笹井芳樹の遺書の中身と暗殺など死因の衝撃の真相がヤバイ!?嫁や子供など家族の驚きの末路とは!?

理化学研究所の副センター長として活躍していたのが笹井芳樹さんですよね。

笹井さんは遺伝子、細胞レベルの研究者として知られていました。

そんな笹井さんなのですが、遺書の中身と暗殺など死因の衝撃の真相が話題になっているそうです。

さらに、笹井さんのお嫁さんや子供など家族の末路にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:笹井 芳樹(ささい よしき)
本名:笹井 芳樹(ささい よしき)
生年月日:19年月日(歳)
出身地:兵庫県
身長:不明
血液型:不明
所属:理化学研究所

・1993年:京都大学博士号を取得する。
・2000年:理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター細胞分化・器官発生研究グループ ・グループディレクター兼任に就任する。
・2013年:理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 副センター長に就任する。
・2014年:死去する。

笹井芳樹の遺書の中身と暗殺など死因の衝撃の真相がヤバイ!?

笹井芳樹さんは「論文執筆の天才」とも言われていましたよね。

長年、様々な研究をしていて、STAP細胞論文の発表によって大きな注目を集めました。

そんな笹井さんなのですが、遺書の中身と暗殺など死因の真相が話題になっているそうです。

では、笹井さんの遺書の中身と暗殺など死因の真相とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、笹井さんは自殺をしていて、その遺書の中身や死因が注目されているそうです。

笹井さんは小保方晴子さんが発表したSTAP細胞の論文の指導を行っていて、共著者、共同開発者となっていたのだとか。

なので、STAP細胞の研究発表は笹井さんも一緒に行っていたのですが、STAP細胞の論文にコピペが見つかるなどしてその内容に疑いが持たれるようになった結果、STAP論文を撤回し、その後、笹井さんは2014年に自殺をしているのだそうです。

笹井さんは理化学研究所発生・再生化学総合研究センターとつながっている先端医療センターで首を吊っていたと報道されているのだとか。

突然の笹井さんの自殺に驚いた人も多かったのですが、警察が発表した死因は首を吊った縊死(いし)による自殺で、遺書などが6通も見つかったのだそうです。

笹井さんの遺書は家族や小保方さんに向けて書かれたもので、小保方さんには

「STAP細胞を再現してください。それが済んだら新しい人生を歩みなおしてください。」

と書かれていたのだとか。

スポンサーリンク


ちなみに、笹井さんと小保方さんは理化学研究所の上司と部下で、共同研究者という関係で師匠と弟子とも言える関係だったのだそうです。

週刊誌などには二人が交際しているということも書かれたものの、これはあくまでただの噂に過ぎないのだとか。

笹井さんがなぜ死んだのかについては様々なことが言われているのですが、やはりSTAP細胞騒動が起きたことで過熱した報道に耐え切れなくなったということや、暗殺されたということなども言われているそうです。

というのも、笹井さんは階段の手すりにひも状のものをかけて首を吊っていたものの、センター研究棟でわざわざ首を吊るという不自然な死に方や、報道によって医療センターで亡くなったということや病院で亡くなったなど、当時は情報が錯そうしていたのだとか。

なので、そうしたことから笹井さんの死は不自然な点が多いとして暗殺説なども出てきてしまったようです。

スポンサーリンク


また、笹井さんが死を選んだのは小保方さんと交わしたメールがマスコミにリークされていたことも影響していると言われているのだとか。

STAP細胞に関するNHKの番組の中で笹井さんが小保方さんに送ったメールが読まれるなどしていたそうなのですが、そうした加熱した報道に笹井さんは疲れ切ってしまったとも言われているそうです。

なので、そうしたことから笹井さんは死を選んだと言われているのですが、笹井さんの遺書の中身と暗殺など死因の衝撃の真相がヤバイですよね。

また、笹井さんはノーベル賞を受賞したiPS細胞の研究者である山中伸弥教授に対して対抗意識があり、そのために小保方さんと共にSTAP細胞を研究し発表したとも言われているそうです。

なので、山中教授への対抗意識からSTAP細胞を急いで発表したものの、不備が多くて様々な問題が起きてしまい、最終的に大変な事になってしまったとも言われているのだとか。

笹井さんの死については今もなお様々なことが言われているのですが、今後もそんな笹井さんの死は注目を集めていきそうです。

スポンサーリンク


笹井芳樹の嫁や子供など家族の驚きの末路とは!?

笹井芳樹さんは若い頃からエリートとして知られていて、STAP細胞で一気に話題になりましたよね。

笹井さんの家族なども注目されているのですが、そんな笹井さんのお嫁さんや子供など家族の末路について注目が集まっているそうです。

では、笹井さんのお嫁さんや子供など家族の末路とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、笹井さんは亡くなった後に奥さんが週刊誌に心情を明かすなどしていて、家族も大きな話題となったのだそうです。

笹井さんは2014年に亡くなっているのですが、その後、2016年に奥さんが週刊誌の取材を受けるなどしているのだとか。

笹井さんの奥さんは小保方晴子さんが手記「あの日」を発表し、大きな注目を集めたことから週刊誌の取材を受けて小保方さんの手記について率直な思いを語っていたのだそうです。

まず、笹井さんの奥さんは週刊誌の取材に対して小保方さんの手記を読んでいないことを明かしたのだとか。

さらに、週刊誌に小保方さんに対して怒っているような記事が書かれたものの、そうした事実はないと噂などを否定しているのだそうです。

スポンサーリンク


また、STAP細胞騒動については、小保方さんだけじゃなくて関わった人すべてに責任があるとも言っているのだとか。

笹井さんの奥さんもSTAP細胞騒動でマスコミから様々な取材を受けて大変な思いをしたようなのですが、もう一度STAP細胞について何が真実だったのか聞きたいとも明かしていて、一連の騒動には疑問に感じるところが多くあるのだそうです。

笹井さんの奥さんは亡くなった笹井さん自身もそれを望んでいるとも明かしているのですが、今後も笹井さんの奥さんの発言には注目が集まっていきそうですね。

また、そんな笹井さんなのですが、奥さんはいるもののお子さんがいるかどうかはわかっていないのだとか。

なので、家族構成などもわかっていないのですが、お兄さんに向けて遺書を書いていたことから母親とお兄さんがいることがわかっているそうです。

スポンサーリンク


ちなみに、笹井さんのお兄さんは医師だとも言われていて、笹井さんは家系的に医師が多くいると言われているのだとか。

笹井さん自身も京都大学医学部を卒業しているのですが、噂通りにお兄さんは医師の可能性は高そうですね。

なので、このように笹井さんの家族についても注目されているのですが、笹井さんのお嫁さんなど家族の驚きの末路ですよね。

STAP細胞の騒動によって笹井さんの家族も大変な目にあってしまったようなのですが、一般人ということで今後はマスコミの取材なども行き過ぎないように願いたいところです。

遺書が見つかり暗殺されたと言われるなど死因の真相が話題になった笹井さんなのですが、死後にお嫁さんや家族の末路も注目されていて、今後もそんな笹井さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・小保方晴子の現在の顔がSTAP整形で昔と今で激変しててヤバイ!?旦那や家族離散など驚きの現状とは!?

このページの先頭へ