

ただ、それでもメンバー全員が顔出しはしておらず、はっきりと顔を映した画像は公開されていないのだとか。

ただ、そんなサイダーガールなのですが、ライブだと普通に顔出しをしているそうです。

なので、サイダーガールのメンバーの顔が見たい人はライブに行くとメンバーの顔が見れるのだとか。

そうしたことから実際にサイダーガールのライブに行く人も多いようなのですが、今後もメディアに顔出しをしないバンドとしてサイダーガールは注目されていきそうですね。

スポンサーリンク

サイダーガールのゆりんなどメンバーの驚きの経歴とは!?

サイダーガールは三人組のロックバンドとして知られていますよね。

三人の個性が上手く交じり合ってサイダーガールの世界観が作り出されているのですが、そんなサイダーガールのゆりんさんなど、メンバーの経歴に注目が集まっているそうです。

では、サイダーガールのメンバーの経歴とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、サイダーガールは現在は三人で活動していて、歌い手やボカロPとして活動していた経歴を持っているのだそうです。

まず、サイダーガールのメンバーについてなのですが、サイダーガールでギター・ボーカルを担当しているのがYurin(ゆりん)さんですね。

Yurinさんは山形県の出身で1993年3月2日生まれの24歳なのだそうです。

Yurinさんはボーカルの他に作詞作曲もしていて、ゆりんという名前で歌い手としても活動していたのだとか。

そして、サイダーガールでギターを担当しているのが知(とも)さんです。

知さんは12月1日生まれということがわかっているものの、年齢などはわかっていないのだとか。

知さんはYurinさんと違って顔出しは一切していないので後ろ姿しかわからないそうです。

また、知さんはギターの他に作詞・作曲を行い、ラムネPという名前で「ボカロP」としても活動していたのだとか。

なので、インターネットで楽曲を公開するなどして注目されていたそうです。

そして、サイダーガールでベースを担当しているのがフジムラさんで、フジムラさんは1992年生まれということ以外は何もわかっていないのだとか。

フジムラさんも基本的に顔出しはしておらずに、ライブで横顔を捉えた画像だけが出回っているのだそうです。

そして、そんなフジムラさんはベースに加えて作詞・作曲をしていて、もっふーPという名前で「ボカロP」としても活動していたのだとか。

なので、このようにサイダーガールは全員がかつてはインターネットで音楽活動していた経験があるのだそうです。

そして、そんなメンバーが集まって結成されたのがサイダーガールになるそうなのですが、サイダーガールのメンバーの驚きの経歴ですよね。

スポンサーリンク


ただ、そんなサイダーガールなのですが、実はかつてドラムにトルルさんという男性が加入していたことがあるのだそうです。

トルルさんもドラムの演奏に加えて、ボカロなどで音楽制作をしていたと言われているのですが、考え方の違いなどから2015年にサイダーガールを脱退しているのだとか。

ただ、トルルさんの脱退はトルルさんの意思を尊重して話し合いをして納得して脱退したとのことで、円満にバンドを脱退したようです。

このようにサイダーガールは脱退したトルルさんがいるなど、そのバンドメンバーの変遷も注目されているそうです。

ちなみに、サイダーガールは2014年に結成されていて、2015年の6月にミニアルバム「サイダーのしくみ」をライブ限定でリリースしているのだとか。

そして、2016年にタワーレコード限定リリースでミニアルバム「サイダーの街まで」をリリースしているのだそうです。

2016年には10月に「ジオラマインサイダー」、11月に「ジオラマアウトサイダー」をリリースし、2017年の7月にはシングル「エバーグリーン」でメジャーデビューしているのですが、若手バンドとして高い実力が評価されているのでメジャーデビューするのも当然と言えますよね。

また、サイダーガールはメンバーが顔出しをしていないために、PVにイメージキャラクターのるうこさんや池間夏海さんが出演しているそうです。

そうしたこともあってサイダーガールは女性バンドというイメージを持つ人もいるのだとか。

また、現在のサイダーガールはアニメ「縁結びの妖狐ちゃん」のエンディングテーマに「Fourside Moonside」が起用されるなどしていて、さらに知名度がアップしているのだそうです。

さらに、サイダーガールは2017年に1stフルアルバム「SODA POP FANCLUB 1」をリリースし、それに伴って全国ワンマンツアーを行っているのだとか。

すでにSOLD OUTしている会場があるなどチケットも入手困難ということで、今後もサイダーガールは独自の活動をして大活躍していきそうですね。

地元の友達にバレると恥ずかしいということから顔出しをしておらず、顔出しをしない理由が話題になったサイダーガールなのですが、ゆりんさんをはじめとしたメンバー全員がインターネットで音楽活動をしていて、そこからバンド結成をするなどその経歴も注目されていて、今後もそんなサイダーガールに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ