大泉洋の嫁の中島久美子の役職がヤバイ!?堺雅人と不仲と言われる驚きの理由とは!?

画像①「北海道が生んだスーパースター」と言われると、真っ先に頭に思い浮かぶのが大泉洋さんではないでしょうか。

現在ではNHK大河ドラマ「真田丸」においては、堺雅人さんが務める真田幸村の兄、真田信之役で登場するほどの演技力・知名度をもった俳優として知られています。

そんな、大泉さんが大学時代の友人と結成した演劇ユニット「TEAM NACS」の公演は北海道一チケットの取ることが難しいことで有名ですよね。

実は、話題沸騰中の大泉さんですが、その奥さんである中島久美子さんの役職がかなりヤバいということで有名なのだそうです。

また、堺雅人さんとの不仲説が叫ばれる驚きの真相とは!?

いろいろ気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

プロフィール

名前:大泉洋 (おおいずみ よう)
生年月日:1973年4月3日(42歳)
出身地:北海道
身長:178㎝
血液型:B型
所属事務所:CREATIVE OFFICE CUE
業務提携先:アミューズ(北海道以外での仕事を受ける場合)

1993年:北海道学園大学に入学し、演劇研究会へ所属。森崎博之らと親交を深め、親友同士5人で演劇ユニット「TEAM NACS」を結成する。
1995年:「CREATIVE OFFICE CUE」を設立した鈴井貴之に見初められ、北海道テレビ「モザイクな夜V3」に出演し、芸能活動を開始。
1996年:北海道テレビのバラエティ番組「水曜どうでしょう」に出演し、同番組が高視聴率を獲得。番組開始当初は、北海道のみでの放送だったが、後に全国でも放送され、認知度を高めるきっかけとなった。
2005年:フジテレビ系テレビドラマ「救命病棟24時」にて全国ネットの連続ドラマに初出演し、以降各局の人気ドラマに出演を重ねる。
2009年:フジテレビのドラマプロデューサー中島久美子さんとの結婚を発表し、その二年後には第一子となる長女が誕生。
2015年:NHK朝の連続テレビ小説「まれ」に主役の土屋太鳳の父親役として出演。さらに、翌年の放送のNHK大河ドラマ「真田丸」において、主役である堺雅人の兄役として出演することが決定。

大泉洋の嫁の中島久美子の役職がヤバイ!?

北海道のみならず、全国へとその名をとどろかせた大泉洋さん。

同じく北海道出身のお笑い芸人「タカアンドトシ」さんに、「怪物」とまで言わせしめるほどの絶大な人気を誇っていたそうです。

そんな大泉さんですが、2005年に結婚をしているそうですね。

俳優さんが結婚する際に、その相手が共演した女優さんであったり、モデルさんであったりという話はよく聞く話ですが、大泉さんは少し異なっていて、なんと番組制作側の方と結婚をしているのです。

その相手がなんと、フジテレビの編成制作局ドラマ制作センター副部長を務めている中島久美子さん

画像②

実は、大泉さんと中島さんの出会いは、中島さんが企画をした大人気テレビドラマ「救命病棟24時」に大泉さんが出演したことがきっかけだったとのことなのです。

調べてみたところ、中島さんが企画をしたドラマは

「救命病棟24時」(第二シーズン・第三シーズン)

「天才柳沢教授の生活」

「ロス:タイムライフ」

といった多くの人が一度は見たことのある大ヒットドラマを企画しており、その才能を見込まれて出世を重ねていきました。

テレビ業界のことをあまり知らない人でも「ディレクター」という役職を聞いたことはありませんか?

そのディレクターよりも上の役職であり、企画したテレビドラマの責任者とも言われる、「プロデューサー」にまで上り詰めたキャリアウーマンが中島さんなのです。

全国ネットのテレビ局の社員であることすらステータスになりつつある現在で、ドラマ制作の責任者と聞くと相当なキャリアであることが容易に想像できますよね。

したがって、いつもコミカルな役をこなす印象のある大泉さんですが、そんなキャリアの女性との結婚を選ぶあたり、恋愛については非常に堅いのかもしれません。

スポンサーリンク

堺雅人と大泉洋が不仲と言われる驚きの理由とは!?

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」は、昨年放送のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」が期待以上の視聴率を獲得できなかったこともあり、何とかして視聴率を得ようとした結果、大泉洋さんと堺雅人さんが共演するというとても豪華なキャストになりました。

画像③

大泉さんに関しては、数多くの番組出演や好感度が人気を裏付けていますし、対する堺さんにおいても、TBS系テレビドラマ「半沢直樹」やフジテレビ系テレビドラマ「リーガルハイ」といった堺さんの代名詞とまで言われるほどのドラマを作り上げていますよね。

そんな二人が共演するとあって、世間からの注目も相当高いものになっていたのですが、なんと大泉さんと堺さんに不仲説が生じているようなのです。

聞くところによると、大泉さんと堺さんが同い年であるにも関わらず、「さん」付けをして呼び合っていることや、大泉さんと堺さんの演技の方向性の違いでズレが生じていることがあげられているようですね。

しかし、調べたところによると、2008年に共演をした映画「アフタースクール」の時から「さん」づけで呼び合っているようで、映画の撮影中にも場の雰囲気作りに気を配る大泉さんの行動に、堺さんがいたく感心し、そこから仲が深まったとの逸話まであるそうなのです。

お互いに相手へ敬意を払っているからこそあえて「さん」付けで呼び合っているのかもしれませんね。

また、堺さんは大泉さんの演技や人柄をとても尊敬しており、今回の共演にあたって

「弟役として後ろからついていくのに、こんなに魅力的な人はいない。背中を見ながら頑張りたい」

というコメントまで残しています。

また、大泉さんは堺さんに対して

「愛おしくて仕方ない」

というコメントを残しているくらいですし、二人の不仲に関してはあまり心配をする必要がないのではないでしょうか。

そんな大泉さんは念願の大河ドラマにも出演し、これからも人気がどんどんと高まっていくことが想像できますので、今後の活躍から目が離せませんね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ