古田敦也と篠田潤子の不倫のその後がヤバかった!?監督としての驚きの評価とは!?

2016-12-24_03055290年代を代表するプロ野球選手といえば古田敦也さんですよね。

古田さんは、ヤクルトスワローズのキャッチャーとして大活躍していました。

そんな古田さんなのですが、篠田潤子さんとの不倫のその後が話題になっているそうです。

さらに、古田さんの監督としての評価にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:古田 敦也(ふるた あつや)
本名:古田 敦也(ふるた あつや)
生年月日:1965年8月6日(51歳)
出身地:兵庫県
身長:180㎝
血液型:B型
所属:エーポイント

・1989年:ヤクルトスワローズにドラフト2位で入団する。
・1990年:プロ初出場。
・1991年:初のオールスターゲームに出場する。
・1993年:ヤクルトスワローズが日本シリーズで優勝する。
・1995年:中井美穂と結婚する。
・2006年:選手権監督として活動する。
・2007年:野球選手を引退する。

古田敦也と篠田潤子の不倫のその後がヤバかった!?

古田敦也さんは、野村克也監督の下でキャッチャーとして大活躍していましたよね。

2016-12-24_030639

プロ野球選手として年棒が3億円を超えるなど、球界でも屈指の名選手でした。

そんな古田さんなのですが、篠田潤子さんとの不倫のその後が話題になっているそうです。

では、古田さんと篠田さんの不倫のその後とは、一体、どんな感じなのでしょうか。

そこで調べてみると、古田さんと篠田さんはかつて不倫をしていたと言われていて、その関係が週刊誌に報じられて大きな注目を集めたそうです。

二人が出会った当時、古田さんはプロ野球選手として活躍し、篠田さんはテレビ朝日の女子アナウンサーとして活躍していたのですが、篠田さんとの交際が報じられた1993年には、古田さんは独身だったものの、篠田さんは結婚をしていたことから不倫として大きな話題となってしまったのとか。

2016-12-24_030725

なので、古田さんよりも篠田さんの方に大きな注目が集まってしまったのですが、この不倫報道があった後、篠田さんはテレビ朝日を退社して、アップフロントプロモーションに所属し、フリーアナウンサーとして活躍するようになったのだとか。

篠田さんがテレビ朝日を退社してフリーアナウンサーになったのは、やはり古田さんとの不倫報道が原因と言われているそうなのですが、古田さんと篠田さんの不倫のその後がヤバイかったと言えますよね。

そして、そのようにフリーアナウンサーとなった篠田さんは、アップフロントプロモーションに所属しているハロー!プロジェクトのアイドル達に滑舌レッスンなどを行っていたのですが、2001年から心理学者、心理学博士として活躍するようにもなったそうです。

2016-12-24_030844

篠田さんは、2006年からは慶應義塾大学の非常勤講師を務め、2008年には東京女子大学でも活動していたそうなのですが、「イズムの心理学」や「スポーツとメディア」などの著作も発表しているのだとか。

2016-12-24_030944

このように現在は心理学者として活動している篠田さんなのですが、「The Girls Live」という音楽番組でナレーターとしても出演していたそうです。

古田さんとの不倫がきっかけでこのようにアナウンサーから心理学者への道を歩むようになったのですが、篠田さんにとって古田さんとの不倫は大きなターニングポイントとなったのは間違いないようです。

また、そのように篠田さんと不倫をした古田さんは、篠田さんと別れた後の1993年の夏に中井美穂さんと知り合って交際するようになったのだとか。

2016-12-24_031036

そして、1995年に中井美穂さんと結婚をしているのですが、中井さんも篠田さんもアナウンサーだったということで古田さんはアナウンサーと縁があるようですね。

古田さんと中井さんの間に子供はいないのですが、お互い忙しくしていることなどから子供を作らないとも言われているそうです。

もしかすると、かつて篠田さんと不倫していたことの影響もあるのかと考えてしまうのですが、古田さんと中井さんは子供はいないものの、夫婦二人で仲良く暮らしているようですね。

スポンサーリンク

古田敦也の監督としての驚きの評価とは!?

野球選手は、現役時代に選手として活躍すると同時に監督を務める人もいますよね。

古田敦也さんもヤクルトスワローズで選手兼監督として活躍していました。

2016-12-24_031336

そんな古田さんなのですが、監督としての評価に注目が集まっているそうです。

では、監督としての古田さんの評価とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、古田さんは長年キャッチャーとして活躍してきたのですが、2006年に選手兼監督として活動するようになりました。

2016-12-24_031429

古田さんは、2006年と2007年のシーズンに選手兼監督として活動していたのですが、その時にはチームもあまり良い成績を残すことができなかったために古田さんの監督としての評価はそれほど高くないのだとか。

まず、古田さんが選手兼監督に就任した2006年のヤクルトスワローズの順位は3位で、勝率.049、1位とのゲーム差18でリーグ戦を終えています。

そして、2007年は順位が6位、勝率.417、1位とのゲーム差20.5となり、昨年よりも成績が下がってしまっていたのだとか。

このように監督としてはわずか2年ほどの活動ながらも、古田さんの監督としての活動はお世辞にも優れていたとは言い難く、そうしたことから古田さんは監督には向いていないということが言われているそうです。

2016-12-24_031614

選手兼監督ということで、監督として100%の力を発揮できたとは言えないようなのですが、そうした部分を差し引いたとしても古田さんの監督としての実力は少し物足りないと言われているのだとか。

かつては名キャッチャーと言われた古田さんなので、古田さんの監督としての驚きの評価ですよね。

やはり、キャッチャーとしては優れた選手だったとしても、監督としての才能があるかどうかは別ということがわかるのですが、古田さんはそのスター性から選手はもちろん、解説者などの方が向いているという声も多いそうです。

2016-12-24_031727

なので、今後も監督を行うことはないだろうと言われているのですが、まだ若い古田さんなので、もう少し勉強をして、再び監督に就任することがあるかもしれませんね。

元テレビ朝日のアナウンサーの篠田潤子さんと不倫し、その後篠田さんはテレ朝を退社し、心理学の専門家になり、古田さんは中井美穂さんと結婚するなど、不倫のその後が話題になった古田さんなのですが、監督としての活動は散々な結果に終わってしまったことで監督としての才能がないと評価されるなどしていて、そんな古田さんの今後についても注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・古田敦也と野村克也の確執の真相がヤバイ!?選手時代の驚きの年俸や成績とは!?

このページの先頭へ