小島聡の現在の結婚した嫁の正体と娘や怪我の状態がヤバイ!?いい人説の驚きの真相とは!?

90年代からプロレスラーとして活躍しているのが小島聡さんですよね。

小島さんはIWGPタッグ王座を獲得するなどプロレスラーとして早くから活躍しています。

そんな小島さんなのですが、現在の結婚したお嫁さんの正体と娘や怪我の状態が話題になっているそうです。

さらに、小島さんのいい人説の真相にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:小島 聡(こじま さとし)
本名:小島 聡(こじま さとし)
生年月日:1970年9月14日(48歳)
出身地:東京都
身長:183cm
血液型:A型
所属:新日本プロレス

・1991年:新日本プロレスに入団する。
・1996年:IWGPタッグ王座を獲得する。
・2002年:新日本プロレスを退団する。全日本プロレスに入団する。
・2005年:三冠ヘビー級王座を獲得する。
・2010年:全日本プロレスを退団する。
・2011年:新日本プロレスに入団する。

小島聡の現在の結婚した嫁の正体と娘や怪我の状態がヤバイ!?

小島聡さんはプロレスラーとしてこれまでに数多くの名勝負を繰り広げてきていますよね。

小島さんは覆面レスラーとしても活躍していました。

そんな小島さんなのですが、現在の結婚したお嫁さんの正体と娘さんや怪我の状態が話題になっているそうです。

では、小島さんの現在の結婚したお嫁さんの正体と娘や怪我の状態とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、小島さんはお嫁さんと娘さんがいて、膝を怪我しているのだそうです。

まず、小島さんは奥さんとお子さんがいることが知られていて、お嫁さんは元デザイナーの鷲尾蘭子さんという方なのだとか。

鷲尾さんは小島さんよりも3歳年上だそうなのですが、お嫁さんの方が年上ということで姉さん女房になるようですね。

二人の馴れ初めについてははっきりしないのですが、馴れ初めはもちろん、小島さんとお嫁さんの蘭子さんについてのエピソードなどもほとんど明かされていないそうです。

なので、奥さんの性格などもわかっていないのだとか。

しかし、小島さんはプロレスラーとして充実した活動を行っていることからも鷲尾さんが妻としてしっかりと小島さんのことを支えているようです。

そして、小島さんはそんなお嫁さんとの間に娘さんをもうけているのですが、娘さんがリングに上がって小島さんに花束を渡すこともあり顔なども公開しているのだとか。

奥さんに似たのか娘さんはかなりかわいらしいお子さんですよね。


スポンサーリンク


そして、そんな小島さんは2018年2月に左前膝十字じん帯断裂という怪我をしたのだとか。

この怪我によって小島さんは2カ月も欠場することになったのですが、一時はプロレスラーとしてリングに戻ることができないかもしれないとも感じたそうです。

その後、小島さんは膝を手術してリハビリを行っていたそうなのですが、現在は怪我の状態もかなり良くなったと言われているものの、未だに試合には復帰していないのだとか。

小島さんは現在、トレーニングなどを行っているので今後はもう少し状況が良くなれば再びリングに上がって活躍する姿を見せてくれるかもしれません。

このように小島さんは怪我をしてからはかなり大変な日々を送っているようなのですが、小島さんの現在の結婚した嫁と娘や怪我の状態がヤバイですよね。

スポンサーリンク


ちなみに、小島さんは腕にサポーターを巻いているのですが、これは怪我をしているのでサポーターを巻いているわけじゃないのだとか。

得意のラリアットを行うことからサポーターを巻いているとも言えそうなのですが、小島さんは企業とコラボしたサポーターも作っていてファンからはお馴染みとなっているそうです。

ちなみに、そんな小島さんの現在の年収は1500~2000万円ほどと言われているそうです。

小島さんは、かつて年収が800万円ほどだったとも言われているそうなのですが、活動する団体などでも年収は異なるのだとか。

今はまだリハビリ中であるものの、今後は膝の怪我が完治し、再び大活躍する小島さんの姿が見たいですね。

スポンサーリンク


小島聡のいい人説の驚きの真相とは!?

プロレスラーはその人柄や性格なども注目されることが多いですよね。

小島聡さんもその性格などが話題になっているのですが、そんな小島さんのいい人説の真相に注目が集まっているそうです。

では、小島さんのいい人説の真相とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、小島さんはプロレスラーの中でも性格が良くていい人と言われていて、そんな小島さんの性格が好きという人も多いのだそうです。

小島さんはプロレスラーとして激しい試合を行うことも多いのですが、以前から性格が良いと言われているのだとか。

取材を受ける時の対応はもちろん、飲食店などで酔っぱらって店員に強い口調で話すお客さんに苦言を呈するなどしていて、その性格の良さは多くの人に知られているのだそうです。

こうした小島さんの発言は絶賛されているのですが、他にも新日本プロレスを退団して全日本プロレスに移籍した時には、これまでお世話になった社員全員に電話をして挨拶をしたのだとか。

なので、こうした小島さんのエピソードからいい人と言われているそうなのですが、小島さんは噂通りにいい人エピソードが多くあるということで小島さんのいい人説の驚きの真相ですよね。

スポンサーリンク


他にも小島さんは常識人とも言われているそうなのですが、そうした性格からプロレスラーとしては損をすることが多いのじゃないかとも言われているそうです。

しかし、ファンからしてみると、そうしたところも小島さんの魅力の一つと言えそうなのだとか。

ただ、そんな小島さんですが、プロレスラーの諏訪魔さんと因縁があると言われているそうです。

小島さんは、全日本プロレスを退団する時に諏訪魔さんに批判されていて、そこから二人の因縁は始まったと言われているのだとか。

2017年に二人がシングルマッチを行った時も諏訪魔さんは小島さんのことを

「ふにゃふにゃしていて虫唾が走る」

とまで言っていたのだそうです。

なので、そんな二人が直接、リングの上で戦うということで二人の試合は大きく注目されたのだとか。

スポンサーリンク


しかし、実際に試合が行われた時には、突然リングに乱入した外国人レスラーのジョードーリングさんが先にリングインした諏訪魔さんをボコボコにしてしまい、そのせいで諏訪魔さんは小島さんとの試合を満足に行うことができなかったのだそうです。

小島さんはダメージの大きい諏訪魔さんに勝利したものの、諏訪魔さんとの7年に渡る闘いが

「こんな短い時間で終わっていいのか」

と言い、空気を読まずに乱入したジョードーリングさんに苦言を呈していたそうです。

試合前から小島さんと諏訪魔さんの因縁について盛り上がっていただけに試合そのものが凡戦になってしまったことがお客さんに対して申し訳ないと感じていたそうなのですが、小島さんがそのように感じるのも納得ですよね。

ただ、小島さんは諏訪魔さんのことは嫌いと言いながらもその強さを認めてリスペクトしているということで、こうしたところはさすが小島さんです。

スポンサーリンク


また、そんな小島さんは普段はメガネをかけていて、試合をする時には鼻にブリーズライトを張っているのだとか。

ブリーズライトは鼻腔を広げる効果があるのでスポーツ選手も多く使用しているのですが、小島さんはプロレス界でブリーズライトを使っている選手がいなかったので使うようになったのだそうです。

また、小島さんというとお兄さんはパンクバンド鉄アレイのボーカルのBUT-MANさんということが知られているのだとか。

小島さんは昔からお兄さんのBUT-MANさんの方がプロレスラーらしい性格をしているのでプロレスラーになればよかったのにと明かしているそうなのですが、兄弟でプロレスラーとミュージシャンとして活躍しているのは凄いですよね。

今後もそんな小島さんはプロレスラーとして大活躍していきそうです。

膝の状態やお嫁さんや娘さんが話題になった小島さんなのですが、いい人とも言われてそのエピソードが多くあって注目されていて、今後もそんな小島さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ