紫吹淳が嫌いと言われる性格などの理由がヤバイ!?ばあやの過保護すぎるサポート内容がヤバイ!?

宝塚歌劇団のトップスターとして活躍していたのが紫吹淳さんですよね。

現在は宝塚を退団して女優として活動しています。

そんな紫吹さんなのですが、嫌いと言われていて、その性格などの理由が話題になっているそうです。

さらに、紫吹さんに対するばあやの過保護すぎるサポート内容にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:紫吹 淳(しぶき じゅん)
本名:棚澤 理佳(たなざわ りか)
生年月日:1968年11月19日(48歳)
出生地:群馬県
身長:170cm
血液型:B型
所属:オスカープロモーション

・1986年:宝塚歌劇団に入団する。
・1996年:星組に移動する。
・1997年:月組に移動する。
・2001年:月組のトップスターに就任する。
・2004年:宝塚歌劇団を退団する。
・2016年:舞台「KOHKI OKADA presents I Love Musical」に出演する。

紫吹淳が嫌いと言われる性格などの理由がヤバイ!?

紫吹淳さんは現在、女優、タレントとして活躍していますよね。

紫吹さんのセレブすぎる私生活なども注目されています。

そんな紫吹さんなのですが、嫌いと言われていて、その性格などの理由が話題になっているそうです。

では、紫吹さんが嫌いと言われる理由とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、紫吹さんはその性格や顔などが嫌いと言われているそうです。

紫吹さんは宝塚時代からトップスターとして活躍していたので普段から家事などは一切行わないことを公言しているのだとか。

なので、マネージャーさんに身の回りのことをしてもらい、コンビニなどにも行ったことがなくて買い物をする時は値段を見ないで商品を購入するのだそうです。

かなり浮世離れした生活をしていることがわかるのですが、こうした紫吹さんの生活やそれを当然と思う性格などが嫌いと言われているのだとか。

スポンサーリンク


また、紫吹さんは結婚相手に求める条件として年収8000万円以上で大学卒、身長185cm以上ということを明かしているそうです。

紫吹さんが求める男性像はかなりの高スペックと言えるのですが、こうした高望みをする性格も批判されているのだそうです。

さらに、紫吹さんはわがままな性格をしているとも言われているのだとか。

なので、そうした紫吹さんの性格について批判されることも多いそうです。

また、紫吹さんは宝塚のトップスターだったのですが、顔があまり美人だとは思えないという声も多くあって嫌いと言われているのだとか。

なので、こうしたことからも嫌いと言われてしまっているそうなのですが、紫吹さんが嫌いと言われる性格などの理由がヤバイですよね。

現在も熱狂的なファンが多くいると言われている紫吹さんなのですが、同時に嫌いと言われてアンチも多くいるということで、今後はもう少し好感度が上がっていくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

紫吹淳に対するばあやの過保護すぎるサポート内容がヤバイ!?

女優は仕事を優先しているので家事などが苦手という人が多くいますよね。

紫吹淳さんも家事などは一切しないことを明かしているのですが、そんな紫吹さんに対するばあやの過保護すぎるサポート内容に注目が集まっているそうです。

では、紫吹さんへのばあやの過保護すぎるサポート内容とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、紫吹さんの普段の生活は「ばあや」と呼ぶ女性にサポートしてもらって生活しているのだそうです。

というのも、「ばあや」ことマネージャーの菅由美子さんが長年紫吹さんの身の回りのことを世話していることを明かしているのだとか。

菅さんは元々紫吹さんのファンだったのですが、いつの頃からか紫吹さんのマネージャーとなって仕事以外の私生活の事も世話するようになったのだそうです。

そんな菅さんのことを紫吹さんはばあやと呼んでいて、ばあやの菅さんが何でもしてしまうために紫吹さんは何もできないのだとか。

菅さんは紫吹さんの送迎はもちろん、掃除、洗濯、食事の準備などすべてを行っていて、公共料金の支払いなども行っているのだそうです。

仕事はもちろんプライベートのことまですべて行っているということで、菅さんが紫吹さんのお世話している内容は想像を超えていますよね。

さらに、そんな紫吹さんは一人では何もできずに空港から自宅に帰ることもできないのだそうです。

これも菅さんが普段から紫吹さんのことを甘やかしすぎたためと言われているのですが、かなり過保護と言えますよね。

スポンサーリンク


ちなみに、菅さんが「ばあや」として紫吹さんの世話をするようになったのがいつからかというと、紫吹さんが20歳の頃からなのだとか。

なので、紫吹さんのプライベートは20歳の頃から菅さんがすべて世話をしているそうなのですが、マネジャーとしての活動をはるかに超えた世話の焼きっぷりですよね。

元々、宝塚にはマネージャーがいないので、ファンがスターの身の回りの世話をすることがあるそうなのですが、そこから菅さんは紫吹さんの世話をするようになったのだそうです。

なので、当時はマネージャーでもなくて菅さんが個人でお世話をしていたのだとか。

しかし、紫吹さんが宝塚を退団した後に現在の事務所に入ったので、菅さんも紫吹さんの後を追って事務所に所属して正式なマネージャーとなったのだそうです。

ちなみに、そんな菅さんは11年間も無償で紫吹さんの世話をしていて、宝塚退団後に現在の事務所に入ったことでようやく給料をもらえるようになったのだとか。

紫吹さんは宝塚のトップスターだったことから生活感を出さないためにも家事などを一切行わなかったそうなのですが、家事や公共料金の支払いまで行うということで紫吹さんのばあやの過保護すぎるサポート内容がヤバイですよね。

そして、そんな紫吹さんは菅さんに対して

「けっして私よりも先に死んではならない」

とも言っているそうなのですが、普通に考えるととても理解できない関係性と言えますよね。

また、菅さんは実は結婚をしていて、夫がいながらもそのように紫吹さんのお世話をしていたのだそうです。

菅さんの結婚生活は、当初から旦那さんもあまりいい顔をしなかったので大変だったようなのですが、それでも紫吹さんのお世話を続けていたのだとか。

それだけ菅さんは紫吹さんに惚れこんでいたようですね。

ただ、そんな紫吹さんと菅さんなのですが、紫吹さんは菅さんの体調などにいつも気を配っていて「ばあやのメンテナンス」ということで1年に1回人間ドッグを受けさせたり、月に1回マッサージを受けさせたりしているのだとか。

他にも半月に1度旅行に行ったり、週1回の運動を義務付けるなどしているそうです。

このように普段お世話になっているだけに、紫吹さんは菅さんの健康などにはかなり気を使っているようですね。

スポンサーリンク


また、そんな菅さんは「私の何がイケないの?」という番組でダイエット企画にも挑戦しているのだそうです。

菅さんは下半身ダイエットの「レギンス入浴ダイエットと甘酒ダイエット」を行い2か月で10kgものダイエットに成功したのだとか。

レギンス入浴ダイエットはレギンスを履いて20~30分ほど入浴するというもので、かなりシンプルなダイエット法なのだそうです。

また、甘酒ダイエットはお腹がすいた時に甘酒を飲むというもので、こちらもかなりシンプルで普段から行いやすいものとなっているのだとか。

こうしたダイエットによって菅さんはウエストを-15cmも絞ることに成功したのだそうなのですが、少し変わったダイエット方法ながらもかなり効果の高いダイエットと言えそうですね。

しかし、こうして菅さんはダイエットを成功させたのですが、その後にリバウンドをしてしまったとも言われているのだとか。

そして、そんな菅さんについてなのですが、紫吹さんは

「親子よりも強い関係。」

とも語っているとのことで、今後もそんな紫吹さんさんと菅さんの関係は続いていきそうですね。

性格や顔などが嫌いと言われてその理由が話題になった紫吹さんなのですが、ばあやと呼ばれる菅さんが身の回りの世話をすべて行うなどしてその過保護すぎるサポート内容も注目されていて、今後もそんな紫吹さんは注目されていきそうですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・紫吹淳の宝塚男役時代の人気や若い頃の容姿がヤバイ!?昔の歯からの驚きの変貌とは!?

・紫吹淳の鼻が整形とバレた顔の衝撃画像がヤバイ!?実家の驚きの実態とは!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ