竹原慎二の現在の激やせや膀胱がんで死去までの余命がヤバイ!?強さを示す驚きの伝説の数々とは!?

ボクシングミドル級世界チャンピオンとして知られているのが竹原慎二さんですよね。

竹原さんはタレントとしても活動したりしていて人気でした。

そんな竹原さんなのですが、現在の激やせや膀胱がんによる死去までの余命が話題になっているそうです。

さらに、竹原さんの強さを示す伝説の数々にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:竹原 慎二(たけはら しんじ)
本名:竹原 慎二(たけはら しんじ)
生年月日:1972年1月25日(45歳)
出身地:広島県
身長:186cm
血液型:A型
所属:太田プロダクション

・1989年:プロボクサーになる。
・1990年:全日本ミドル級新人王になる。
・1991年:日本ミドル級チャンピオンになる。
・1993年:東洋太平洋ミドル級チャンピオンになる。
・1995年:世界ミドル級チャンピオンになる。
・1996年:現役引退する。
・2000年:「ガチンコ」に出演する。
・2014年:膀胱がんが発覚する。

竹原慎二の現在の激やせや膀胱がんによる死去までの余命がヤバイ!?

竹原慎二さんはボクシングで世界チャンピオンになり、現在はボクシングジムなどを経営していますよね。

さらに、竹原さんはイタリアンレストランも経営しています。

そんな竹原さんなのですが、現在の激やせや膀胱がんによる死去までの余命が話題になっているそうです。

では、竹原さんの現在の激やせや膀胱がんによる死去までの余命とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、竹原さんはガンを患って余命を宣告されてしまい、激やせしたことがあるのだそうです。

竹原さんは日本人ながらも身長が高く大柄でミドル級のボクサーとして大活躍していましたよね。

ボクシング引退後にもボクシングジムを経営してボクシングを教えるなどしていました。

そんな竹原さんなのですが、現役引退後に膀胱がんを患ってしまったのだそうです。

竹原さんががんになった経緯についてなのですが、2013年に頻繁に尿意を感じるようになったことから病院に行ったところ、初めは膀胱炎と診断されたのだとか。

ちなみに、膀胱炎とは

「膀胱に起こる炎症である。」

(Wikipediaより)

という病気なのですが、病院で処方された薬を飲んでもあまり症状が良くならないので、もう一度病院に診察を受けにいったのだそうです。

そして、今度は前立腺炎と診断されたのだとか。

ちなみに、前立腺炎とは

「前立腺が大腸菌、クラミジア、弱毒性細菌などが原因で炎症を起こした状態である。」

(Wikipediaより)

という病気になるのですが、竹原さんは前立腺炎の治療薬を飲んで治療していたのだそうです。

しかし、その1年後に竹原さんは血尿が出てしまったことから病院に行き、今度は膀胱がんということが発覚したのだとか。

さらに、竹原さんの膀胱がんはステージ4だということが発覚したのだそうです。

竹原さんは膀胱の奥に2.5cmほどのがんができていて、それがリンパ節にも転移していたのだとか。

そして、医師に余命1年ということを告げられたそうなのですが、さすがの竹原さんもこれには驚いてしまい、このまま死んでしまうのかと毎晩泣いていたのだそうです。

竹原さんはガンの発見がかなり遅れてしまったのですが、このように竹原さんのがんの発見が遅れてしまった理由として、竹原さんが42歳という若さだったことから、診察した医師もがんができているとは考えなかったのだとか。

なので、そうしたことから膀胱炎や前立腺炎というように診断されてしまったようですね。

最終的に初めに診察を受けた医師の誤診だったとも言われているのですが、そうしたことから竹原さんのがんの発見が遅れてしまったそうです。

ちなみに、このように竹原さんのがんの発見が遅れたことについては、竹原さんの「見落とされた癌」という本に詳しく書かれているのだとか。


スポンサーリンク


そして、その後の竹原さんは病状を見ながら抗ガン剤治療を行い、2014年にダビンチというロボット支援での手術を受けたのだそうです。

竹原さんは13時間もの手術を受けて膀胱を全摘出することになったのですが、その後かなり出血があったのだとか。

ただ、竹原さんは幸いリンパ節へ移転したはずのがんがなくなっていたことから、それ以上の手術を行う必要がなくなり、びわの葉自然療法や長風呂、足湯、野菜ジュースなどを行い、自己治癒力を高めてがんの治療を行うようにしたのだそうです。

さすがにこの頃の竹原さんはがん治療のために相当、痩せてしまっているのですが、竹原さんの現在の激やせや膀胱がんによる死去までの余命がヤバイですよね。

その後の竹原さんは腎臓結石の影響で血尿が出たものの、膀胱がんが再発することもなく、普段通りの生活を送れるようになっているそうです。

膀胱がんが寛解するのは5年ということなので、まだ今後の経過を見ているそうなのですが、現在の竹原さんはかなり元気だということなので、このまま完全にがんを克服して欲しいですね。

スポンサーリンク


竹原慎二の強さを示す驚きの伝説の数々とは!?

竹原慎二さんはボクシングミドル級世界王者ということが知られていますよね。

特に日本人初のミドル級王者ということで話題になったのですが、そんな竹原さんの強さを示す伝説の数々について注目が集まっているそうです。

では、竹原さんの強さを示す伝説の数々とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、竹原さんは若い頃はかなりの不良で、プロデビュー後はその強さが伝説的として知られていたのだそうです。

まず、竹原さんの経歴についてなのですが、竹原さんは広島県の出身で10代の頃はかなりの不良だったのだとか。

当時の竹原さんは広島の粗大ごみとも呼ばれていて、かなり喧嘩もしたのだそうです。

若い頃の竹原さんは正義感にかられて喧嘩をしたと語っているのですが、その喧嘩の強さから不良として有名になり、高校に進学することもできなかったので、中卒で仕事をするなどしていたのだとか。

しかし、その時に地元のジムでボクシングを行うようになり、後に沖ジムで福田洋二トレーナーと出会って本格的にプロボクサーを目指すようになったのだそうです。


スポンサーリンク


そして、竹原さんは1989年にプロデビューをして、その後全日本新人賞を獲得し、1990年には日本チャンピオンになるなどしたのだとか。

竹原さんはプロデビューしてわずか1年ほどで日本チャンピオンになってしまったのですが、ものすごい強さですよね。

さらに、竹原さんはその後4度も日本チャンピオンを防衛し、1993年に東洋太平洋チャンピオンとなり、6度も防衛しているのだそうです。

こうしてミドル級ではアジアで敵なしとなった竹原さんはその後、アルゼンチンのミドル級チャンピオンのホルヘ・カストロと世界タイトル戦を行うことが決まったのだとか。

当時の竹原さんは23歳で最も脂の乗った時期だったのですが、相手のホルヘ・カストロはアマチュアボクシングも含めて100戦以上の試合をしてわずか4敗しかしたことがない選手で、試合前の下馬評では竹原さんが勝利する確率はほとんどないと言われていたのだそうです。

そうしたこともあって、世界戦だったにもかかわらず、竹原さんに期待する声は少なく、試合は後楽園ホールで深夜に関東ローカルで放送されるという扱いだったのだとか。

しかし、実際に試合をしてみると、ダウンはもちろん、KO負けもしたことがないホルヘ・カストロを竹原さんが得意の左ボディでダウンさせるなどして追い詰めたのだそうです。

そして、3-0の判定で勝利して日本人初のミドル級チャンピオンになったのだとか。

試合前の下馬評を見事に覆して世界チャンピオンになったのですが、プロデビューしてわずか1年で日本チャンピオンとなり、その後も順調に勝利を重ねて世界チャンピオンになるなど竹原さんの強さを示す驚きの伝説の数々ですよね。

なので、こうした竹原さんの強さは日本のボクシング界の中でも伝説となっていて、引退後もTBSの「ガチンコ」などで喧嘩自慢の不良たちを次々とマットに沈めるなど、その強さは変わらなかったのだそうです。

スポンサーリンク


また、そんな竹原さんなのですが、ファイトマネーは全盛期で1試合600万円と言われているのだとか。

竹原さんは世界戦の防衛に失敗したので、ファイトマネーがあまり上がらなかったようなのですが、そうしたこともあって他の世界チャンピオンのボクサーに比べて現役時代の年収はあまり高くなかったと言えそうです。

実際の竹原さんの年収についてははっきりとしないのですが、その代わり、現役引退後は自身がプロデュースしたサウナスーツなどが42万着も売れる大ヒットをして42億円もの売り上げがあったのだとか。

竹原さんにも数億円の収入があったとも言われているのですが、竹原さんの場合は現役引退後の方が年収が高いのかもしれませんね。

なので、竹原さんは今後もそうしたビジネス面でも新しい伝説を作っていきそうです。

膀胱がんを患い余命1年と宣告されるなどその激やせや余命が話題になった竹原さんなのですが、プロデビュー後わずか1年で日本チャンピオンとなって日本人初のミドル級世界チャンピオンとなるなどその強さを示す伝説の数々も注目されていて、今後もそんな竹原さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています!!

このページの先頭へ