新垣隆の今現在の目の斜視の悪化度や結婚相手がヤバイ!?ピアノの実力を示す驚きの経歴とは!?

佐村河内守さんのゴーストライターだったと告白して大きな話題を集めたのが新垣隆さんですよね。

佐村河内さんの楽曲はすべて新垣さんが作曲していたことで、さらに世間を驚かせました。

そんな新垣さんなのですが、今現在の目の斜視の悪化度や結婚相手が話題になっているそうです。

さらに、新垣さんのピアノの実力を示す経歴にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:新垣 隆(にいがき たかし)
本名:新垣 隆(にいがき たかし)
生年月日:1970年9月1日(47歳)
出身地:青森県
身長:169cm
血液型:A型
所属:スペースクラフトエンタテイメント

・1974年:ピアノを始める。
・1989年:桐朋学園大学音楽部作曲科に入学する。
・1996年:佐村河内守と出会う。
・2013年:ゴーストライターであることを告白する。
・2017年:バンド「ジェニーハイ」を結成する。

新垣隆の今現在の目の斜視の悪化度や結婚相手がヤバイ!?

新垣隆さんは現在、音楽家としてテレビなどにも多く出演していますよね。

佐村河内守さんのゴーストライターだったことを告白して以降、タレントとしても活躍しています。

そんな新垣さんなのですが、今現在の目の斜視の悪化度や結婚相手が話題になっているそうです。

では、新垣さんの今現在の目の斜視の悪化度や結婚相手とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、新垣さんはかつて斜視だったものの、現在は目を治し、結婚なども噂されているそうです。

新垣さんは音楽家として佐村河内守さんのゴーストライターだったことが知られていますよね。

2013年に新垣さんが週刊誌に佐村河内さんとの関係を告白したことで、新垣さんにも一気に注目が集まったのですが、新垣さんも記者会見を開くなどしてマスコミの前にも姿を現しました。

そんな新垣さんなのですが、斜視だったことも話題になったのだそうです。

ちなみに、斜視とは

「片方の目は視線が正しく目標とする方向に向いているが、もう片方の目が内側や外側、あるいは上や下に向いている状態のことをいう。」

(Wikipediaより)

というものなのだとか。

新垣さんがどのようなことから斜視になったのかはわかっていないのですが、新垣さんの目を見ると左右で違う方向を向いていることが多いですよね。

しかし、そのように斜視だった新垣さんなのですが、ゴーストライター騒動で注目されて、それ以降に多くのテレビ番組に出演するようになると、斜視じゃなくて普通の目をしているように見える時もあって、新垣さんは斜視を治したのじゃないかとも言われるようになったのだとか。

実際、斜視はちょっとした手術ですぐに治すことができると言われているので、新垣さんも手術で斜視を治した可能性が高そうですよね。

ただ、これについてはあくまで噂で、現在も新垣さんは斜視のままなのだそうです。

実は新垣さんは斜視であるものの、注意をすると目を普通の状態にすることができると明かしているのだとか。

なので、新垣さんは斜視を治したわけじゃなくて、意識的に目を普通の状態にしているのだそうです。

そうしたことから斜視が治ったように見えているようなのですが、意識しないと元に戻ってしまうために、目を元に戻すことを忘れてしまって斜視の状態になってしまうことも多いのだとか。

なので、完璧じゃないものの、テレビなどに出演する時には意識して目を普通の状態にしていると言えそうです。

スポンサーリンク


また、そんな新垣さんなのですが、今は結婚のことなども注目されているのだそうです。

ただ、新垣さんは結婚歴などもなくて現在も独身なのだとか。

しかし、ゴーストライター騒動でメディアに登場することも多くなり、新垣さんの結婚や恋愛などについて様々なことが言われるようになったのだそうです。

ちなみに、新垣さんは10年ほど前に彼女がいたことを明かしていて、かつての恋人は新垣さんと同じ音楽家だったのだとか。

しかし、お互いの道に進むために破局をしてしまって結婚までいたらなかったのだそうです。

こうしたところはまさに音楽家同士の恋愛という感じがしますよね。

スポンサーリンク


また、そんな新垣さんはソプラノ歌手の一鐵久美子(いってつくみこ)さんが彼女だと噂されたことがあるのだそうです。


一鐵さんのコンサートに新垣さんが伴奏でゲスト出演することもあって、二人が交際しているという噂が出たのだとか。

ただ、一鐵さんとの関係はあくまで噂となっていて、実際に二人が交際している事実はないのだそうです。

なので、現在も新垣さんは独身なのですが、新垣さんの今現在の目の斜視の悪化度や結婚相手がヤバイですよね。

現在も新垣さんは結婚相手を探している婚活の最中だそうなのですが、いつか素敵な女性が見つけられるかもしれません。

スポンサーリンク


新垣隆のピアノの実力を示す驚きの経歴とは!?

新垣隆さんはピアニスト、作曲家として様々な活動をしていますよね。

現在も多くのイベントなどに出演しているのですが、そんな新垣さんのピアノの実力を示す経歴について注目が集まっているそうです。

では、新垣さんのピアノの実力を示す経歴とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、新垣さんは子供の頃から音楽教育を受けていて、そのピアノの腕前は天才的だとも言われていたそうです。

まず、新垣さんの経歴についてなのですが、新垣さんは青森県の出身で子供の頃に東京に引っ越しをしているのですが、その後は千葉県立幕張西高等学校音楽科に入学し、1989年に桐朋学園大学音楽部作曲科入学しているのだとか。

音楽歴としては、新垣さんはピアノを4歳の頃から始めていて、ショパンやストラピンスキーなどに親しみ、高校生の頃には自身が作曲した曲をオーケストラが演奏するなどしたこともあるのだそうです。

ちなみに、桐朋学園大学音楽学部作曲科は偏差値が47なのですが、当時から音楽はトップの成績でピアノの腕前は天才的だとも言われていたのだとか。

スポンサーリンク


また、新垣さんがゴーストライターを務めていた佐村河内さんは、以前に4歳の頃からピアノを習い、10歳でバッハやベートヴェンなどを弾きこなして、ピアノの講師にこれ以上教えることはないと言われ、10代で様々な音楽理論を学んだと明かしているのですが、これは新垣さんのエピソードをそのまま使っているのじゃないかと言われているのだそうです。

佐村河内さんのことなので、若干、脚色している可能性はあるのですが、4歳からピアノを始めて10代で音楽理論を学んだというのはまさに新垣さんの経歴そのものですよね。

なので、こうしたエピソードとも相まって新垣さんは天才ということが言われるようになったとも言えそうです。

また、実際に新垣さんの作った楽曲は高く評価されていて、まさに天才というにふさわしい才能の持ち主と言われているのだとか。

さらに、新垣さんは1993年から桐朋学園大学音楽学部作曲専攻非常勤講師を20年も務めるなどしているということで、こうした経歴をみても相当な才能の持ち主ということがわかります。

なので、新垣さんの才能については折り紙付きと言えるのですが、新垣さんのピアノの実力を示す驚きの経歴ですよね。

現在も新垣さんは一流の音楽家のコンサートでピアノの伴奏を務めたりしているので、その実力は本物なのだとか。

スポンサーリンク


さらに、新垣さんは2016年に青山聖ハチャメチャハイスクールというアイドルの「メチャハイの天地創造」というシングル曲を作曲するなどポップスでも活躍しているそうです。

また、新垣さんは2017年にバンド「ジェニーハイ」を結成するなど精力的に活躍しているのだとか。

「ジェニーハイ」は芸人の小藪千豊さんなどと一緒にスカパーの番組「BAZOOKA!!」の中で結成されたバンドなのですが、このようにクラシック、アイドル、バンドと様々なジャンルで大活躍しているということで、今後も様々なジャンルで新垣さんは才能を発揮していきそうですね。

斜視であるものの目の状態が良くなったと言われたり、ソプラノ歌手との交際や結婚なども話題になった新垣さんなのですが、4歳からピアノを始めて、様々なジャンルで音楽活動を行ってそのピアノの実力も注目されていて、今後もそんな新垣さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・佐村河内守の今現在の耳の状態や聞こえるとバレた理由がヤバイ!?賠償命令の驚きの内容とは!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ