グッドドクター4話のネタバレ内容まとめとあらすじや感想!

グッド・ドクターの無料動画はコチラ!

今回の患者さんは、公園で倒れているところを見つかった少女です。

実は母親からDVを受けていて、病気のことも口に出せなかったというのです。

主人公の新堂湊(山崎賢人)は少女を懸命に守ろうとしますが、副院長らの陰謀もあって、クビ一歩手前まで追い詰められてしまいます!

湊は少女を救えるか、そして病院に残れるのか、という一大事です。

それでは、ネタバレをご覧ください。

スポンサーリンク


グッドドクター第4話のあらすじのネタバレ!

第4話の「起」: 湊が口をきかない少女の主治医に!しかしこれは副院長の陰謀だった

第4話の「承」: 少女の母親来院!あかりちゃんを守るために湊が暴走して謹慎

第4話の「転」: 義母の嘘が発覚!脱走したあかりちゃんを湊が救う!

第4話の「結」: 感涙の日記!湊の心配りで父娘は本音で語り合う

スポンサーリンク

グッドドクター第4話のあらすじのネタバレ!

第4話の「起」: 湊が口をきかない少女の主治医に!しかしこれは副院長の陰謀だった

たこ足公園の遊具の中で倒れた少女が、緊急搬送されてきました。

治療をしようとすると、少女は暴れます。

まともに口もきこうとはしません。

ところが新堂湊が手を差し出すと、怖がらずに少し心を許す様子も見られます。

湊からは高圧的な態度が感じられないからでしょうね。

そういえば、入院患者の子供たちも、いつの間にか湊になついていますよね。

湊は、この名前のわからない少女の担当医に決まります。

湊が望んだことですが、決定の理由は陰謀のせいなんです。

湊に問題を起こさせようと計画した猪口副院長の指示で、間宮科長が命令したことだったのです。

高山医師は偶然、間宮と猪口副院長の策略話を聞いてしまいます。

小児科はなくす、間宮は部長職を示唆され、

「廃科は理事長もお喜びになる」

とのこと。

高山は焦って、担当医を瀬戸夏美に入れ替えようとしますが、夏美は釈然としません。

高山は疑心暗鬼になって、東郷美智理事長とのデートをキャンセルします。

「緊急オペだ」

と嘘をつくのですが、これは翌日にはばれてしまいます。

理事長も病院への融資問題など悩みが多く、癒しが欲しかった時に高山に嘘をつかれたとなると、良くない流れになりそうですね。

夏美は院長に差し入れをもらった時に

「彼を信じてのびのびとやらせて」

と頼まれます。

湊にはサヴァン症候群の特別な才能があり、記憶力・観察力を駆使した判断は驚異的です。

自分の方も学ぶことが多いことがわかっている夏美は、湊が医師として働くことを応援したいんですね。

スポンサーリンク

第4話の「承」: 少女の母親来院、湊はあかりちゃんを守るために暴走して謹慎に

少女の母親・大石薫が病院に名乗り出て来ました。

少女は「大石あかり7歳」と判明します。

あかりちゃんは尿膜管の化膿からくる腹膜炎、手術が必要で、10日ほどの入院とのこと。

夏美は

「しゃべらないのは先天的な症状ですか?」

と質問します。

薫は継母で、半年前父親と再婚したとのこと。

義母・薫とはだんだん話さなくなって、心を開かないようになったため、悩んでいるというのです。

湊は張り切ってあかりちゃんを診ますが、心はなかなかほぐれません。

一緒にお絵かきしようという湊を拒否して、荷物を握りしめます。

夜、湊はうっかり荷物の中のノートを見てしまいます。

あかりちゃんは

「誰にも言わないで」

と初めて喋りかけます。

この時点でノートの内容は明かされませんが、実は、あかりちゃんと義母の不仲が書いてある日記なのでした。

翌日、薫が娘を転院させたいと申し出ます。

DVの事情を知ってしまった湊は

「あかりちゃんは絶対絶対渡しません!」

と、彼女を抱えて逃げ出します。

父親と夏美が慌てて駆け付けた瞬間、薫は倒れている状態でした。

薫は

「新堂先生に暴力を振るわれた」

と申告するのです。

この事件は、さっそく審議にかけられ、湊は謹慎、院長の進退も問われることになってしまいます。

何ということ!副院長の思うつぼです。

夏美は

「意味もなく暴力をふるうわけない、ちゃんと話して」

と湊に詰め寄ります。

しかし湊は

「話しません」

と、かたくなです。

話さないのはもちろん、あかりちゃんと約束したからです!

父親は母親のDVを全く疑っていないので、娘を心配しつつも薫をねぎらい、自分を責めるのでした。

ノートを思い出して、悩む湊の姿が切ないです。

普通なら夏美か父親に告白するところでしょうが、湊はあかりちゃんとの約束を誠実に守るんです。

ピュアな湊が少しじれったいですね。

スポンサーリンク

第4話の「転」: 義母の嘘が発覚、脱走したあかりちゃんを湊が救う!

翌朝、あかりちゃんの病室脱走が発見されます。

医局では大騒ぎです。

間宮科長は湊のことも疑いますが、夏美が電話確認すると、

「僕も探します!」

と湊は駆け出します。

心当たりがあるところが、湊のすごいところです。

一方、医局では薫の欺瞞が見つかり始めます。

入院患者の男の子が、薫は自分で転んだこと、ムードが怖くてすぐ言いだせなかったことを話してくれます。

「湊先生は悪くない」

と主張する少年。

患者さんの間にも湊のファンが増えていたんです。

冤罪とわかって、本当に良かったですね。

高山先生は、あかりちゃんのノートを見つけ、薫のDVの秘密を知ります。

同時に湊の行動も理解できたはずですね。
湊は、たこ公園であかりちゃんを見つけます。

たこ足公園は、亡き母との思い出の場所だとのことでした。

湊、お手柄です!

「私が我慢すればいいの」

というあかりちゃん。

湊は

「心がつぶれちゃいます」

と諭して、本音をいうよう勧めるのです。

第4話の「結」: 感涙の日記!湊の心配りで父娘は本音で語り合う

公園から搬送されたあかりちゃん。

手術室前で待ちながら、父親はあかりちゃんの日記を読みます。

あかりちゃんと薫の仲がどんどん悪くなっていく様子が、あかりちゃんの声で語られます。

少女は父親の幸せを思って、義母のいじめも体の不調も全部、我慢していたのです。

「あかりがいなくなると、パパは帰ってきます」

という文章が、父親に刺さります。

小学生とは思えない心遣いです!

涙が自然に溢れてしまいますね。

手術室に入ることを許された湊は、懸命にあかりちゃんそばで無事を祈ります。

湊は記憶の中の画像診断をたどり、腸の潰瘍を言い当て、高山はそれを信じて手術をすすめます。

手術は成功しました!

ところが湊は

「まだです」

というのです。

湊が気にしていたのは、心のケアのことでした。

あかりちゃんは、後妻が来て楽しそうだった父親を思いやっていたことを、頑張って伝えます。

「本当はパパと二人がいい」

という娘に、うなずく父親。

もう大丈夫ですね。

あかりちゃんと父親は打ち解け、無事2人で暮らしていくでしょう。

屋上では湊と夏美の、いつものおにぎりタイムです。

あかりちゃんの幸せを願いつつ、湊は夏美に自分のお父さんの話をします。

我慢すればいつかは好きになってくれると信じていた湊。

医者になった僕をみてもらいたいという湊に、涙をこらえる夏美は、何も言えなくなってしまいます。

その一方、小児科の行く末と湊の関係を心配する高山先生は、湊を画像診断科に転科させる考えを夏美に伝えます。

運営のダシにされないような配慮でしょうが、湊が可哀そうすぎます。

湊は患者の子供たちに受け入れられ、楽しく仕事しているのに…。

この話題は、次回に続いていきます。

スポンサーリンク

グッドドクター第4話のまとめや感想と次回の予想!

あかりちゃんが上手く気持ちを口に出せてよかったですね。

湊の方も冤罪が晴れ、クビにならなくて済みました。

ところが高山先生が湊を小児科から出そうとしています。

また、理事長が資金繰りで切羽詰まっている問題もありました。

病院そのものが危ぶまれていますね。

次回の患者さんは、喉に腫瘍ができた天才ボーイソプラノ歌手です。

天才少年歌手の高音を守ることができるのか。

湊は小児科に残れるのか。

グッドドクター…次回も目が離せません!!

グッド・ドクターの無料動画はコチラ!

他の話のネタバレはコチラ!

・グッドドクター5話のネタバレ内容まとめ!あらすじや感想も

スポンサーリンク

このページの先頭へ