野村義男の若い頃の活躍や昔の顔がヤバイ!?年収やギターの腕前とコレクションの総額もヤバイ!?

80年代から芸能界で活躍しているのが野村義男さんですよね。

野村さんはアイドルとして人気になり、現在はミュージシャンとして活動しています。

そんな野村さんなのですが、若い頃の活躍や昔の顔が話題になっているそうです。

さらに、野村さんの年収やギターの腕前と、コレクションの総額にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:野村 義男(のむら よしお)
本名:野村 義男(のむら よしお)
生年月日:1964年10月26日(53歳)
出身地:東京都
身長:174cm
血液型:A型
所属:コンポジラ

・1980年:ドラマ「3年B組金八先生」に出演する。
・1990年:ジャニーズ事務所を退社する。
・1995年:野坂なつみと結婚する。
・1998年:浜崎あゆみのバックバンドに参加する。
・2000年:RIDER CHIPSを結成する。
・2006年:音屋吉右衛門を結成する。

野村義男の若い頃の活躍や昔の顔がヤバイ!?

野村義男さんは、ジャニーズ事務所初期のアイドルとして大活躍していましたよね。

現在はミュージシャンとして活動しているので、野村さんが10代の頃からアイドルとして活動していたことを知らない人もいるそうです。

そんな野村さんなのですが、野村さんの若い頃の活躍や昔の顔が話題になっているそうです。

では、野村さんの若い頃の活躍や昔の顔とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、野村さんは70年代からアイドルとして大活躍していたのだそうです。

まず、野村さんは代々木公園のゴーカート乗り場で遊んでいた時にスカウトされて、ジャニーズ事務所に所属することになり、そこからジャニーズ少年団として活躍するようになったのだとか。

野村さんはジャニーズ事務所から直接スカウトされたことからもわかる通り、当時の野村さんはまさに美少年と呼ぶにふさわしいルックスをしていますよね。

そして、その後の野村さんは1979年に「3年B組金八先生」に出演し、「たのきんトリオ」としても活動するようになったのだとか。

さらに野村さんは、1980年に「ただいまの放課後」や「お化けのサンバ」に出演し、それ以降も「それからの武蔵」や、大河ドラマ「峠の群像」などに出演していたのだそうです。

また、「たのきんスーパーヒットシリーズ」と呼ばれる東宝の映画シリーズや「三等高校生」、「Love Forever」などに出演していたのだとか。

なので、昔の野村さんはこのように俳優としても大活躍していたのだそうです。

スポンサーリンク


また、野村さんは1983年に「待たせてSorry」でソロデビューしていて、その後にバンドThe Good-Byeを結成しているのだとか。

ちなみに、当時の野村さんはアイドルとして活動することに興味がなく、ミュージシャンとして活動したかったことから、自らのバンドであるThe Good-Byeを結成して活動するようになったのだそうです。

そして、そのようにして結成されたThe Good-Byeなのですが、多くの新人賞などを受賞するなど大活躍していたのだとか。

なので、野村さんはアイドルでありながら、アイドルらしからぬ活動をして大成功を収めたと言えるのですが、野村さんの若い頃の活躍や昔の顔がヤバイですよね。

そして、それ以降の野村さんはジャニーズ事務所を退所してミュージシャンに転身したのですが、アイドル時代の頃からミュージシャンになることを考えていたのだそうです。

また、野村さんはジャニーズ事務所を円満退社できたことから、退社後もジャニーズ事務所との関係が良く、業界から干されることもなく活動できていたのだとか。

なので、ミュージシャンとしても思った通りの活躍ができていたそうです

ジャニーズ事務所から独立したり、辞めたことで干されてしまう人もいるので、野村さんはそうしたことにならないように事務所ともしっかりと話し合いをしたようですね。

スポンサーリンク


野村義男の年収やギターの腕前とコレクションの総額もヤバイ!?

野村義男さんは現在、ミュージシャンとして活動していますよね。

有名歌手のバックバンドを務めたりしているのですが、そんな野村さんの年収や、ギターの腕前とコレクションの総額について注目が集まっているそうです。

では、野村さんの年収やギターの腕前とコレクションの総額とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、野村さんはかなりの年収を得ていて、物凄いギターコレクションを持っているのだそうです。

野村さんは、90年代以降はギタリストとして活躍していて、様々なミュージシャンと一緒に活動しているのだとか。

まず、野村さんは1990年にジャニーズ事務所を退所し、その後、1992年にジョニー吉長さんのソロツアーに参加し、ソロアルバム「440Hz with <Band of joy>」などをリリースしているのだそうです。

なので、それ以降はソロやバックバンドとして活躍していて、数多くのミュージシャンと仕事をしているのだとか。

そして、野村さんは1992年にフォークデュオ・三野姫(みのひめ)、1995年にBOYO-BOZOを結成し、1996年にLOVE LOVE ALLSTARSに参加しているのだそうです。

さらに、1998年には浜崎あゆみさんのバックバンドとして参加しているのだとか。

また、野村さんは他にもFUNK ROKETやRIDER CHIPS、The Charbackers、U-WAVE、GUILD9、音屋吉右衛門などを結成して活動しているのだそうです。

なので、ミュージシャンとして数多くのバンドで活躍しているのだとか。

そして、そんな野村さんの年収ですが、1億円を超えているとも言われているのだそうです。

バックミュージシャンの平均年収は400万円ほどと言われているそうなのですが、野村さんほどのミュージシャンになると、いくつものバンドを掛け持ちしていたり、作曲などもしているので数千万円から1億円ほどの年収があるのではないか、と噂されているそうです。

これらについてはあくまで噂であるものの、もしこれが本当なら凄い年収ですよね。

スポンサーリンク


また、そんな野村さんなのですが、無類のギター好きということで物凄いギターコレクションを所有しているのだとか。

具体的には、野村さんは350本以上のギターを所有していて、世界に2本しかないギターやギター1本の値段が、マンションを買えるほどの金額の高級なギターも所有しているのだそうです。

実際に野村さんの持っているコレクションを並べた動画を見ると物凄いコレクションですよね。

野村さんはそうしたギターコレクションのすべてを公開した「ギター・コレクション YOSHIO NOMURA GUITAR COLLECTION」という本も出版しているのですが、野村さんが所有しているギターの数に驚いた人も多かったのだとか。

プロのギタリストでもこれほどの数のギターコレクションを持っている人はいないと言われているそうなのですが、野村さんの年収やギターの腕前とコレクションの総額がヤバイですよね。

また、野村さんのギターコレクションの総額については30年以上もかかって集めたものなので見当もつかないそうです。

仮にギターの値段が1本30万円ほどだったとしても、350本×30万円=1億500万円以上の総額がかかっていると言えそうなのですが、実際にはそれ以上の金額がかかっているようですね。

また、そんな野村さんのギターの腕前については、日本でも指折りの実力の持ち主とも言われているのだとか。

なので、様々なミュージシャンから仕事の依頼が来ているそうなのですが、こうしたことからも野村さんの実力がいかにスゴイかということがわかりますよね。

したがって、今後も野村さんはギタリストとして大活躍していきそうです。

若い頃にアイドルとしてデビューし、その若い頃の活躍や昔の顔が話題になった野村さんなのですが、数千万円近い年収があって350本ものギターコレクションも注目されていて、好きなことを極めながら生きている姿は、まさに理想的で憧れる人もいるのではないでしょうか。

音楽の道を進み続ける野村さんの生き方に、これからも注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・野村義男や嫁(野坂なつみ)の今現在や子供の学校生活がヤバイ!?浜崎あゆみとの禁断の関係とは!?

・田原俊彦の若い頃の活躍や昔の顔がヤバイ!?嫁の向井田彩子の現在の劣化もヤバイ!?

・近藤真彦の若い頃の活躍や昔の顔がヤバイ!?息子のド派手な名前や学校のレベルもヤバイ!?

このページの先頭へ