紫吹淳の宝塚男役時代の人気や若い頃の容姿がヤバイ!?昔の歯からの驚きの変貌とは!?

女優ながらも独自のキャラが人気なのが紫吹淳さんですよね。

宝塚の元トップスターながらも最近はバラエティ番組などでも人気となっています。

そんな紫吹さんなのですが、宝塚男役時代の人気や若い頃の容姿が話題になっているそうです。

さらに、紫吹さんの昔の歯にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:紫吹 淳(しぶき じゅん)
本名:棚澤 理佳(たなざわ りか)
生年月日:1968年11月19日(48歳)
出生地:群馬県
身長:170cm
血液型:B型
所属:オスカープロモーション

・1986年:宝塚歌劇団に入団する。
・1996年:星組に移動する。
・1997年:月組に移動する。
・2001年:月組のトップスターに就任する。
・2004年:宝塚歌劇団を退団する。
・2016年:舞台「KOHKI OKADA presents I Love Musical」に出演する。

紫吹淳の宝塚男役時代の人気や若い頃の容姿がヤバイ!?

紫吹淳さんは女優として現在も活動していますよね。

舞台などに多く出演し、その演技が高く評価されています。

そんな紫吹さんなのですが、宝塚男役時代の人気や若い頃の容姿が話題になっているそうです。

では、紫吹さんの宝塚男役時代の人気や若い頃の容姿とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、紫吹さんは宝塚時代に男役トップスターとして活躍して大人気だったのだそうです。

紫吹さんは1986年に宝塚歌劇団に入団し、花組に所属して活動していたのだとか。

紫吹さんは1986年の「レビュー交響楽」で初舞台を踏み、その後は「会議は踊る/ザ・ゲーム」などの新人公演を行ったのだそうです。

さらに、1989年にはニューヨークで行われた「宝塚をどり賛歌`89/フォーエバー!タカラヅカ」に出演するなどしていたのだとか。

その後も紫吹さんは多くの新人公演を行い、男役として大活躍していたのだそうです。

そのように紫吹さんは新人の頃から花組で活躍をしていたのですが、1996年に星組に移籍して「二人だけが悪/パッション・ブルー」や「ドリアン・グレイの肖像」などに出演していたのだとか。

ただ、そのように星組に移籍した紫吹さんは1999年に月組に移籍し、「プロヴァンスの碧い空」などに出演した後、2000年に専科に移籍しているのだとか。

紫吹さんは宝塚の中でもかなり移籍が多い方のようなのですが、専科時代には「宝塚雪・月・花/サンライズ・タカラヅカ」でベルリン公演に出演したりしていたのだそうです。

紫吹さんは若い頃から海外公演によく抜擢されているのですが、それだけ紫吹さんの実力が高く評価されていたことがわかりますよね。

そして、そのように専科で活躍した紫吹さんは2001年に再び月組に戻ることになったのだそうなのですが、そんな紫吹さんは2001年の8月に行われた「大海賊/ジャズマニア」の公演で初めてトップスターとして公演を行ったのだとか。

紫吹さんは月組で長年トップスターとして活躍していた真琴つばささんの後を継いでトップスターとなったのですが、真琴さんに劣らないそのトップスターぶりは大絶賛されたのだそうです。

この後も紫吹さんは「ガイズ&ドールズ」や「長い春の果てに/With A Aong in my heart」などに出演して大活躍していたのだとか。

そして、2003年の「薔薇の封印」で宝塚を退団しているのですが、宝塚の中で様々な組を渡り歩いて男役として人気となり、最後は男役のトップスターとして活躍するのはさすがですよね。

当時の紫吹さんの容姿はまさに宝塚の男役の王道を行くもので、男役時代はかなり凛々しい姿をしていたそうです。


スポンサーリンク


そして、そんな紫吹さんの宝塚時代の人気の理由としては、170cmという長身を生かした存在感のある演技と低い声が男役としてしっかりとハマっていたことが挙げられるのだとか。

また、そんな紫吹さんは子供の頃からバレエを習っていたので、宝塚の男役の中でも歴代No.1とも言われるダンスが人気だったのだそうです。

さらに、そんな紫吹さんの宝塚時代の人気を表すエピソードとしては、ファンクラブ代表の方が私生活を何でもお世話をしたので一度も掃除機をかけたことがなかったり、料理をしたことがないなど一切の家事をしたことがないのだとか。

当時から「ばあや」と呼ばれる女性が身の回りの世話をしていたそうなのですが、紫吹さんは人前で食事する姿を絶対に見せないなど、まさに大スターならではのエピソードが多くあるそうです。

さらに、紫吹さんは暗い舞台袖で一人だけ目が輝いて見えたりしていたことがあって、同じタカラジェンヌから見ても紫吹さんはスターになるべくしてなった人だと思われていたのだそうです。

なので、紫吹さんがトップスターになって活躍するのは当然だったとも言えるのですが、紫吹さんの宝塚男役時代の人気や若い頃の容姿がヤバイですよね。

現在はバラエティ番組などでも当時のエピソードが多く語られて人気となっている紫吹さんなので、今後もそうした宝塚時代のエピソードを多く披露してくれるかもしれませんね。

スポンサーリンク

紫吹淳の昔の歯からの驚きの変貌とは!?

芸能人は歯などを矯正したりする人が多くいますよね。

紫吹淳さんも歯を矯正したということが言われているのですが、特に昔の歯からの変貌に注目が集まっているそうです。

では、紫吹さんの昔の歯からの変貌とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、紫吹さんはいつの頃からか歯を矯正して差し歯にしたと言われていて、歯が大きく変化しているのだそうです。

紫吹さんは現在も様々なメディアに登場していますよね。

元タカラジェンヌならではのエピソードを多く披露していて人気なのですが、紫吹さんの歯は以前とは歯並びが大きく異なっていると言われているのだとか。

下の画像は現在の紫吹さんなのですが、歯並びも良くてかなりキレイな歯をしていますよね。

一部では歯が白すぎて不自然ということも言われているそうなのですが、それだけ紫吹さんは歯の矯正をしたりインプラントにするなどして歯並びなどを整えたのだそうです。

ちなみに、下の画像は紫吹さんが20代前半の頃のものになるそうなのですが、かなり歯並びが悪いことがわかりますよね。

紫吹さんはメタルボンドセラミッククラウンの差し歯を入れて八重歯などを治して歯列をキレイにしたと言われているそうです。

なので、20代後半の頃にはかなり歯列もキレイになっているのだとか。

ちなみに、メタルボンドセラミッククラウンの歯は一本8~15万円もする高価なものになるそうです。

紫吹さんは前歯を数本メタルボンドセラミッククラウンにしているので、少なく見積もっても50万円以上は治療費用をかけていると言えそうです。

スポンサーリンク


さらに、紫吹さんの歯は歯がぎっしりと詰まっているように見えるので、入れ歯なのじゃないかということも言われているそうです。

ただ、紫吹さんの歯は矯正やインプラントなどで歯列を治したので、歯列は整っているように見えるものの、実際には数本歯が乱れているところがあるのだそうです。

なので、入れ歯ということはないようなのですが、不自然なくらい歯が白いのと歯列が整っているのでそのように言われているのだとか。

かつての紫吹さんの歯列と比べると現在の紫吹さんの歯列はそれだけ大きく変化したと言えるのですが、紫吹さんの昔の歯からの驚きの変貌ですよね。

紫吹さんの歯が変わった理由としては、はっきりとしたことはわかっていないものの、やはり歯列が乱れているのは見た目が良くないということから歯の並びを治したと言えそうです。

やはり宝塚トップスターとして多くのファンを魅了する立場上、若い頃から歯を大事にしているようなのですが、今後も紫吹さんは歯のメンテナンスなどをしてキレイな歯を保っていきそうですね。

宝塚男役時代には男役トップとして活躍し、その人気や若い頃の容姿が話題となった紫吹さんなのですが、歯列が乱れていたのを治して昔の歯からの変貌が注目されるなどしていて、今後もそんな紫吹さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・紫吹淳の鼻が整形とバレた顔の衝撃画像がヤバイ!?実家の驚きの実態とは!?

・紫吹淳が嫌いと言われる性格などの理由がヤバイ!?ばあやの過保護すぎるサポート内容がヤバイ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ