高倉健の死因に隠された衝撃の真相がついに明らかに!?若い頃の驚きの活躍とは!?

日本を代表する映画俳優というと高倉健さんですよね。

高倉さんは日本映画の伝説的な大スターです。

そんな高倉さんなのですが、死因に隠された真相がついに明らかになったと話題になっているそうです。

さらに、高倉さんの若い頃の活躍にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:高倉 健(たかくら けん)
本名:小田 剛一(おだ ごういち)
生年月日:1931年2月16日(83歳没)
出身地:福岡県
身長:180cm
血液型:B型
所属:高倉プロモーション

・1955年:俳優デビュー。
・1956年:映画「電光空手打ち」で映画初主演。
・1959年:江利チエミと結婚する。
・1965年:映画「網走番外地」に主演する。
・1972年:江利チエミと離婚する。
・1998年:紫綬褒章を受賞する。
・2014年:悪性リンパ腫によって死去する。

高倉健の死因に隠された衝撃の真相がついに明らかに!?

数々の映画で主演を務めて大活躍していたのが、高倉健さんですよね。

2017-01-12_112146

高倉さんの演技やその存在感は唯一無二のものとも言われています。

そんな高倉さんなのですが、死因に隠された真相が話題になっているそうです。

では、高倉さんの死因に隠された真相とは、一体、どのようなことなのでしょうか。

そこで調べてみると、高倉さんは2014年の11月10日に亡くなっているのですが、その死因は悪性リンパ腫と言われているそうです。

2017-01-12_112031

ちなみに、悪性リンパ腫とは、

「血液のがんで、リンパ系組織から発生する悪性腫瘍である。」

(Wikipediaより)

という病気なのだとか。

高倉さんの死が知らされたのは2014年の11月18日のことなのですが、その時にはすでに密葬が執り行われていたそうです。

高倉さんの個人事務所の高倉プロモーションが高倉さんを荼毘に付した後に高倉さんの死をマスコミにファックスで知らせていたそうなのですが、亡くなってすぐに密葬にしたのは高倉さん自身の遺志だったのだとか。

スポンサーリンク


そして、高倉さんが亡くなったのは都内の病院だそうなのですが、亡くなる時には安らかな顔をしていたそうです。

以前から高倉さんはプライベートをほとんど明かさないことで有名で、そうしたこともあって入院していた病院などは一切明かされていないのだとか。

また、悪性リンパ腫で闘病していた高倉さんは、抗がん剤や放射線治療を行っていたと言われているのですが、そうした治療法も高倉さんにはあまり効果がなかったとも言われているそうです。

さらに、そうした治療の副作用にも苦しめられたとも言われているそうなのですが、高倉さんの死因に隠された衝撃の真相がついに明らかになったと言えますよね

ただ、そのように密かに闘病していた高倉さんなのですが、実は次に出演する映画作品の準備をしていたとも言われているそうです。

しかし、容体が急変してしまったために、それも叶わなかったのだとか。

映画人として生きてきた高倉さんなので、闘病を続けながらも最後まで映画のことを考えていたようです。

こうしたところはまさに根っからの映画人ですね。

スポンサーリンク

高倉健の若い頃の驚きの活躍とは!?

高倉健さんは日本の映画界を代表する俳優で、最も日本人から愛された俳優とも言えますよね。

2017-01-12_112422

様々な役柄を演じてヒット作も多い高倉さんなのですが、そんな高倉さんの若い頃の活躍に注目が集まっているそうです。

では、高倉さんの若い頃の活躍とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、高倉さんは明治大学を卒業した後に東映ニューフェイス第二期として東映に入社して俳優としての人生が始まったそうです。

そして、1956年に映画「電光空手打ち」という作品で主演を務め、俳優デビューをしているのだとか。

さらに、1956年には第一回エランドール賞・新人賞を受賞しているのですが、すでにこの頃から高倉さんは俳優として高い評価を得ていたそうです。

2017-01-12_112506

そして、その後も高倉さんは同じシリーズものの「流星空手打ち」などに出演し、1957年には「喧嘩社員」や「無敵社員」などのシリーズものにも出演しているのだとか。

そして、その後は引き続き数多くの映画に出演し、1965年には高倉さんの代表作とも言える「網走番外地」シリーズに出演するようになったのだそうです。

このヤクザ映画でのヤクザ役が当たり役となった高倉さんは、これ以降もヤクザ映画に多く出演し、大人気となりました。

2017-01-12_110837

任侠映画といえば高倉さんとまで言われるほどになったのですが、高倉さんの若い頃の活躍がヤバイですよね。

スポンサーリンク


このように俳優として芸能界にデビューし、大活躍していた高倉さんなのですが、ヤクザ映画ばかりに出演していることで俳優としての活動が狭まってしまうということで1970年には高倉プロを設立しています。

そしてその後、これまでのヤクザ映画とは一味違った「新幹線大爆破」や「君よ憤怒の河を渡れ」などの作品に出演し、新たな一面を見せているのだとか。

2017-01-12_112646

こうした路線も高倉さんのキャラクターと合わせて大人気となったのですが、俳優としてストイックな姿勢とその人柄から高倉さんを尊敬する俳優は多いそうです。

そして、若い頃から死ぬまで現役の俳優であり続けた高倉さんなのですが、ヤクザ役はもちろん、それ以外の役柄についても高い評価を得ているというのも納得ですよね。

悪性リンパ腫を患って都内の病院で闘病をしていたものの、治療薬などがあまり効かなかったということが言われて、その死因の真相が明らかになった高倉さんなのですが、1956年から俳優として大活躍し、その後もヤクザ映画に多く出演をして人気となるなど、若い頃の活躍も注目されていて、そんな高倉さんは今後も多くの人の憧れであり続けそうですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・高倉健と養女の衝撃の関係がヤバイ!?伝説エピソードの驚きの数々とは!?

このページの先頭へ