菅原文太の死因に隠された衝撃の真相が明らかに!?息子の死の真相もヤバイ!?

日本を代表する俳優で、晩年には農業を行っていたのが菅原文太さんですよね。

俳優を引退するまで様々な作品に出演していました。

そんな菅原さんなのですが、死因の真相が話題になっているそうです。

さらに、菅原さんの息子さんの死の真相にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:菅原 文太(すがわら ぶんた)
本名:菅原 文太(すがわら ぶんた)
生年月日:1933年8月16日(満81歳没)
出身地:宮城県
身長:176cm
血液型:O型
所属:菅原文太事務所

・1954年:劇団四季に入団する。
・1956年:「哀愁の街に霧が降る」で映画デビューする。
・1961年:松竹に移籍する。
・1967年:東映に移籍する。
・1973年:「仁義なき戦い」に出演する。
・2001年:ジブリ映画「千と千尋の神隠し」で声優を務める。
・2009年:農業を始める。

菅原文太の死因に隠された衝撃の真相が明らかに!?

菅原文太さんは、無骨ながらも男臭い俳優として人気でしたよね。

特に菅原さんのヤクザ役ははまり役でした。

そんな菅原さんなのですが、死因の真相が話題になっているそうです。

では、菅原さんの死因の真相とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、菅原さんの死因は転移性肝がんなのだそうです。

菅原さんは2014年の11月28日に亡くなられているのですが、11月30日に太宰府天満宮で家族葬が行われて、その後に菅原さんの死が報告されたのだとか。

菅原さんが亡くなったのは81歳ということなので天寿を全うしたとも言えるのですが、その訃報は映画界はもちろん、多くの人が悲しみに暮れました。

そんな菅原さんなのですが、死因は転移性肝がんによる肝不全によって亡くなられたそうです。

ただ、実は菅原さんは2007年に膀胱がんを患っていて、当時から膀胱がんの闘病も行っていたのだとか。


スポンサーリンク


この膀胱がんを患ったことで転移性肝がんとなったと言えそうなのですが、かつてがんについて東京大学医学部の中川恵一さんと対談をしていたこともあるそうです。

なので、そうしたことから菅原さんは東京大学医学部付属病院に入院していたということも言われているのだとか。

しかし、そのような噂があるものの、菅原さんが入院していた病院については、はっきりとしたことは明かされていないので、どこの病院に入院していたのかわかっていないそうです。

ただ、東京大学医学部の中川さんと対談するほどだったので、東京大学医学部附属病院に入院していた可能性は高そうですね。

いずれにしろ菅原さんほどの俳優ならかなりしっかりとした病院に入院をして治療を行っていたのは間違いないと思うのですが、菅原さんの死因に隠された衝撃の真相が明らかになったと言えますよね。

亡くなられても菅原さんの出演した作品は永遠に生き続けるということで、今後も菅原さんは多くの人に愛されていきそうですね。

スポンサーリンク

菅原文太の息子の死の真相もヤバイ!?

菅原文太さんは俳優として活動していた姿が印象的なのですが、子供が3人いたことが知られていますよね。

大スターにもかかわらず私生活は質素だったとも言われている菅原さんなのですが、菅原さんの息子さんの死の真相にも注目が集まっているそうです。

では、菅原さんの息子さんの死の真相とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、菅原さんの息子さんの中で長男の菅原加織さんが2001年に亡くなられているそうです。

菅原加織さんは、菅原文太さんと同じく俳優として活動していて、高校生の頃に「恋する女たち」という映画で俳優デビューをしているのだとか。

しかし、2001年に踏切事故で亡くなられてしまったのだそうです。

菅原加織さんは、まだ31歳という若さだったとのことで、菅原文太さんも大きな悲しみに暮れたのだとか。

そして、この菅原加織さんの死についてなのですが、東京都世田谷区の小田急線の踏切で事故にあったと言われているそうです。

事故にあった時の菅原加織さんはお酒を飲んで酔っぱらっていて、携帯で話をしながら踏切に入ってしまって電車と接触してしまったと言われているのだとか。

なので、酔っ払いながら電話をして周囲をよく見なかったことから事故にあってしまったとも言えそうなのですが、一説には自殺ということも言われているそうです。

ただ、死亡する前の菅原加織さんには自殺する様子などは一切なかったので、やはり事故だという見方が強いのだとか。

スポンサーリンク


父親の菅原文太さんの死の真相についてもいろいろなことが言われたのですが、菅原さんの息子さんの死の真相もヤバイですよね。

そして、このように先に息子の菅原加織さんが亡くなられたことで、父の菅原文太さんはかなり気落ちしてしまったのだとか。

なので、あまりのショックで仕事をもうしたくないとも言い、ほぼ引退状態になってしまったそうです。

そして、しばらく活動を休止した菅原さんは、2003年にドラマ「高原へいらっしゃい」で俳優復帰し、「わたしのグランパ」で主演を務めるなどしていたそうです。

そうして俳優としての活動を再開し、2009年には年齢のことなどもあって正式に俳優引退をしているのですが、菅原加織さんの死は菅原文太さんにとってかなり大きなショックとなったのは間違いなさそうですね。

かつて膀胱がんを患い、2011年に転移性肝がんで死去し、その死因の真相が話題となった菅原さんなのですが、息子の菅原加織さんが踏切事故で亡くなり、その死因についても注目されたということで、今後も、死してなお菅原さんは様々なことで話題になりそうですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・菅原文太の仁義なき戦いでの撮影秘話がヤバイ!?高倉健との驚きの関係とは!?

このページの先頭へ