小平奈緒の太ももの実際のサイズや胸のカップ数が実はヤバイ!?世界記録達成までの驚きの成績の数々とは!?

小平奈緒さんは日本を代表するアスリートですよね。

20代の頃よりも30代になってからの方が記録が伸びるなど、その進化も注目されています。

そんな小平さんなのですが、太ももの実際のサイズや胸のカップ数が話題になっているそうです。

さらに、小平さんの世界記録達成までの成績の数々にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:小平 奈緒(こだいら なお)
本名:小平 奈緒(こだいら なお)
生年月日:1986年5月26日(31歳)
出身地:長野県
身長:165cm
血液型:A型
所属:相澤病院

・2001年:全日本ジュニア中学生王者になる。
・2009年:相澤病院に勤務する。
・2010年:バンクーバーオリンピックに出場する。
・2014年:ソチオリンピックに出場する。
・2018年:平昌オリンピックに出場する。

小平奈緒の太ももの実際のサイズや胸のカップ数が実はヤバイ!?

小平奈緒さんはこれまでに3回もオリンピックに出場していますよね。

子供の頃からスピードスケートを始めて、現在も競技を続けてオリンピックで金メダルを獲得しています。

そんな小平さんなのですが、太ももの実際のサイズや胸のカップ数が話題になっているそうです。

では、小平さんの太ももの実際のサイズや胸のカップ数とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、小平さんはスピードスケートの選手ということで太ももの太さが話題になり、さらに胸のカップなども注目されているそうです。

小平さんは平昌オリンピックで大活躍していますよね。

二つの種目で金メダルと銀メダルを獲得して大注目されたのですが、そんな小平さんは太ももが太いと言われているのだそうです。

スピードスケートの選手は小平さんに限らずかなり太ももが太いのですが、小平さんもかなり太ももが太いのだとか。

小平さんの太もものサイズについては約60cmほどだと言われているのですが、小平さんと同じ身長165cmの一般女性の太ももの太さの平均が約47cmだとのことで、小平さんの太ももはかなり太いと言えますよね。

ちなみに、小平さんは身長165cmで体重が61kgなのだそうです。

スポンサーリンク


やはり、スピードスケートの選手ということで普段からトレーニングをしているので太ももが異常に太くなっていると言えそうなのですが、小平さんのトレーニングはスピードスケートの練習の他に自転車やウェイトトレーニングなどを行い、さらに一本歯の下駄をはいてバランス感覚を養うなどをしていたのだとか。

こうしたトレーニングによって小平さんは20代後半になってから、さらに自己記録を更新しているのですが、小平さんは様々なトレーニングを行っているようです。

また、そんな小平さんのカップ数についてなのですが、小平さんのスリーサイズは公開されていないのではっきりとはわかっていないのだとか。

ただ、普段の小平さんの姿からバストサイズはA~Cほどじゃないかとも言われているのですが、小平さんの太ももの実際のサイズや胸のカップ数がヤバイですよね。

現在も現役を続けている小平さんはさらにトレーニングを続けていきそうなのですが、今後も小平さんの太ももの太さなどについては注目されていきそうですね。

スポンサーリンク


小平奈緒の世界記録達成までの驚きの成績の数々とは!?

小平奈緒さんは日本人として最年長で金メダルを獲得するなど、30歳を超えても大活躍していますよね。

スピードスケーターとして若い頃よりも現在の方が早くなっていると言われているのですが、そんな小平さんの世界記録達成までの成績の数々について注目が集まっているそうです。

では、小平さんの世界記録達成までの成績の数々とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、小平さんは世界記録を保持していて、それ以前にも様々な成績を残しているのだそうです。

まず、小平さんのスピードスケートの経歴についてなのですが、小平さんは父親がコーチとなって3歳の頃からスピードスケートを始めて、中学2年生の頃には500mで中学記録を樹立しているのだとか。

ちなみに、小平さんがスピードスケートを始めたきっかけは、父親がコーチで二人の姉もスケートをやっていたこともあって、家族でスケートに取り組んでいたからと言えそうです。

そして、そんな小平さんはその後に全日本ジュニアのスプリント部門で中学生王者になっているのだとか。

スポンサーリンク


また、高校生になった小平さんはインターハイの500m、1000mで優勝し、全日本ジュニアでも優勝しているのだそうです。

なので、小平さんは10代の頃から何度も日本一になって活躍していたのですが、大学生になってからも500mや1500mなどで優勝しているのだとか。

なので、学生の頃から物凄い成績を残しているようです。

そして、社会人になってからもISUワールドカップベルリン大会の500mで3位になり、2010年にはバンクーバーオリンピックに出場しているのだそうです。

小平さんはバンクーバーオリンピックで500mが12位、1000m、1500mで5位になったのですが、女子団体パシュートでも銀メダルを獲得しているのだとか。

また、2014年にはソチオリンピックに出場し、500mで5位、1000mで13位になったのだそうです。

そして、小平さんはソチオリンピック後にオランダに留学して、オランダのプロチームでスピードスケートを学び、2014年のワールドカップで初優勝しているのだとか。

そして、2014/2015のワールドカップの500mで総合優勝をするなどしているのだそうです。

オランダに留学をしてスピードスケートを学んでから小平さんはさらに記録を伸ばしたと言われているのですが、2017年2月に行われた世界距離別選手権で行われた500mで37秒13を記録しているのだとか。

そして、この時の小平さんの記録は世界最速の記録だったのだそうです。

さらに、小平さんは2017年の11月に行われたワールドカップの500mで37秒08を記録し、さらに世界最速の記録を塗り替えたのだとか。

スポンサーリンク


また、小平さんは平昌オリンピックでも500mで36秒95を記録していて、これはオリンピック新記録であると同時に、低地リンク世界最高記録となったのだそうです。

小平さんはこの記録によって金メダルを獲得しているのですが、30代になってからさらに記録を伸ばしているのは凄いですよね。

また、小平さんは2017年の12月に行われたワールドカップの1000mで1分12秒09の世界新記録も出しているのだそうです。

なので、小平さんは500mでオリンピック記録、低地記録と1000mで世界記録を樹立しているのですが、小平さんの世界記録達成までの驚きの成績の数々ですよね。

小平さんの記録が伸びたのはオランダ留学で学んだことが大きく影響していると言われているのですが、今後も小平さんはさらなる成長を遂げて新記録を樹立していきそうです。

トレーニングによって太ももが太いと言われてカップ数なども話題になった小平さんなのですが、500mと1000mで世界記録を樹立していてその成績なども注目されていて、今後もそんな小平さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・小平奈緒とイサンファが仲が良い理由やエピソードがヤバイ!?相沢病院がスポンサーに付くまでの驚きの経緯とは!?

・小平奈緒の結婚相手や彼氏の正体とかわいい私服姿がヤバイ!?姉など家族の驚きの実態とは!?

こんな記事も読まれています!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ