藤吉久美子の若い頃の活躍や昔の美貌がヤバイ!?実家の驚きの実態とは!?

女優として現在も大活躍しているのが藤吉久美子さんですよね。

藤吉さんはバラエティー番組などにも出演しています。

そんな藤吉さんなのですが、若い頃の活躍や昔の美貌が話題になっているのだとか。

さらに、藤吉さんの実家の実態にも注目が集まっているのだそうです。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:藤吉 久美子(ふじよし くみこ)
本名:坪倉 久美子(つぼくら くみこ)
生年月日:1961年8月5日(56歳)
出生地:福岡県
身長:160cm
血液型:AB型
所属:劇団青年座映画放送

・1982年:朝ドラ「よーいドン」でヒロインを演じる。
・1985年:ドラマ「しのぶ」に出演する。
・1987年:坂東正之助と結婚する。
・1992年:離婚する。
・1995年:太川陽介と再婚する。
・2001年:長男を出産する。
・2004年:「はなまるマーケット」の金曜レギュラーに就任する。
・2017年:映画「グッバイエレジー」に出演する。

藤吉久美子の若い頃の活躍や昔の美貌がヤバイ!?

藤吉久美子さんは現在も美人女優として人気ですよね。

ドラマはもちろん、映画などにも多く出演しています。

そんな藤吉さんなのですが、若い頃の活躍や昔の美貌が話題になっているそうです。

では、藤吉さんの若い頃の活躍や昔の美貌とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、藤吉さんはかつて朝ドラのヒロインを演じるなど、若い頃から大活躍していたのだそうです。

藤吉さんは大学時代から劇団新感線に入団して女優として活動し、1982年に朝ドラ「よーいドン」でヒロインに選ばれたのだとか。

なので、藤吉さんは大学を辞めて劇団新感線も辞めて本格的に女優として活動するようになったのだそうです。

朝ドラのヒロインに選ばれるだけあって昔の藤吉さんはかなり美人ですよね。

その後の藤吉さんは1993年にドラマ「大奥」に出演し、それ以降も「愛と砂丘の街」や1984年の「白夜」、1985年の「しのぶ」など毎年ドラマに多く出演していたのだとか。

さらに、藤吉さんは普通のドラマだけじゃなくて、1983年の「燃えた花嫁殺しのドレスは京都行」など土曜ワイド劇場のサスペンスなどにも多く出演していたのだそうです。

また、藤吉さんは「水戸黄門」、「長七郎江戸日記」などの時代劇にも出演していて、様々なドラマに多く出演していたのだとか。

スポンサーリンク


このように80年代は女優として様々な作品に出演していた藤吉さんなのですが、90年代に入ってからも「炎の旅路」や大河ドラマ「毛利元就」などに出演していたそうです。

藤吉さんはこのように若い頃から女優として常に第一線で活躍していたことがわかるのですが、藤吉さんの若い頃の活躍や昔の美貌がヤバイですよね。

また、90年代以降の藤吉さんは1999年のドラマ「温泉へ行こう」に出演し、2004年からは「はなまるマーケット」の金曜レギュラーとして出演するようになったのだそうです。

女優業の他にタレントとしても活躍するようになったのですが、そんな藤吉さんはお茶の間でも親しまれていたのだとか。

藤吉さんは女優として若い頃から大活躍し、現在も変わらずに活躍しているということで、今後もそんな藤吉さんから目が離せませんね。

スポンサーリンク

藤吉久美子の実家の驚きの実態とは!?

藤吉久美子さんは若い頃から芸能界で活躍していることから様々なことで話題になっていますよね。

実家のことなども話題になることが多いのですが、藤吉さんの実家の実態とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、藤吉さんの実家は産婦人科医院なのだそうです。

まず、藤吉さんの生い立ちについてなのですが、藤吉さんは福岡県久留米市の生まれで実家は産婦人科院なのだとか。

藤吉さんは祖父と父親が医者で、「藤吉産婦人科医」という自宅兼病院が実家なのだそうです。

藤吉さんの実家は病院も併設してあったことから、家族だけじゃなくて病院従業員や看護婦さんなども住み込みで働いていて、いつも大人数で食事をするなどしていたのだとか。

食事は15~16人で食事をして学校で給食を食べるようだったそうなのですが、子供の頃から藤吉さんもそうした環境で生活して料理を手伝うなどしていたそうです。

藤吉さんのお母さんについては何をしていたのかはわからないものの、仕事で忙しくしていたとのことなので、病院に関係した仕事をしていたのかもしれませんね。

そんな両親に育てられた藤吉さんは福岡女子学院中等部から福岡女学院高等学校に進学し、大阪芸術大学舞台芸術学科で舞踊を学んでいたのだそうです。

福岡女学院高等学校の偏差値は54~61で、大阪芸術大学舞台芸術学科の偏差値は48なのですが、藤吉さんは大学在学中に演劇に目覚めて劇団新感線に入団し、その後朝ドラ「よーいドン」のヒロインに選ばれるなどして女優になったのだとか。

実家が産婦人科医院だったことからかなり裕福だったとも言われているそうなのですが、藤吉さんの実家の驚きの実態ですよね。

スポンサーリンク


藤吉さんが子供の頃に病院を立て直して鉄筋コンクリートの病棟を建てたそうなのですが、かなり大きな産婦人科医院だったようですね。

藤吉さんの家族が住む自宅は昭和初期に建てられたものだったそうなのですが、かなり趣のある家だったようです。

また、そんな藤吉さんはお兄さんと弟さんがいて、現在はどちらも産婦人科医として働いているのだとか。

藤吉さんは妹さんもいるそうなのですが、妹さんについては詳しいことはわかっていないそうです。

ただ、お兄さんも弟さんも産婦人科医として働いているというの凄いですよね。

今後は藤吉さんが実家の産婦人科医院をテレビなどで紹介することもあるかもしれません。

朝ドラのヒロインに抜擢されて女優になり、その若い頃の活躍や昔の美貌が話題になった藤吉さんなのですが、実家が産婦人科医院ということでその実態も注目されていて、今後もそんな藤吉さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・藤吉久美子の現在の顔や活動状況が悲惨でヤバイ!?元旦那の驚きの正体とは!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ